Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2021年8月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

奥三河の湯谷温泉でスケッチ会を

先日の11月最後の日曜日は雲一つない快晴で、風も無く最高の天候に恵まれました。
そんな中、愛知県の奥三河「湯谷温泉」で、所属する新城美術協会のスケッチ会を行いました。



午前9:30、湯谷温泉の入口に到着。 素晴らしい天気です。

Dsch_0318





入口にある駐車場ではモミジが見頃かピークを過ぎたあたり?。

Dsch_0321





「宇連川」の渓谷沿いもモミジの紅葉が美しい

Dsch_0331





Dsch_0333





「宇連川」にかかる吊り橋の付近は、スケッチに良さそうな場所(定番の場所)です。

Dsch_0329





Dsch_0387tori

1枚スケッチを描きました。
もう少し木々の色を秋らしくすると良かったのですが、水彩画初心者です (^-^;





JR飯田線の踏切の手前にある茶屋です。
「五平餅」の良い香りが漂ってきますが、今日は時間が取れずガマンです。
確か、げんこつのような独特の形の「五平餅」だったような記憶があります。

Dsch_0336





渓谷を見下ろす見晴らし台からは、湯谷温泉の素晴らしい景観が望めます。
正面には、大きな岩の間を滝が勢いよく流れ落ちています。

Dsch_0340





「宇連川」にかかる湯谷温泉入口の橋です。
国道151号線からは左折してこの橋を渡り温泉街に入れます。

Dsch_0347





Dsch_0351

橋の上から見ると、かなり深い渓谷です。
いくつかホテルや旅館があり、華美な雰囲気は無くて控え目な温泉地です。

10㎞ほど南に新東名高速道路の新城ICもできて、20分弱でこの「湯谷温泉」に来れます。
また1651年に徳川3代将軍、家光が創建した鳳来寺山にある東照宮まで、ここから車で登る事が出来ます。
「門谷」と言う表参道側からは1,425段の石段で徒歩で登れます。





Dsch_0360

モミジの紅葉の後ろには桜の花がちらほら咲いています。
「彼岸桜」と言って、秋に咲く品種のようです。


スケッチ会は半日だけでしたが、また機会を見つけてゆっくりと訪れたいと思いました。



 

 

2021年11月 5日 (金)

念願の「日展」入選

ご無沙汰しています。
現在、東京六本木の「国立新美術館」で開催中の「第8回 日展(2021)」に入選出来ました。 
洋画部門(油彩画)で初出品、初入選です。


公募団体「示現会」に13年間在籍して2016年末に退会後、小品ばかりを描いている中で、「何か物足らない、また大作(100号)を描いてみたい」と、翌年2017年から再び100号の制作に取り掛かりました。 ただ、その後は毎年、「日展」の出品要綱を取り寄せながらも出品する自信が無く何年も過ぎ、今年の6月になって60代最後の年、今年こそは出品しようと再び加筆して10月に出品しました。 10月17日に届いた日展事務局からの速達通知をおそるおそる開いて見ると「入選」の文字がありました。 4年越しの出品でようやく念願が叶いました。





Dsch_0203tori

「安曇野五月」  油彩 F100号




Dsch_0209tori






Dsch04301





Dsch04290





Dsch04289





Dsch_0199tori






Dsch_0198





Dsch_0195





No8-2021



日展は、国立新美術館(東京六本木)の1~3階で
11月21日(日)まで開催中、火曜日休館日
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門

« 2021年8月 | トップページ | 2022年1月 »

カウンター

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック