Blessing of the light

ブログパーツ

無料ブログはココログ

カテゴリー「文化・芸術」の記事

2019年6月26日 (水)

私の絵画展(第12回)安曇野市(5)

5月連休明けの9日(木)~13日(月)の5日間、長野県安曇野市のギャラリーで私の第12回目の絵画展を開催しました。 その様子を数回に分けてご紹介します。 


今回はその5回目、最終回です。
作品の搬入から展示、搬出までの6日間が過ぎて、私の絵画展日程が全て終了しました。


一日おきに宿泊したペンションを後にします。
 出掛けに、同じ日に宿泊していたお客さん(スケッチをしに来ていた様子)から、「絵画展を見に行きたかったのですが、行けずに残念でした。」と声をかけて頂き、にっこり!

Dscc00828_20190626212201




帰り道で、作品をお買い求めくださった方のお宅に作品を届けに行きました。 ここに住んでいれば、毎日、この風景を眺めることができるのに。

Dscc01220




少し時間があるのでいつものお気に入りの場所へ。
午後からは雨が降り出す予報、北アルプスも霞んでしまってあまり見えません。

Dscc01227




Dscc01237

以前に水路際の木々が伐採されてしまって残念でしたが、また成長して水路に影を落とすようになっていました。




「また来ますよ~。」 
いつもの道祖神に挨拶をしました。 19年前と何も変わっていません。

Dscc01252-2





近くにある「大王わさび農場」に寄りました。
「わさびソフトクリーム」 わさび農場に来たからには、これを食べないわけにはいきません (^-^;


Dscc01253




映画「夢」の撮影に使われた水車のセットが残されています。

Dscc01268





Dscc_0762

水路脇では5人ほどの方がスケッチをされていました。




黒澤 明監督の映画「夢」の撮影の様子が掲示されていました。

映画「夢」は平成元年(1989年)撮影、翌年に公開されています。 「日照り雨、桃畑、雪あらし、トンネル、鴉、赤富士、鬼哭、水車のある村」の8話からなるオムニバス形式で、黒澤 明自身が見た夢を元にしている。 出演は、寺尾 聡、倍賞美津子、原田美枝子、根岸季衣


Dscc01257





今回の私の絵画展の様子を、地元の新聞紙面に掲載頂きました。

Dscc00980





◆5回に渡り、私の安曇野での絵画展、ギャラリー、周辺の風景をご紹介しました。
またいつか、安曇野での2回目の絵画展を開催したくなりました (^-^;




2019年6月19日 (水)

私の絵画展(第12回)安曇野市(4)

5月連休明けの9日(木)~13日(月)の5日間、長野県安曇野市のギャラリーで私の第12回目の絵画展を開催しました。 その様子を数回に分けてご紹介しています。


今回はその4回目です。 
私の絵画展を開催した「ギャラリー レクラン」を併設しているガレットの店「ブレ・ノワール」をご紹介。 


Dscc00837_1





Dscc00840





食事、喫茶のできる「ブレ・ノワール」の中にギャラリーがあるわけですが、ギャラリーは別の部屋として独立しています。 右側の玄関ドアから入ると戻るような形でギャラリーがあります。

Dscc01192





Dscc01200 




Dscc01201 


店内の至る所にフランスの写真や関連するものがあり、オーナーのフランスに対する愛が感じられます。



Dscc01206





Dscc01207





Dscc01209





ガレットのお店に併設されているギャラリーで絵画展をしているのに、ガレットを食べないわけにはいきません。 お昼に美味しく頂きました。

Galette(ガレット)はフランス・ブルターニュ地方の料理・菓子の名称で「円く薄いもの」を意味します。 平たいパンケーキ、特にそば粉で作ったクレープを「ガレット」と言い 、簡単なデザートから、いろいろな食材が乗っているお手軽なお食事としても利用されています。  


◆ブレ・ノワールのメニューから 、「ガレット」 の一例


Dscc_0741

デザート : シナモンアップル、カシスアイスクリーム、生クリーム





Dscc_0735

食事用 : ハム、チーズ、卵、サラダ





Dscc_0740





Dscc_0738



◆次回は個展終了翌日、帰路に就くまでの様子をご紹介します。





2019年6月 8日 (土)

私の絵画展(第12回)安曇野市(3)

5月連休明けの9日(木)~13日(月)の5日間、長野県安曇野市のギャラリーで私の第12回目の絵画展を開催しました。 その様子を数回に分けてご紹介しています。


今回は3回目です。
私の安曇野市での絵画展、ギャラリーのオープンは10:30 なので、時間に余裕があります。 ウォーキングや足湯の後は取材を兼ねて周辺をドライブしました。 残雪の北アルプスが陽の光にキラキラと輝いています。


有明山

Dscc00906




後立山連峰

Dscc00918




有明山 水鏡が美しい。 稲が成長すると見られなくなります。

Dscc00937




蓮華岳

Dscc00943




餓鬼岳

Dscc00950




「アートヒルズ」から北側の方角を望む。 広々とした安曇野が見られます。

Dscc00994




Dscc01024




常念岳の頂き

Dscc01030




大天井ヶ岳、大滝山(左側)

Dscc01031 




常念道祖神と常念岳

Dscc01033



◆次回は、絵画展を開催したギャラリーが併設されている、ガレットの店「ブレ・ノワール」から

2019年5月31日 (金)

私の絵画展(第12回)安曇野市(2)

5月連休明けの9日(木)~13日(月)の5日間、長野県安曇野市のギャラリーで私の第12回目の絵画展を開催しました。 その様子を数回に分けてご紹介します。 


今回は2回目です。
私の安曇野市での絵画展、ギャラリーのオープンは10:30 なので、時間に余裕があります。 一日おきに、ペンション泊まりとエブリィ車中泊の繰り返しでした。 いずれもほぼ同じ近い場所でしたので、毎朝、アカマツ林の別荘地の爽やかな空気の中を散歩したり、温泉足湯に入ったり出来ました。

宿泊のペンション 素敵な佇まいです。 もちろんお風呂は温泉です。

Dscc_0663





Dsc00895

朝目覚めれば、窓の外は爽やかなアカマツ林




こちらは車中泊をした安曇野市の駐車場。 北アルプスへの登山者用の駐車場のようです。

Dscc00873





すぐ近くにある足湯「八面大王の足湯」 温泉地なので、なんと24時間源泉かけ流しです。
毎日入りましたが、朝、8時前後なのにほぼ、貸し切り状態でした。 5月連休の頃はきっとにぎわったのかな?

Dscc_0607





Dscc_0610 

少し熱めのお湯が気持ちい良い。 一定時間ごとに気泡が出て泡立つサービスもあります。




足湯のすぐ前には日帰り温泉「しゃくなげの湯」があります。 車中泊の日は利用しました。

Dscc_0613





周りは別荘地なので静かで樹高の高いアカマツの林に囲まれています。 森林浴をしながらの朝のウォーキンには最高の環境です

Dscc_0591 





Dscc_0655





ギャラリーは近くなので、行ってみました。

Dscc_0593 





Dscc_0600

「ギャラリーレクラン」 は、ガレットの店「ブレ・ノワール」に併設されています。




絵画展の案内掲示を見ると、本当に、今ここで自分の絵画展を開催していると実感!

Dscc_0597




◆次回3回目は、ギャラリー周辺を取材しましたので、安曇野の風景をご紹介します。

2019年5月23日 (木)

私の絵画展(第12回)安曇野市(1)

5月連休明けの9日(木)~13日(月)の5日間、長野県安曇野市のギャラリーで私の第12回目の絵画展を開催しました。 その様子を数回に分けてご紹介します。


8日(水)朝7時に湖西を出発、山道を抜けて中央道の飯田山本ICから岡谷JCT経由、長野道に入り安曇野IC手前の梓川SAで休憩。 約5時間弱の道程です。 19年前に初めて訪れた時と変わらぬ感動の風景が迎えてくれました。 

中央は常念岳、右は横通岳

Dscc00802



後立山連峰(左から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳)

Dscc00803 





昼食を終えて、「ギャラリーレクラン」に到着。
ギャラリーは初夏のアカマツの林の中にあります。 ガレットの店 「ブレ・ノワール」に併設されたギャラリーです。 ガレットとは蕎麦粉を使ったクレープのようなデザート(食事用もある)

Dscc00846 





過去の11回の絵画展は私の地元、静岡県の湖西市だったり、愛知県の豊橋市、新城市での開催でした。 今回は念願の安曇野市での開催と言う事でしたが、絵画展は初めての土地、作品を搬入するのも遠距離を運搬と言う事で、準備には多くの時間を掛けました。 必然的に展示作品は全て北信州(安曇野、大町、白馬村等)で、SM~F100号までの31点を揃えました。  このギャラリーは1階に2室、2階に3室の計5つの展示室がありますが、今回の私の絵画展では1階の2室を使いました。

第1室の展示は「北安曇郡白馬村」の風景12点を展示
右側はP20号

Dscc01159 



左側の大作はF100号  今回の展示での最大サイズ

Dscc01158





Dscc01168



右側は第1室、左側は第2室

Dscc01170 





第2室の展示は「安曇野市、大町市、北安曇郡池田町」からの風景19点  
大作の右はF60号、左はF80号

Dscc01148



左側はF30号、右側は今回の案内状ハガキの作品、F15号

Dscc01149



左側はP10号

Dscc01146

 

◆次回は、ギャラリー周辺の様子、安曇野滞在中の様子をご紹介します。

2019年4月29日 (月)

個展の準備(3)

「平成」の時代も、そろそろ終わりに近づきました。 と言う事で「平成」最後の投稿です。 
5月連休に入っていますが、この連休明けの9日(木)から、私の12回目の個展が長野県安曇野市のギャラリーで始まります。 


展示作品の制作も終わり梱包を行いました。  
SM~100号までの31点です。
SMx7
F3x1
F4x8
F6x4
P8x2
P10x2
F15x2
P20x1、F30x1、F60x1、F80x1、F100x1


Dscc00699 




ギャラリーへの展示作品の搬入出は業者に頼んでも良いのですが、経費削減のために自前で行います。  
軽自動車のエブリィに全31作品と、車中泊もするのでその備品も含めて搭載できるかどうか確認が必要です。 仮搭載をしてみました。  一番大きな作品 F100号を斜めに入れて、下からF80、F60、F30 と積んでいきます。 何とか作品については問題無さそうです。 ただ、作品の荷重で下の作品がつぶれないようにクッションが必要かもしれません。

Dscc_0512





Dscc_0511
 




前庭では、桜の花に代わってハナミズキが咲き出しています。
 
Dscc00684



後は展示作品のタイトル用紙(キャプション)作成、個展案内ポスター、あいさつ掲示などの作成、印刷が残っています。 そして、個展前日の8日(水)の朝に湖西を出発、午後に安曇野に到着、夕方まで掛かり展示作業を行います。 
 
12dm700_1




次回はいよいよ「令和」での初投稿になります。
実際のギャラリーでの個展の様子を投稿したいと思います。



2019年4月15日 (月)

個展の準備(2)

こんにちは。
いつの間にか桜もピークを過ぎて久しぶりに記事を書こうとしたら、ブログ仕様がリニューアルされていて、戸惑ってしまいました。 今まで通りにできるか心配ですが、初投稿してみます。


念願かなって、長野県安曇野市のギャラリーで私の絵画展を開催できる事になりましたので、改めて紹介します。
2月以降、展示作品の制作に掛かって来ましたが、ようやく田植えも終わりつつあり作品制作のめどが立ちました。 何とか5月連休明けの開催に間に合いそうです。

Dscc00622

展示作品の一部 F4,F6,P10号です。



◆ギャラリー入口ポスター

Photo






◆案内状ハガキ  

約600枚を安曇野周辺に在住の Facebook友人と近隣のギャラリー、美術館に配布を完了しました。

12dm-2




12dm700 



新しいブログの仕様に慣れるまで上手くいきません。
次回は、少しは良くなるのかな? (^-^;





 

2019年3月11日 (月)

個展の準備

今年も早いもので、すでに3月に入っています。
私の個展(絵画展)を開催しようと準備をしています。  第12回目となる今回は、浜松の絵画教室メンバーで19年前の2月に出掛けた安曇野、白馬村。  以来、この地の風景に惹かれ幾度となく通う事になりましたが、念願かなって、この安曇野のギャラリーで開催致します。  
 
個展案内の宣伝ルートも全く分からない安曇野で頼りになったのは、Facebook で知り合った多くの安曇野周辺に在住される友人でした。  案内状ハガキの配布をお願いできてたいへん助かりました。  現在までに600枚の案内状ハガキを配布完了して、今は展示作品の制作に集中しています。



案内状ハガキ   

ここは、NHK連続TV小説「おひさま」のロケ地にもなった場所ですが、背景に爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳などを望みます。  春はこのように菜の花、秋には蕎麦の花で真っ白になる山の斜面が見られます。


12dm_2



12dm700


ギャラリー周辺には、ジャンセン美術館、ちひろ美術館、豊科近代美術館、山岳美術館、アートヒルズ、北アルプス展望美術館、白馬三枝美術館など、多くの美術館、ギャラリーがあり、とても良い環境です。  会期は5月連休明けと言う事で、残雪の北アルプスと新緑の爽やかな信州を満喫できる頃だと思います。





展示作品の制作中の様子

Dscc00447




Dscc00450
背景の大きな作品(F100号)は、今回の展示用作品ではありません


今回はSM~F100号までの30点を展示致しますが、全て安曇野から白馬村までの風景画(油彩画)になります。  北信州のいろいろな季節の風景を楽しんで頂けると思います。

2019年2月 9日 (土)

2019新城美術協会春季展

昨日、8日(金)から、新城文化会館の展示室にて「2019新城美術協会春季展」がスタートしています。   9:00~17:00まで、最終日の11日(月)は 16:00 まで開催しています。

今回は美術協会会員37名による 70数点の作品(油彩、水彩、アクリル、パステル他) 小品からS130号の大作まで展示されています。  何点かご紹介いたします(作品タイトルのみ)

Dscc00138
       ポスター担当は今回も私です。  
       中央の写真は「森田健作&早瀬久美」 わかる人にはわかるかと・ ・ ・ (^-^;




Dscc00135
「春の中山高原」   F15    私の作品  
大町市 NHK連続TV小説(おひさま」のロケ地にもなった場所、秋には「菜の花」に変わって「蕎麦の花」で真っ白になります。




Dscc00133
「安曇野浅春」   SM   私の作品   
北安曇郡池田町の「北アルプス展望美術館」前から北アルプスを望みます。




Dscc00139
「かくれんぼ」




Dscc00140_2
   「木霊№33 氷の女王」




Dscc00141
「風神」




Dscc00143
「日間賀島西港朝」




Dscc00151_2
     「裸婦」




Dscc00150
「希望の灯」




Dscc00155
     「平穏」




Dscc00159_2
      「追憶」

2018年11月 2日 (金)

私の(第11回)絵画展スタート

昨日から、新城文化会館内・キッチン「いこい」にて ~季節の風を感じて~杉浦孝始(第11回)絵画展 がスタートしました。  10:00~17:00 (ただし月曜日は休館日のためお店も閉店です)  当初 15日(木)までの開催予定でしたが、この後の展示予定が無いようなので、月末まで開催期間を延長する見込みです。

Dscb08552
新城文化会館  左端にキッチン「いこい」があります。



Dscb08553
屋外からの入口



Dscb08555
屋内からの入口



Dscb08589
東側の壁面展示  安曇野、白馬村風景8点



Dscb08588
西側の壁面展示  新城市内風景他8点



Dscb08587
安曇野、白馬村風景
左 : 安曇野冬の朝  F6号
中 : 早春の白馬村  P20号
右 : 蓮華岳遠望  F4号



Dscb08604
新城市内風景  
左 : 早春(新城市平井)  SM
右 : 千枚田の代掻き(新城市 四谷千枚田)  F10号



Dscb08579
左 : 早春(白馬村)  SM    
右 : 安曇野の春  F6号



Dscb08583
左 : あいさつ、プロフィール     
右 : 初夏(白馬村)  SM



Dscb08594




Dscb08599

窓の外の木々は紅葉が始まっています。


この時期、恒例になった絵画展。   私は日曜日は会場にいます。



より以前の記事一覧

カウンター

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック