Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

カテゴリー「風景」の記事

2017年5月22日 (月)

新城・四谷千枚田へ

昨日の日曜日は 新城市の北部山間部にある「四谷千枚田」に出掛けました。
「全国棚田100選」に入る棚田で、すでに7回程の訪問になりますが、 この時期(田植え直後)は初めてです。   下の駐車場から上の休憩所まで徒歩で登りました。   とても暑い日でたいへんでしたが、良い運動になりました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


いつも出迎えてくれる下の駐車場にある看板。  東三河の方言で「よく来たね。」と言う意味です。

Dsca08260




Dsca08012

鞍掛山(標高883m)の南西斜面に広がる山間集落で、 石積みの棚田は標高220m付近から鞍掛山頂に向かって 標高430m付近まで広がっており、その標高差は約210mにもなるそうです。

見事な石積みの棚田が目の前に展開します。 これから最上部の休憩所まで徒歩で登ります。

Dsca08014




Dsca08041

途中で振り返ると駐車場が見えます。  今日は日曜と言う事もあって満車状態で車があふれています (^-^;



棚田の中腹を横切っている道路から見下ろした様子。

Dsca08093




Dsca08130
棚田の中腹でちょうどお昼時。
農家のおばちゃんたち3人が焼いている「五平餅」の香りが気になり、木陰でお昼ご飯にしました。  甘味噌が香ばしくて美味しい~ (^  ^)/



何とも言えない畦の曲線美

Dsca08178




Dsca08174
田の所々には大きな岩があります。  明治時代に田植えの後に20日間も降り続いた雨で山津波が発生し、多くの田が押し流されたとそうですが、その時に山の上から転がって来た岩なのかもしれません。



それぞれの田に水を行き渡らせるために配慮されているようです。

Dsca08140_2




Dsca08198
不連続、不定形の田の組み合わせが感動です。




最上部の休憩所から見下ろした棚田の全景。
今では一部、耕作がされていない田もあります。   山並みがはるかに続いています。

Dsca08188tori


きつい傾斜の山の斜面に造られた狭い棚田の耕作を、これからも維持していくのは大変な事だろうと思います。  今後もこの景観が続くことを願わずにはいられません。

2017年2月20日 (月)

「梅まつり」へ

昨日の日曜は、少し風が強く寒い日でしたが、娘家族と豊橋市の向山緑地の「梅まつり」へ出掛けました。  思ったよりも多くの人出に驚きました。


ちょうど見ごろの木もありますが、全体ではもう少しと言う感じです。

Dsca05680




Dsca05674




Dsca05678




Dsca05672




Dsca05706




五平餅や団子、あんまんなどのお店が出て賑わっています。

Dsca05673




Dsca05703
この長い行列は、「ぜんざい、甘酒」の無料配布なのか? 
梅の苗木の配布もあったようです。




Dsca05723




Dsca05728




Dsca05729


ここは豊橋市の街中にありますが、すぐ隣には桜の場所もあって、春は多くの人で賑わいます。

2016年12月 9日 (金)

渓流沿いの紅葉を見に

先月の下旬、新城市の文化会館で開催中の私の絵画展を午後3時に抜けて、北部の山間部へ行ってみました。  作手という地区になりますが紅葉のスポットがあり、紅葉の様子が気になっていたものです。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


今年2月に開通した新東名高速道路の高架下をくぐり、山に登って行き「戸津呂」と言う地区です。  右側のカーブに大きなモミジの木があります。  すでに夕方になり鮮やかさは期待はできませんでした。  もう少し後の方が紅葉のピークのようです。

Dsca04225tori



この辺りを源流とする「巴川」と言う川沿いに下ってみました。  モミジが集まっている場所があります。  ここは過去に4枚ほど作品を描いた事のある場所です。   渓流の風景がとてもきれいです。

Dsca04240




Dsca04246




Dsca04255_2




Dsca04261




Dsca04264




Dsca04276




Dsca04268




Dsca04272
土が流されて、根が露出しています。




Dsca04314




Dsca04317



もう少しで紅葉のピークと言う感じでしょうか。  数人の方が写真を撮っていましたが、引き上げる頃には夕方4時を過ぎて陽が傾き薄暗くなっていました。



2016年1月20日 (水)

雪の朝

今朝、目覚めたらなにやら外が明るい。  夜半から降り出した雪がまだ降り続いていた。  


私の住んでいる静岡県の西部、浜名湖の西岸は、気温は名古屋よりも夏は数度低く、逆に冬は数度高いという、たいへん温暖な地域です。   ですから冬に雪が舞うのは数回で、まして積もることなど1、2回です。   例年では12月に一度積もりますが、今年は一月遅れです。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


7時過ぎに、2階から見た南側の様子。

Dsc_05623



北側の様子。

Dsc_05625




Dsc_05630




Dsc_05639

積雪と言っても 数cmですので、雪国の方にしてみれば、「何これっ!積もって無い~。」と思われる事でしょうね。   しかし雪に慣れていないので、隣町の豊橋市では学校がお休みになったとか (^-^;


雪が積もる事が珍しい地域なので雪が積もるとなぜか子供のようにうれしくなります。
日ごろ見られない光景もあります。 

咲きだした「ロウバイ」もびっくりしているかな。

Dsc_05658




Dsc_05663




Dsc_05653
メジロ、ヒヨドリたちがやってくるので、ミカンを置いてあります。




モミジの樹に設けたリスのオブジェ。   3匹いますがリアルに見えませんか。

Dsc_05649
     「お~い、大丈夫?。」



Dsc_05650
     「雪、楽しいね~。」」



9時過ぎには青空が出てきて、昼前には全て何事も無かったように融けてしまいました。




2015年12月22日 (火)

初冬の川辺を散策

先日は、所属する美術協会の会合があり、開催まで時間があったので「桜渕公園」を散策する事に。   この公園は私の故郷、愛知県新城市にある県立公園で、豊川の川岸に多くの桜の樹が植えてある美しい景勝地です。  少し大袈裟ではありますが「三河の嵐山」とも呼ばれています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



Dsc_05047
豊川にかかる吊り橋から西の方角(豊橋方面)を見ると、正面には本宮山(789m)が。  豊川は豊橋で三河湾に流れます。





川岸に降りてみると、たくさんの「カモ」がいました。   どの時期に訪れてもこの「カモ」たちはいるので、越冬でいるのではなく住み着いているようです。

Dsc_05057




Dsc_05060




Dsc_05062




Dsc_05065
この季節は乗る人もいない船が。




一人で歩いていると、静かに時間が流れていくような感じです・

Dsc_05068





Dsc_05069




「えっ、今は秋だったかな?」   戸惑ってしまうように紅葉が残っていました。

Dsc_05100




Dsc_05101




Dsc_05105




そして、5月に咲くべき「サツキ」の花まで。  季節がわからなくなりました (-_-;)

Dsc_05092

2015年9月28日 (月)

中秋の名月そしてスーパームーン

夜ともなると外からは虫の声がどことなく聞こえて来て、秋がだんだんと深まって行くのを感じるこのごろ。  そんな中、昨日は「中秋の名月」、そして今日は「スーパームーン」と言う事のようです。 
(各画像はクリックで拡大表示できます)


今までずっと、5倍ズームの古いタイプのデジカメを使っていましたので、月を撮っても白く丸い形が撮れるだけで意味も無いので、月を撮るのは諦めていました。 しかし、5月にこの旧型が壊れてしまったので、新しいデジカメを買いました。  そんなに画質に拘るわけでは無いので今回も一眼レフのデジカメではなく、コンデジと呼ばれる普通のデジカメにしました(本当は予算が無いのですが)


そして、昨夜「中秋の名月」を撮ってみました。

Dsc_01828
30倍までは光学ズームですが、さらにデジタルズームで最大までUPしてみました。  ファインダーの表示では 85倍となっていました。  なかなか思ったよりはきれいに撮れてびっくりです。  もちろん一眼デジタルほどの精細な画像ではありませんが。




そして、今夜の「スーパームーン」です。
月の高度が低いので昨夜よりは黄色っぽい月が見られました。  気持ち昨夜の月より大きいかなと言う感じですが、殆ど変りませんね。

Dsc_01841




Dsc_01845
いずれも、手持ち撮影ですので、少しのブレが出ているようです。




ピークを過ぎてしまいましたが、庭では季節の変化を知らせてくれる「ヒガンバナ(彼岸花・曼珠沙華)が咲いています。  本当に一週間とズレルこと無くお彼岸に咲いてくれます。

Dsc_01688




Dsc_01713




Dsc_01715





さて、数日前から外に出ると何やら、いい香りが。  
その懐かしいような香りは前庭で咲き出した「キンモクセイ(金木犀)」です。   早春の「ロウバイ(蝋梅)」、春のジンチョウゲ(沈丁花)と並んで、花を見なくても香りで開花がわかるなんて、風情がありますね。 

Dsc_01770




Dsc_01776




そして、木々の紅葉も始まっています。

ハナミズキ(花水木)

Dsc01822




ニシキギ(錦木)

Dsc_01779

2015年7月20日 (月)

夕暮れの公園で

先週の夕方、「2015新城美術協会夏季展」の搬出を終えた後、 18:00 ~の親睦会まで時間があったので、桜淵公園を散策することに。  そこには大きく伸びた草の間に夏の花がいろいろ咲いていました。  若い頃は花が咲いている事も気が付かなかった。  
(各画像はクリックで拡大表示できます)



この公園で、
一番好きな光景です。  以前、作品に描いた事がある場所。


Dsc_00638




Dsc_00632




Dsc_00655
道が分らないほどに草が伸びています。




「ヤマユリ(山百合)」 が咲いています。 

Dsc_00651




Dsc_00674




Dsc_00653
良く見ると、周りに一杯咲いていて、ユリ独特の強い香りが辺りに漂っています。  赤い花は「ヒメヒオウギズイセン(モントブレチアまたは、クロコスミア)」  誰にも採られずにここで咲いていて欲しいものです。




ホタルブクロ(蛍袋)

Dsc_00668_2




Dsc_00657
これもユリ(百合)でしょうか?





Dsc_00654
対岸に渡る吊り橋(車は通れません)
子供の頃はまだこの橋は無く、対岸に渡るには泳ぐか、西側にかかる橋まで廻るしかありませんでした。  桜の咲く花見の頃には「渡し船」があった記憶もあります。  対岸には大きな広い駐車場ができています。




Dsc_00660_2




Dsc_00671


子供の頃、毎日のように遊んだこの公園。  豊かに流れる川も、岸辺の岩もあの時のまま変わっていないような。  木々は大きくなっているけれど、あの日はもう50年も前。  それは決して戻る事の無い時間。   「故郷っていいな~。」と、ちょ~と感傷的になってしまった一時でした。



 

2014年12月20日 (土)

雪の朝に

先日、18日(木)は寒波のために、めったに雪の降らない私の地域、浜名湖の西岸にも雪が舞いました。  ただし、雪国の方にとっては、とても積もったとは言えない、ただ白くなっただけ、霜が降りたくらい、にしか見えないと思います。  ごめんなさい。
(各画像はクリックで拡大できます)



朝起きたら、白いものが舞っていました。

Dsc_01608





Dsc_01609




まだ、がんばって紅葉の続くモミジに

Dsc_01631




「おっ、雪だね~ 。」 と言ってるかな (^_^;)

Dsc_01625





Dsc_01623




モミジの氷漬け

Dsc_01626





Dsc_01622




畑のユズにも

Dsc_01633




と言うわけで、雪国の方には申し訳ない記事でした <m(__)m>
後、何回、雪が舞うのか?



2014年12月14日 (日)

初冬の浜名湖

昨日は新城からの帰り道、いつもは通り過ぎるだけですが、少し時間があったので久々に寄り道をしてみました。  天気は良かったのですが、初冬の強い風が吹きつける寒い日でした。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



浜名湖のいたる所にはカモが越冬にやってきています(三ヶ日にて)

Dsc_01556





Dsc_01563






Dsc_00600
各地にマリーナがあります。



Dsc_01571
浜名湖に浮かぶ唯一の小さな島である礫(つぶて)島。 

伝説の大男、ダイダラボッチが食べていたにぎりめしの中に入っていた小石を投げてできたものだとか。  正面方向は遠州灘(太平洋)に繋がっています。 つまり浜名湖は海水と淡水が混じる「汽水湖」です。





写真の浜名湖の西側は、私の住んでいる湖西市になります。 
浜名湖の北側、東側は浜松市で、 南側は遠州灘(太平洋)です。

Dsc_01574





Dsc_01579
「浜名湖」の一部である「猪鼻湖」。 
奥は浜松市北区三ヶ日になり、「三ヶ日ミカン」のブランドで全国に知られています。  
湖畔にはリゾートホテルや別荘地があります。





「猪鼻湖」と「浜名湖」を結ぶ幅100m足らずの水路。 
この辺りを「瀬戸」と言って、2つの橋の向こう側が「浜名湖」になります。

Dsc_01578





こんなユニークなトイレもあります。  天竜浜名湖鉄道「尾奈」駅にて。

Dsc_01569





Dsc_01570
周辺にはミカン狩り園があって、この時期は賑います。

2014年12月 6日 (土)

初冬の奥三河山間部を巡る

今日は所用にて、愛知県の奥三河山間部を車で巡りました。  
新城市から151号で奥三河に入り東栄町、そして473号から仏坂を経由して鳳来町の四谷千枚田を通り、所用を済ませて帰りました。  巡った各地の様子をご紹介します。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



まずは151号沿いを流れる宇連川から。  川底が平らな岩になっていて、板敷川とも言われているようです。

Dsc_01396




Dsc_01401
奥三河の山にはこのように岩肌がむき出しになったところが数多くあります。





北設楽郡東栄町です。  この周辺には柱状節理と呼ばれる地形が見られます。

Dsc_01423




Dsc_01421




このあたりのもっとも高い山である「明神山(1016m)」が見えます。

Dsc_01406



Dsc_01414
少し登った山の上から山村を見下ろします。





151号から473号に入った山間の渓流。

Dsc_01437





県道に入り仏坂経由で、新城市鳳来町の四谷千枚田に着きました。  ここは「全国棚田100選」に入る棚田です。  名前の通り1000枚近い棚田があります。

最上部の休憩場から見下ろした様子。  雪が舞ってきて風が冷たい。 上の方は野菜が作られているようです。


Dsc_01453





Dsc_01496
ふもとの駐車場から千枚田の全景を望みます。  棚田の高低差は200m以上あるとの事。



アジサイがそのまま残っていました。

Dsc_01442



すでに紅葉は終わってしまいましたが、爽やかな初冬の山間を巡る全行程150kmでした。

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック