Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

カテゴリー「庭・草花・樹木」の記事

2018年5月14日 (月)

裏庭の物置解体、撤去

裏庭にあった6畳のプレハブ物置が老朽化し、倒壊寸前の状態にありずっと放置してあっので、思い切って取り壊し、跡地を裏庭としてリニューアルする事にしました。  今回は物置の解体から撤去までの様子です。


業者に物置の解体、廃材撤去の見積もりをしたら、¥10万+消費税 との事。  予算オーバーなので全て自分で取り壊すことにしました。  3月上旬、少しの不安を抱えながら解体に着手しました。

まずは、窓、ドアの撤去から。

Dscb02913




Dscb03600
屋根に昇ってトタン剥がしを行いました。  たくさんの釘が使ってあり、1本づつ抜いていきます。   トタンの下には断熱材が入っています。


トタン剥がしが終わると次は天井ユニットの解体ですが、これがたいへんな作業でした。  とても長い 10cm 以上の長さの釘でしっかりと天井の構造材に打ち付けてありました。

Dscb03601




Dscb03602
何とか、天井ユニットの撤去が終わり、続いて痛みの激しい後ろ側の壁ユニットの解体を始めました。


壁ユニットは前面部分を残すのみとなりました。
手前の下側にあるのが撤去した天井で、5つのユニットに分かれていました。

Dscb03608




Dscb03612
壁ユニットの解体、撤去が終わりました。



続いて、床材、床下根太、構造材の撤去が終わりました。  これで残るのは厄介な基礎ブロック2段積みの解体です。

Dscb03673




Dscb03725
友人から、バール、ハンマーを借用できたので、ブロックの隙間にバールを入れて解体を進めます。


ようやく基礎ブロックの解体が終わりました、 使用した工具はバール大、小、ハンマー、スコップ小 の4種類です。

Dscb03728




Dscb03729_2
ブロックの廃材を利用して跡地のコーナーに植木の剪定枝や除草した草を保管できる場所を造る事にしました。



解体後のブロックを再利用するいるので、パズルを組み合わせるようにあれこれと位置を変えながらくみ上げていきました。  セメントで接着して何とか形になりました。

Dscb04527




Dscb04529
早速、庭の一角に積み上げたままになっていた剪定枝や除草した草などを入れてみましたが、予想に反して入りきらない内に満杯になってしまいました (^-^;



と、いう事で、たいへんな作業もあり少し疲れたりもしましたが、業者に頼まずに自分でやったおかげで¥10万 の節約ができました。   (^-^;

次は跡地を庭としてリニューアルしていきます。

2018年4月23日 (月)

季節はいつしか初夏の陽気に

また、一か月もご無沙汰している間に、季節はいつしか初夏のような陽気になりました。  これに懲りずにお付き合いくださいますように (^-^;


前庭ではハナミズキが満開です。  自然に芽生えたまだ小さな2本を含めて、5本に花が咲いています。  白花4本、赤花1本です。

Dscb04690




Dscb04686




Dscb04688



2階からみるとこんな感じです。

Dscb04650





今日は、新城での美術協会の会合があり出掛けていましたが帰宅すると、友人から筍をもらったから、と親戚の方が持って来てくださいました。   毎年、裏の家の方から頂くのですが、今年はまだかな~と思っていたところでした。  早速、晩御飯の「炊き込みご飯」に使おうと準備しました。


小ぶりの物ばかりですが10本もありました、当分食べれそうです。

Dscb05016




Dscb05018



以前はヌカと一緒に茹でて「あく抜き」をしていましたが、数年前からは、大根おろしに塩を加えた水に1時間浸すだけで「あく抜き」ができると言うレシピを知り、この方法でやっています。 省エネにもなります。 残った物はパックに入れて保存できます。

Dscb05020




Dscb05063
前庭に自然に芽生えたミツバ、サンショを採ってきました。



家族はミツバを、私はサンショを載せました。  良い香りです。
筍も柔らかくて薄味の味付けで美味しくいただきました。

Dscb05064



と、言う事で旬の食材に出会えて良い日でした (^  ^)v

2018年3月22日 (木)

3月の庭から

3月も早、春分の日を過ぎ下旬に入りました。  地域によっては時ならぬ雪に見舞われた方々もいるようですが、こちらは連日の雨続き、ようやく今日は日差しが出ました。  そんな中、私の家の庭の様子から。


ジンチョウゲ(沈丁花)   ロウバイが終わって代わりに咲き出し、良い香りを漂わせています。


Dscb03644




Dscb03646




Dscb03628_2



フキノトウ(蕗の薹)   数はわずかですが、芽を出して花が咲きました。

Dscb03614




Dscb03618



味噌、みりん、砂糖などを入れて造った「蕗味噌」  ご飯の友に良いです。

Dscb03675




エゾニシキ(蝦夷錦)  絞り咲きのツバキ  サザンカに代わって咲き出しました。

Dscb03391




Dscb03392
枝によって、絞りだけでなく赤や白色単色の花も咲きます。




Dscb03746




そしてお気に入りのヤブツバキ  タマノウラ(玉之浦)  控えめに下向きで咲きます。

Dscb03652




Dscb03669





Dscb03751




Dscb03753

2016年12月24日 (土)

モミジの紅葉も終わりに

12月も下旬になりクリスマスに浮足立つ時期ですが、我が家の前庭で彩を楽しませてくれたモミジの紅葉も、いよいよ終わりを迎えました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


12月中旬、ようやくピークを迎えた前庭のモミジ。  昇り始めた朝日に輝いています。

Dsca04571tori




Dsca04570
2階から見た前庭の様子
3本のモミジがありますが、モミジの間で葉を落としている落葉樹3本はハナミズキ、一足早く紅葉を終えて落葉しています。




Dsca04575




Dsca04746




Dsca04749




Dsca04766




Dsca04840




22日(木)夜の激しい雨と強風で、23日(金)の朝起きてみると、ほとんどの葉が一気に散って裸木になっていました (-_-;)

Dsca04849




Dsca04870
あまりの変わり果てた姿に、自然の「あやうさ、儚さ」を感じました。  


しかしこれで、今度は前庭もしばらくの間、「冬の風情」を楽しむ事ができます。

2016年8月 1日 (月)

夏の庭で

全国的に梅雨が明けて夏も本番を迎えました。  
そんな中、我が家の庭で暑さに負けず健気に咲いている花たちを紹介します。  
(各画像はクリックで拡大表示できます)



モミジアオイ(紅蜀葵)

Dsc_01651



カンナ

Dsc_01275_2



ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)

Dsc_01314




ジニア(百日草)

Dsc_01315



ムクゲ(木槿)

Dsc_01649



ハブランサス・ロブスター

Dsc_01308



ゼフィランサス(アプリコット・クィーン)

Dsc_01340



キキョウ(桔梗)

Dsc_01206tori



ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)

Dsc_01237



ランタナ(七変化)

Dsc_01240



チェリーセージ

Dsc_01264tori_2



◆ 今回、私の諸事情により数週間の間、愛知県新城市にある私の実家に滞在することになりました。  しかし、私の実家にはネットの環境がありませんので、ブログ投稿ができません。  と言う事でしばらくブログはお休みになります。  また、8月後半に再開できる事を願っています。  みなさん、暑い8月をご健康にお過ごし下さいますよう祈っております。

2016年5月29日 (日)

サツキ山に

少し間が空いてしまいましたが、5月最後の投稿です。
私の家の前庭の中央には、40年前、家を建てる時に土を寄せて造った築山(高さは1m弱)があります。  父親が趣味でやっていたサツキの鉢植えを実家からせっせと運び、この山に植えました。  当初、それぞれが独立していた株も成長してお互いに絡み合って区別がつかなくなり、大刈込みとなっています。   現在ではいろいろな品種が混じって咲いています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)

Dsc_00131
今月、サツキを3本ほど掘り上げて平地にして、テラスを造成中(右下の部分)




Dsc_00076




Dsc_00081




Dsc_00083




Dsc_00085




Dsc_00079
花後の刈込み以外は何の手入れもしていないので、花数はすくなくなっています。




Dsc_09914




Dsc_09918




Dsc_09880




Dsc_00056




Dsc_00059_2




Dsc_00058


一年に一度だけ、こうして咲く健気な姿に愛おしさを感じます。

2016年5月19日 (木)

雨の日の庭で

先日まで雨の日が多かったので、私の家の前庭の様子(雨の日)をご紹介します。  
私の趣味の一つでもある「庭いじり」から造った手作りの庭で、業者の方に頼んで造った部分はありません。  しかし節約のために良い材料は使えないので、見栄えが良いとは言えませんが自分では気に入っています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


前庭の全景、約10m四方の広さです。
(2階から撮影、この写真だけは晴れの日に撮影したもの)

Dsc_09879
3本のモミジが大きな面積を占めていますが、 高木では他にハナミズキ4本、サザンカ2本、キンモクセイ1本が植えてあります。   中心部は築山になっていて主に低木のサツキ、ツツジジがたくさん植えてあります。   家族からは「緑が多いから蚊が多くて困る、減らして欲しい。」と言われ続けています。




雨の日は緑がしっとりと見えます。 

Dsc_09751




Dsc_09755_2
庭の中で最もお金が掛かっている場所。
織部型の灯篭(¥20,000)、蹲(30,000)   こればかりは手作りできません。  手前の敷石は河原で拾ってきたものです。 




いつもは水の無い空池ですが、雨が降るとガレージの屋根の降った雨が流れ込み水が溜まります。   ただ、雨が止めば数時間で元の空池に戻ります。

Dsc_09898




Dsc_09904
「蹲(つくばい)の水に蚊が湧く。」と、家族から言われてメダカを飼う事に。   これでは風情が無いですが、止むをえません。





庭の一番奥の所は、小川を模して石橋(90cmx45cm)が架けてあります。   一番のお気に入りの場所です。   左端に15年前、安曇野で衝動買いした「道祖神」が置いてあります。

Dsc_07981




Dsc_09133
敷石は、ホームセンターで購入(¥500~1,000 程度/個)




Dsc_09756



現在、この緑を少しだけ減らすために「庭いじり」を再開中です。   家族の意見も尊重しないといけません。

2016年2月17日 (水)

庭にやって来るお客さん

この時期、我が家の庭にはいろいろなお客さんが訪れます。  ミカンを切って置くと、入れ替わり立ち代わり忙しい攻防戦が繰り広げられます。 
(各画像はクリックで拡大表示できます)


まずは、一番強いヒヨドリ(鵯)  他のお客さんを蹴散らします。

Dsc_05461




Dsc_05456




Dsc_06104_2




Dsc_06178




メジロ(目白)   なんと言っても一番愛らしいお客さん。  おっと目が合った?

Dsc_05669_2




Dsc_05673




Dsc_06186




ムクドリ(椋鳥)   時々、訪れるお客さん

Dsc_06085




Dsc_06088




ツグミ(鶫)   庭の芝生まで下りました。

Dsc_06136




モズ(鵙)  このお客さんは、庭までは降りて来ませんでした。

Dsc_02432



他には、セキレイ(鶺鴒)なども見ますが、庭まで来てくれることはありません。

2016年1月27日 (水)

今年もツバキが

先週は温暖な私の地域でも珍しく積雪がありましたが、今年は例年よりも一か月ほど早くツバキが開花しています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


ヤブツバキ「玉之浦」
樹高も3m以上になり開花する花の数も年々増えて来て楽しみです。  特徴はきれいな白い覆輪ですが、枝が枝垂れ状になって花が下向きに咲くものが多いです。  また、少し花の開き方が少なく、控えめにつぼんだ感じです。

Dsc_05494




Dsc_05504




Dsc_05733



花が散っても、「ここで咲いたよ!」とでも言いたげに、存在感があります。  サザンカの花弁が一枚ずつ散るのとは違って、ツバキは花ごと散ります。

Dsc_05547



エゾニシキ(蝦夷錦)  絞り咲き

Dsc_05316



木が大きくなると、絞りばかりでは無く、赤色や白色単色の花も見られます。  つまり咲き分けます。   下の写真では左下に白色単色の花が見えます。

Dsc_05315



下の写真では右下に赤色単色の花が見えます。

Dsc_05509




Dsc_05548



これは品種名がわかりませんが、とても小さく、花径数cmの可愛いピンク色の花で、とてもたくさんの花を付けます。

Dsc_05515




Dsc_05511




Dsc_05510

  

2015年12月30日 (水)

紅葉は年を越して

今年も残すところ後一日となりました。  これが今年最後の投稿となります。


今年は暖かかったせいか庭の木々の紅葉が例年よりも遅く、枝には紅葉した葉がまだ残っています。   葉が全て散らずに年を越すのはたぶん初めてではないかと思います。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



Dsc_05147




Dsc_05152




Dsc_05151




Dsc_05141




Dsc_05203




Dsc_05121




Dsc_05142




Dsc_05207_2




Dsc_04971_2

年明け数日後にはたぶん、すべて散ってしまうと思われます。



みなさん、今年一年、どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
それでは、みなさん良いお年をお迎えください。

より以前の記事一覧

カウンター

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック