Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017年8月16日 (水)

お盆の里帰り

先日は愛知県新城市にある実家にお盆の里帰り、と言っても車で1時間の距離ですが。
お寺に行って「迎え火」の松明を焚きお参りをしました。
何度、これを繰り返した事だろう。  幼い頃、何もわからず親と一緒にお参りに来た時の事を想い出していました。  確かにご先祖の方々があっての自分。  繋がっているんだなと改めて感じました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



JR飯田線、東新町駅の南側にある「最勝院」 昔から 「さんしょいん」と呼んでいますが、本当は何と読むのか?  浄土宗で本山は京都の知恩院。

Dscb00008




Dscb00003_3_2
     サルスベリ(百日紅)  確か、私が子供の頃から、このお寺にあります。




「ここには、閻魔様(えんまさま)がいて、悪い事をすると舌を抜かれる、地獄に落ちるんだよ~。」と、幼い頃に母親に教えられて、とても怖かった (^-^

Dscb00001_2




Dscb00005_2

「迎え火」を焚いてお参りをしました。




Dscb00007_2




Dscb00012
家の玄関前で「迎え火」の松明(たいまつ)を焚きました。 この灯を目当てにご先祖様が帰ってくるのかな?



キュウリとナスでできた、午と牛。 
昔は各家で造ったようですが、今では出来た物も売っているようです。  ご先祖様は、「午に乗って急いで帰って来て、お盆が終わると牛に乗って名残惜しくゆっくりと帰る。」 と、親から聞いていますが (^-^;

Dscb00014




Dscb00015_2
数年間の父親の初盆に親戚から頂いた提灯。

私の母親がお盆の支度をやっていた頃は、仏壇に収められた位牌の数だけの食事を一日3回供えるなどお盆の風習もいろいろあって大変でした。  世代が変わり、位牌の数がいくつあっても一つだけ供えればいいというように、だんだんと簡略化されてきました。  これからもこうした風習は変わっていく事だろうと思います。

2017年8月 2日 (水)

「ぬくもりの森」へ

先日は鍾乳洞「竜ヶ岩洞」で太古に続く涼を楽しんだ後、舘山寺方面に抜け、3年半ぶりに「ぬくもりの森」を訪れました。  
(各画像はクリックで拡大表示できます)


「ぬくもりの森」は、浜松市の北部にあり、一人の建築家デザイナーが抱く夢を実現させた、レストラン、菓子店、雑貨アクセサリーのお店などを小山の中に点在させた複合施設で、特にそれらのお店の建物のメルヘンチックな造りが若い女性に大変人気の場所です。
駐車場から坂を登りながら歩いてくるとレストランの建物が見えます。

Dsca09638




Dsca09672
レストラン入口の横にあるトンネルが中庭へと続く道になっています。



中庭を望むこんな風景が、南欧の街に来たようで良い感じです。  ケーキ・ファクトリー    が見えます、このお店で美味しいケーキと飲み物を頂きました。
 
Dsca09618




Dsca09610_2
中庭からレストランを見た様子も良いです。



中庭から見た雑貨・アクセサリー等のお店。

Dsca09613




Dsca09631



何と、左側の小さな可愛い建物は「手洗い」

Dsca09636




Dsca09652
雑貨のお店?



雑貨、セレクトショップ   3年半の間にツタが生い茂って。

Dsca09740




Dsca09747
大きなひさしの下のこんな空間は楽しい!



ポーランドの食器、「ポーリッシュポタリー」   可愛いくてシンプルなデザインが人気のようです。

Dsca09689



「ぬくもりの森」 HP ⇒ http://www.nukumori.jp/ 

「ポーリッシュポタリー」の 販売HP ⇒ http://sezon-lazur.com/ 


◆「ぬくもりの森」は、敷地内に駐車する事は出来ず、少し離れた専用駐車場(¥500)に車を入れて徒歩で入場するように変わりました。  これも人気の増加に伴い道路渋滞が発生する事による周辺住民の方々のクレーム対応のようです。

2017年7月24日 (月)

涼を求めて「竜ヶ岩洞」へ

昨日は涼を求めて、浜松市の北部にある「竜ヶ岩洞」と言う鍾乳洞へ、夏休みに入った孫を連れて遊びに行きました。  この鍾乳洞は竜ヶ石山(359m)の南麓にあり、1981年から整備が行われて1983年に総延長1,000mに及ぶ内の400mが一般公開されたもの。  2億5千年前の地層に形成されたと言う洞内は年平均 18度で快適な温度となっている。 
新東名高速道路・浜松引佐ICから10分のところにあります。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



正面の竜ヶ石山(359m)の南麓に鍾乳洞があります。
左側は鍾乳洞入口、右側に 出口があり資料館、売店に直結となっている。
営業は年中無休、9:00~17:00   入洞料金は大人・高校生¥1,000  小中学生¥600

Dsca09548_2




Dsca09547_2





Dsca09561_2

2億5千年前の地層に形成されたと言う洞内は年平均気温 18度で快適。  真夏日の外世界とは差がありすぎ (^-^; 



総延長1,000mに及ぶ内の400mが一般公開されている。

Dsca09560_3




高低差のある大空間の天井から水が降っています。

Dsca09569_2




Dsca09570

ここが洞内一番の見どころ「黄金の大滝」 水しぶきがかかります。


100年で1㎝成長するという鍾乳石、気が遠くなるほどの時の流れが造り出した自然の造形美。

Dsca09577_2



出口に直結している売店。
ここにも大河ドラマ「女城主・直虎」にあやかろうと様々な商品が並んでいます。

Dsca09596




Dsca09601




ここにも来たんだ~ (^-^;    NHK「鶴瓶の家族に乾杯!」 

Dsca09597




「みそまん」をお土産に買いました。

Dsca09599_2




Dsca09756
「やま芋」が入っているせいか、とてももちもちして「こしあん」も美味しい (^  ^)v


この近くには、井伊家の菩提寺として、井伊直親、直虎のねむる龍潭寺、NHK大河ドラマ館、気賀関所等 もあって、まだ当分「直虎」ブームにあやかれそう (^-^;

2017年4月24日 (月)

3ヶ月振りに山奥のカフェへ

先日、3ヶ月振りに東三河の山奥のカフェに出掛けました。  周りの木々が新芽を出し始めたカフェは静かな佇まいで、午後のひと時をゆったりと過ごしました。


ちょうど、テラスを見下ろす特等席が空いていました、ラッキー!

Dsca06924




Dsca06913_2
   ここにも「直虎のぼり」が。  大河ドラマの効果は大きいようです。



Dsca06916



新しく野鳥の餌台が造られていた。

Dsca06923




Dsca06934
小川の向こう岸では、オーナーがテラスの整備をしていました。




テラスから見た小川の上流方向

Dsca06937_2_2




Dsca06940



雨の後で少し小川の水量が多いかな。  
小川に架かる橋の上から一番下のテラスを見下ろすと、テラスを囲むように小川が流れています

Dsca06943



一番下のテラスに降りてみました。  
小川に架かる橋の下側から下流方向を見たところ。

Dsca06945_2




Dsca06941




Dsca06953

次に訪れる頃には、カフェは新緑に覆われているだろうな。



2017年4月 6日 (木)

伊良湖旅行

孫2人が春休みと言う事で、先日、総勢5名で伊良湖の旅行に行ってきました。   伊良湖は愛知県の渥美半島の先端部分にあたるところで、伊勢湾を挟み対岸は三重県の鳥羽、伊勢になります。  
(各画像はクリックで拡大表示できます)


少し前に、伊良湖にあるホテルの新聞折り込み広告が入り、感謝祭と言う事で 4/1~6/30 の期間中 田原市、豊橋市、静岡県西部地区に在住・在勤の方限定で、平日一泊夕食付で¥5,800 (朝食は別途¥1,200) という、 たいへんお得なプランで、申し込んでおきました。



昼食を食べてから出発でしたが距離は50kmほど、車で1時間半掛かります。   途中、「道の駅」によってお買い物をして15時前に伊良湖に到着しました。 
 
ここは渥美半島の外側、太平洋に面した「恋路が浜」という砂浜で、山の上の建物は「伊良湖ビューホテル」  見晴らしがたいへん良い場所です。

Dsca06572




Dsca06569
半島先端の岬には灯台がありますので、行ってみます。
正面の島は三島由紀夫の小説「潮騒」でおなじみの「神島」。  その後ろの影は対岸の三重県・鳥羽かな?




伊良湖岬・灯台
ここ伊良湖岬と神島との間は「伊良湖水道」と言って、多くの船が行き交います。  また、伊良湖~鳥羽間はフェリーが運航しており車でも渡る事ができます。

Dsca06593tori




Dsca06605
灯台からすぐ近くにある宿泊のホテル「伊良湖シーパーク&スパ」 に到着。  こちらは渥美半島の内側、三河湾に面したところになります。



宿泊の部屋は10階、たいへん見晴らしが良く三河湾が一望できます。  右側奥は豊橋市、正面奥は蒲郡方面のようです。

Dsca06613




眼下を見下ろすと 「砂浜アート」が描かれていました。  砂浜を歩く人の大きさから巨大さがわかります。  思いがけない演出に感動です。

Dsca06640




翌朝、朝食後に砂浜に出てみると、10階の部屋から見た砂浜アートは、何と、たくさんの「ヤシの実」を並べて描かれたものでした。  再び感動です。

Dsca06691




Dsca06708
そう言えば「島崎藤村」の「椰子の実」という歌(詩)がありました。

~名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実ひとつ 故郷の岸を 離れて汝(なれ)は そも 波に幾月 ・・・ ~



夕食、朝食ともにバイキング形式の食事でした。  
夕食では、ここ伊良湖名物の「大あさり」をたくさん頂きました、美味しいです。

Dsca06641




Dsca06659
朝食です。  美味しいクロワッサンとコーヒーを何回もお代わりしました。



AM 8:10 発の三重県・鳥羽行きの一番のフェリーが出て行きます。  同じ時刻に鳥羽からもこちらの伊良湖に向けて一番の船が出ます。  所要時間 55分の船旅で航路中央ですれ違います。

Dsca06676




砂浜から見た建物、全室オーシャンビュー、部屋からの見晴らしが良いです。

Dsca06697



あっという間に過ぎた2日間だったけれど、孫たちにとっても楽しい「春休みの思い出」になったかな~ (^  ^)/



2017年3月27日 (月)

豊橋総合動植物公園へ

少し前になりますが、久しぶりに愛知県豊橋市にある「豊橋総合動植物公園」に娘家族と行ってきました。  ここは約40haの広大な敷地の中に動物園・植物園・遊園地・自然史博物館の4ゾーンで構成される複合施設で、愛称は 『のんほいパーク』。  ちなみに 「のん」(〜ですね)と「ほい」(やあ、おい)は東三河地方の方言です。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



その中の自然史博物館のゾーンを中心に紹介します。
入口は3つあり、ここは東門です。

Dsca05996




Dsca05997
右側に植物園の大温室、中央は展望塔・自然史博物館、左側に遊園地・動物園があります。  





自然史博物館の中には、地球の歴史、生物の進化、各種標本などの展示、巨大スクリーンによる映画が見られます。  また恐竜のフィギュア、化石等を販売する売店があります。

Dsca06011_2




Dsca06025




Dsca06018




Dsca06019




屋外には、恐竜の大きな(実物大?)の模型があります。

Dsca06026




Dsca06028




Dsca06032
どのくらいの高さかな、20mくらい?




動物園の「なかよし牧場」では、モルモット、ウサギ等に触る事ができます。

Dsca06047




Dsca06055
北海道の「旭山動物園」で有名になった、ホッキョクグマが観覧客に向かって飛び込んで来る展示方法は、ここの動物園を参考にしているそうです。




Dsca06033
中央門側から東の方角を見た景色。



◆とにかく広大な敷地で、すべてを見て廻るのはとても大変です。  テーマを決めて何回か訪れるのが良いようです。   子供から大人まで十分楽しめる場所です。


2017年3月11日 (土)

天竜浜名湖鉄道で美術館へ

先日は、浜松市の北部、天竜区にある「秋野不矩美術館」へ出掛けました。   
この美術館を訪れるのは2回目ですが、今回は「天竜浜名湖鉄道」と言って、私の街、湖西の新所原駅を起点として浜名湖の北部を巡り、浜松の東、掛川駅まで接続しているローカル線で出かけました。  美術館はこの鉄道のほぼ中央「天竜二俣」駅の近くにあります。


新所原駅からスタートです。  ここにも「直虎」のぼりが。

Dsca06200




Dsca06274
途中の駅「寸座」   私が何枚か作品で描いている所ですが、浜名湖の湖上を東名高速道路が走る場所です。   正面側は「舘山寺温泉」になります。




新所原駅~天竜二俣駅まで、1時間12分 掛かりました。  駅から美術館まで徒歩15分です。   美術館入口の案内板。   今回はこの二人、地元浜松市出身の若き画家の特別展を見ます。
作品、プロフィールはこちら ⇒ http://kosai-art.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-111e.html

Dsca06226




Dsca06240
山の斜面に建てられた美術館。    日本画家「秋野不矩」の出身地はこの「二俣」と言う事です。



館内へは靴を脱いでスリッパに履き替えて閲覧をします。

Dsca06235




Dsca06255
途中にあるお寺「栄林寺」    南北朝時代(1365年)曹洞宗の寺として開かれたとか。




今では珍しい「転車台」もある天竜二俣駅を図案にした戦国武将の大きな掲示物が。   それにしてもずいぶんイケメン揃いです。   「直虎」もいます。

Dsca06261




帰りはなんと、「直虎」のラッピング列車。  ラッキー!

Dsca06266




Dsca06265_2
列車の側面には、大きな「柴咲コウ」の姿が。




「西鹿島」駅からは浜松までの「遠鉄電車」が接続しています。

Dsca06270_2





Dsca06279_2

天浜線は新所原駅から天竜二俣駅まで片道¥1,000 往復で¥2,000 でしたが、後で気が付いたら、この区間の一日フリー切符がある事が分かり、何と¥1,450 で¥550円も割引になります。   美術館の入場料¥500 が浮いてしまうとてもお得なフリーキップです(しかも、西鹿島から浜松までの遠鉄電車にも乗れます) 気が付くのが遅かった (-_-;)
ろいろな

他にもいろいろな「フリー切符」があります。

Dsca06281



たまにはローカル鉄道で、ゆったりといろいろ巡るのも良いものです。

2017年1月26日 (木)

道の駅「潮見坂」へ

今日はランチを兼ねて、車で10分ほどの所にある道の駅「潮見坂」へ行きました。  ここは、愛知県から静岡県に入った県境に近い国道1号線沿いにあり、遠州灘(太平洋)を見下ろす位置にあります。


11時過ぎに到着しましたので、まだ少し駐車場には余裕がありました。  食堂の席も空いています。 

Dsca05381



目の前に、大河ドラマ「直虎」のポスターが。   浜松周辺は「井伊直虎」ゆかりの地なので、今年は「直虎一色」になっています。  

Dsca05382



お目当ての「海鮮丼」 ¥1,200 を頂きます。  
漁港が近いと¥1,000 くらいなのかもしれません。  アサリ汁も美味しく頂きました。

Dsca05378




Dsca05384
「チョイスコーナー」では好きな食材を個別に選べます。  マグロ漬け丼、煮物、焼き物、漬物等、種類も多い。  




Dsca05386
窓の外には遠州灘(太平洋)が広がっています。  テラス席もありますが冬は風が強く利用する人もいません。



売店には、農産物、海産物、お菓子、パン等、たくさんの食材が並んでいます。

Dsca05388




Dsca05389



他の売店ものぞいてみると。  ここにも「直虎」が。

Dsca05396_2




Dsca05398
ここも「直虎ちゃん」一色の土産コーナー。   
大河ドラマの恩恵のあやかろうといろいろと商品が企画され、地域の経済が活性化する事は良い事ですね。



風が冷たいので、足湯に入る人もいませんでした。

Dsca05393




Dsca05401


ここは、東海道五十三次の宿場町「白須賀」のすぐ南、「潮見坂(汐見坂)」です。



2016年12月27日 (火)

JR新所原駅リニューアル

私の住んでいる所は、静岡県の浜名湖西岸に位置する湖西市(コサイシ)の中でも一番西の端、愛知県との県境にありますが、時々利用するJR新所原駅のリニューアル工事が終了し、先月27日にオープンしました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


今までの駅は北側にのみ乗降口があり、駅南側に住む私は踏切を渡り北口へ回らなければなりませんでした。  駅の南側に住宅、企業が増えるにつれてかなり早い時期から南口の開設をJR東海、湖西市に懇願していましたが、今回、駅舎を2階に上げて南北を繋ぐ自由通路を設け、南口ができました。



JR新所原駅の北口側  左端は「天竜浜名湖鉄道」の新所原駅 この駅舎内にはウナギ弁当のお店があります(テイクアウト可)

Dsca04422




Dsca04424
北口の様子。  上りエスカレータ、エレベーターも設置されて便利になりました。



南北を繋ぐ自由連絡通路

Dsca04427




Dsca04431
中央にある切符売り場、改札。
ここから上り浜松方面、下り豊橋方面のホームへ降ります。  階段とエレベーターがあります。




Dsca04433
南口への降り口



南口から駅前を広場を見ると、お店などは1軒も無くちょっと殺風景な様子。  これからお店ができたりして活気が出てくるといいのですが。

Dsca04438




Dsca04449
南口の様子。  階段、昇りエスカレータ、エレベーターがあります。




Dsca04441
南口から見たJR新所原駅の様子。



早速、朝夕は駅南側にある企業の送迎バスや乗降客で賑わいますが、日中は利用する人も少なくひっそりとしています。   有料駐車場等、これから駅前の整備が進んでくると思われます。

2016年10月 3日 (月)

野趣にあふれたカフェへ

先日は、同級生の友人に以前から「ぜひ行ってみて欲しい。」と、言われていたカフェに行きました。  新城市、本長篠の街並みから少し山に入って 「えっ、こんな山の中にカフェがあるの?」 と、不安ながら進むとありました、 「アルフォンソ・カフェ」  たいへん野趣にあふれたお店で、オーナーのこだわりと思いがいっぱい詰まっているようです。  高低差のある地形を活かし川の辺にテラスを設けた、花と緑にあふれた夢のような空間です。  おそらく他に類を見ないユニークなお店だろうと思う。 
(各画像はクリックで拡大表示できます)



お店の入口。  坂道の途中にあり入る前から周りの様子にワクワクします。

Dsc_02535




Dsc_02527
テラスを見下ろす窓辺の席(たぶん特等席?)



「コーヒーがはいるまで、テラスを見て下さい。」 と、お店の方に勧められて外を散策する事に。  テラスからお店の方を見ると、すてきな植栽がされています。

Dsc_02553




Dsc_02546
テラスからお店の横を流れる川の上流方向を見ると、まさに山間の光景そのもの。  雨が続き水量が多いようです。



向こう岸に渡る橋が架かっています。

Dsc_02584




Dsc_02572
向こう岸に渡ると、キャンプ場のようなテーブルとベンチがあります。



向こう岸からテラスを見たところ。

Dsc_02579




Dsc_02575
川辺まで階段で降りれるようです。  川がテラスの周りを廻り込んでいるのが分かります。



川辺に降りて下流方向をみた様子。  カフェがある同じ空間とは信じられない (>_<)

Dsc_02562tori_2




Dsc_02583
丸太の橋もありますが、これは実用では無い様子 (-_-;)   サル、イタチ類ならOKか! (^-^;



お店の方もすてきな女性でした。

Dsc_02589



紅葉の時期にまた、このお店を訪れたい。  きっとまた違う雰囲気を感じる事が出来るだろう。



より以前の記事一覧

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック