Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

カテゴリー「音楽」の記事

2016年12月 1日 (木)

2年振りのライブへ

先日は2年振りにライブを聞く機会がありました。  「TOMOKO」さんと言う若い女性ですが、50年ほど前に日本中にエレキブームを巻き起こしたエレキギターのインストゥルメンタルバンド 「ザ・ベンチャーズ」の演奏を中心にずっと全国ツアーをされている方です。   ソロの為にそれぞれのツアー先の地元バンドと組んで演奏していましたが、最近はベース、ドラムスを加えたトリオで演奏を行っているようです。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



先回の2年前は愛知県豊橋市・広小路のライブハウス「サウンド・スタッフ」、今回は静岡県浜松市西区舞阪町・弁天島の温泉街のライブハウス「コニーキャッツ」が会場です。  18:30 いよいよ 開場です。

Dsca03810_2



19:00 に開演し前座を担当した地元の2つのバンド演奏の後、いよいよ 「TOMOKOトリオ」 の演奏が始まりました。   懐かしいサウンド、20代の頃に勤め先でやっていたバンドの音がよみがえってきます。

Dsca03843_2_2




Dsca03858_2



ザ・ベンチャーズのファンなら誰でも知っている、モズライトのベンチャーズ・ロゴの入ったギターヘッド。

Dsca03860_2




Dsca03869_2
ギターを持ち替えます。  初めて見るギターは構造からして軽そうな感じです。



休憩タイム   ドリンクバーは懐かしい昔の雰囲気。

Dsca03812_2




Dsca03822_2
こちらはビュッフェ、お腹を満たします。



トークを交えながらステージが再開。

Dsca03867_2




Dsca04035_2_3




Dsca03973_2




Dsca03924_2


久しぶりに聞く、体感するエレキの大音量はしばらく耳に残っています。     それにしてもお客さんは、やはり私と同年代の60代くらいの方ばかり、もう40年も経ってしまいました。

2015年1月 6日 (火)

懐かしいサウンドに包まれて

長かった休暇も終わり、また日常が戻っています。


昨年末12月28日にライブに行く機会がありました。  私はもう還暦を過ぎていますが、20代~30代の頃に、、勤め先で愛好会のような感じでバンドをやっていました。  演奏する音楽は当時すでにブームを過ぎていましたが、「ベンチャーズ」というインストゥルメンタルのエレキギターバンドのコピーを中心にやっていました。  そうです、テケテケテケ~とエレキギターを弾く曲が特徴のバンドでした。  今でも時々来日公演をしていると聞いていますが、若い方たちは知らない方が多いと思います。


今回、若い女性の方がこのベンチャーズの曲を弾いていて、隣町の豊橋市のライブハウスで演奏をするという事でした。   TOMOKO という名前で活動をされています。


Dsc_01818




公演の一ヶ月前にチケットを購入して楽しみにしていました。 当時一緒にバンドにいてリードギターを担当していた方と一緒に聞きに行きました。  ちなみに私はキーボード担当でした。

50名ほどで一杯になる小さなライブハウスです。  
開演前の様子ですが、やはり私も含めて年齢の高い方が多いです。

Dsc_01763




開演です。  10mほど前で演奏するので、狭いライブハウスにエレキギター、ベース、ドラムスの大音量が響きわたり、久しぶりに体験した音量に、「こんな大音量だったな~」と、昔を思い出しました。 

Dsc_01784




Dsc_01798




Dsc_01801
テケテケテケ~ に入る瞬間です。  
バックバンドは地元、浜松で活動している4人バンド「浜松ベンチャーズ」です。  各地に「○○ベンチャーズ」というバンドが結成されているようですね。 




途中休憩です。 それにしても年齢層が高い。   人の事は言えませんが (^_^;)

Dsc_01775





Dsc_01794
楽しいトークも入ります。 
facebook にこの写真を載せて、「おっと、目が合った」 と書いたら、「気のせい、気のせい」と、コメントを返されました。  そうでなくても、そう思いたいですよね。 (^_^;)




ドラムスは少し若い方らしく、力強い音が迫力を感じさせていました。

Dsc_01806





Dsc_01804_2





Dsc_01816_2


ウォーク・ドント・ラン
パイプライン
蜜の味
クルエルシー
ドライビングギター
10番街の殺人
・・・
彼女の歌が入って 雨の御堂筋、京都の恋、北国の青い空 ・・・


楽しい時間はあっという間に過ぎて、アンコール3曲で終了しました。  最後の曲は「キャラバン」でした。

Dsc_01814

30年以上の時を経て聞く懐かしいサウンドに包まれて、とても楽しい一時を過ごしました。  若い方もこうして演奏している事をうれしく思います。



◆数年前の演奏の様子が、YouTube にUPされています。  興味のある方はご視聴ください。
 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=ZTA3O2ffu0E

2013年6月16日 (日)

lata(ラタ)さんのライブ

今日は隣町の愛知県豊橋市で lata(ラタ)さんのライブがあったので、夕方行って来た。 


会場は豊橋市東部の新興住宅地の一角で、Elu-cafe(いるカフェ) というお店。
一見、普通の住宅のような建物、平屋建て、一部ロフト付きの吹き抜け。

Dsc_06429


庭には、ビオトープが造ってある。

Dsc_06440



こんな遊び場も、これはトンネルだ!。

Dsc_06435


今回は三重県は名張市、松坂市そして愛知県の豊橋市と廻って来たようだ。 ちなみにlataさんは、妻の姉の娘の旦那さんで、長野県飯田市に在住するインド系音楽のミュージシャン(長野県松本市出身、本名は一志 新)、昨年CDもリリースしている。 全国各地をライブで巡っていて、今回はインド舞踊の女性「あみ」ちゃんとのコラボとの事。

Dsc_06454_2
彼の演奏する楽器はギターとインドの民族楽器のひとつエスラジ、そして彼の歌。



Dsc_06462_2


彼の歌と演奏に合わせて、静かに時には激しく踊る「あみ」ちゃん。

Dsc_06468

Dsc_06475_2


あの2年前の3月11日の出来事の後、できた曲「平和な未来へ」でフィナーレ。 この曲は下記 You Tube のリンクにて聞けます。

◆ ライブの様子はご紹介できないが、以前、You TubeにUPされた映像はこちら ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=YyQEsLMTtFc&feature=youtu.be 


◆ ホームページはこちら ⇒ http://waccamuse.wordpress.com/
  CDの購入もできます。

2012年9月19日 (水)

ハレハレ~hare hare~ ライブ

先日、当ブログでご紹介したインド系音楽ユニット "ハレ ハレ~hare hare~ " のライブの様子が You Tube にUPされたのでご紹介する。

私の妻の姉の娘さん(つまり姪)の旦那さんがインド系音楽のミュージシャンで、今回、CDをリリース。  信州・松本出身の彼の名前は、「一志 新」 (イッシ アラタ)。 芸名は 「lata」という。 今回 You Tube にUPされたのは、このCDの中にも収録されている曲で 「平和な未来へ」   昨年の 3.11 の後,、いろいろな思いの中からできた曲との事である。

◆下記、 You Tube の URL から、ライブの様子をご覧ください。
 
http://www.youtube.com/watch?v=YyQEsLMTtFc&feature=youtu.be


インドで神様をたたえる言葉 Hare
彼の地で出会った3人が奏でるハーモニーは、まるでガンジスの流れのようにゆったりと ・ ・ ・ 。

Sinsyu_ture                                    ( You Tube よりコピー)

 中央    「lata」   一志 新 : ボーカル、ギター、エスラジ(インドの弓楽器) 担当、
 右側    「yohey」  岩下洋平 : シタール(インドの弦楽器) 担当、 
 左側    「minami」 南 沙織 : バンスリ(インドの横笛) 担当  
                  注 : あの懐かしい歌手の方と同性同名だが別人




Heal_the_future



  ◆ CD [光] Hare Hare   「平和な未来へ」 収録のCD

http://payaka-onlineshop.com/SHOP/CD-012.html

Cd_hikari

contact : wacca.muse@gmail.com



◆BGMは、しばらくお休みとします(You Tube の音声とダブってしまうため)

2012年8月11日 (土)

インド系音楽への誘い

今回は少し趣きの変わった、インド系音楽のご紹介。

私の妻の姉の娘さん(つまり姪)の旦那さんがインド系音楽のミュージシャンで、今回、CDをリリースしたので、早速、入手して聞いてみた。 そこには ・ ・ ・ 。


Hare_hare_hikari_omote                                 ( CDジャケット表面をコピー)

信州・松本出身の彼の名前は、「一志 新」 (イッシ アラタ)。 年齢は30歳少し過ぎか?
芸名は 「lata」という。 インド、オーストラリア他、海外各地に長年、滞在して勉強し実績を積んだとの事。
今回のCDでは、インドで出逢ったという、下記の3名でユニットを組んでいる。
ユニット名は、「Hare Hare」 (ハレハレ) 。 


     CDタイトルは、光(Hikari) 

     「lata」   一志 新 :  ボーカル、ギター、エスラジ(インドの弓楽器) 担当、
     「yohey」  岩下洋平  : シタール(インドの弦楽器) 担当、 
     「minami」 南 沙織 :  バンスリ(インドの横笛) 担当  
                  注 : あの懐かしい歌手の方と同性同名だが別人

   
                                    Cd_label_2

                                                                            ( CDラベル面をコピー)


Naka_left_2           

Naka_right                                                              ( CDジャケット中面をコピー)
     


現在は、全国各地での演奏活動をしているが、ソロまたはユニットであったり、インド舞踊やヨガ などと組み合わせたりして、演奏スタイルはその時々によって変わるようだ。 7月は信州の、松本市、駒ヶ根市、伊那市で上記3名のユニットで演奏を行い、8月の後半は、彼と「あみ」というインド舞踊の方とのコラボで、三重県の下記地域での演奏が予定されているとの事。 
 
     8月17日 伊勢
     8月18日 松坂
     8月19日 亀山

Jポップ、Kポップ等が全盛の今、こうした民族音楽に近い音楽は貴重な存在なのかもしれない。  あわただしく忙しい毎日を送る現代人にとって、リラックスできる ”癒しと祈りの音楽の世界“ へと誘ってくれる。  アロマを漂わせ目を閉じて聞けば、瞑想の世界へ入り込んでしまいそうな、未体験の音楽かも。



◆ 興味のある方は、下記を参照。 

少し、試聴してみたい方は、
  http://www.myspace.com/wacca.muse.lata

上記、8月後半の三重県での演奏会の詳細、他は、
  http://waccamuse.wordpress.com/


◆ facebook にも登録、投稿記事あり、 「一志 新」 で、検索可。 

◆ 記事中のCDおよび、ジャケット画像のコピー、使用はご遠慮ください。

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック