Blessing of the light

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月19日 (水)

浜松城公園へ(2)

先日は友人の通う絵画教室の絵画展が浜松で開催されているので見に行きました。 
その後は、せっかく浜松まで来たので、少し足を伸ばして浜松城公園に出掛けました。  今回はその紹介の2回目です。

Dscb09592



浜松城周辺は、街中にありながらとても起伏に富んで、城が築かれたのも納得できる地形です。   城の下には庭園があります。

Dscb09566



大きな滝や、流れ、石橋など、良い趣き風情の庭です。

Dscb09569




Dscb09574



もう少し早ければ、紅葉がきれいだったかな。

Dscb09579




Dscb09576




Dscb09598_2




Dscb09590



大手通り、市役所前の歩道から浜松城が見えます。

Dscb09601



市役所前の街路樹に「リス」が。
植え込みで何か動いたと思って見たら、急いで街路樹に登って行きました。  娘がこの近くの高校に通っていましたが、学校にも「リスが出て来るよ。」と言っていました。 街中ですが、このあたりの林には野生で生息しているようです。

Dscb09600


と言う事で、2回に分けて浜松城周辺を一部ですが、ご紹介しました。
もし、浜松に来れられる機会がありましたら、ぜひ訪れて見てください。

2018年12月12日 (水)

浜松城公園へ(1)

先週は友人の通う絵画教室の絵画展が浜松で開催されているので見に行きました。 
その後は、せっかく浜松まで来たので、少し足を伸ばして浜松城公園に出掛けました。 風が冷たい日でしたが楽しかったです。

浜松へは車で1時間ほどですが最近はJRで行く機会が多いです。  私の街湖西市の新所原駅から浜松駅までは25分掛かります。



Dscb09550_3
JRの車窓から北側を見た風景(新居駅―弁天島駅間の鉄橋)

JR東海道線が浜名湖を渡る場所です。 「今切」と呼ばれる所で、浜名湖が太平洋と繋がっている場所。   奥が浜名湖で、新幹線の鉄橋が見えますが黄色枠の中に富士山が見えます(拡大画像は次の画像で)



Dscb09550_2
前の画像の黄色枠部分拡大画像
新幹線の線路 支柱の間に富士山が見えます。  干潮、満潮時にはかなりの速さでこの水路を水が出入りします。



JRの車窓から南側を見た風景

遠くに見える橋が浜名バイパス(現在は国道1号線になっています) この橋の下で浜名湖は太平洋に繋がっています。   左側は弁天島、数年前にワンオクのライブが行われた渚園、花博の行われた「浜松ガーデンパーク」があります。

Dscb09552



浜名湖は、黄色部分(今切)で下側の太平洋(遠州灘)と繋がっている汽水湖です。  もとは砂州によって区切られていた淡水湖が、1498年の大地震と高潮により、砂州が決壊し外海と通じたと言う事です。

Photo



浜松城    天守閣(左)と天守門

Dscb09595


      天守門

Dscb09593_2



      天守門    平成26年140年振りに復元された。

2018128_3



天守門を入り、天守閣を見る。   浜松城の天守閣は市民の募金運動で集められた浄財等により、昭和33年(1958年)再建され、今年は60周年を迎える。   石垣は昔のままという事です。
Dscb09564_2_2



天守閣から南西の方角を見た様子。
右側はJR浜松駅方面。  1番高い建物はアクトタワー(高さ212m、地上45階建)が見えます。    手前は天守門。

Dscb09582_2



天守閣から西側の方角を見た様子。
中央に富士山が見えます(次の画像)   左側の建物はホテルコンコルド浜松。

Dscb09583



頂上に雪を被った富士山。


Dscb09591



◆次回は、城の周辺をご紹介します。






2018年12月 4日 (火)

京都旅行(5)

京都旅行からすでに3週間が経過しようとしています。  まだ、少し紅葉には早い感じでしたが、今頃はピークも過ぎている頃と思われます。

初日に訪れた左京区にある「蓮華寺」  こじんまりとした小さなお寺ですがとても魅力ある寺で、今回訪れた9つの寺の中で私の一番のお気に入りになりましたので、改めてご紹介します。


細い路地の突き当りに、こじんまりとした門構え、門をくぐるのがわくわくします。

Dscb08718_2




Dscb08729




Dscb08733
良い風情です、好きな佇まい。



Dscb08747_2




Dscb08775
部屋の中から見ると、庭園は額縁の中の絵画のように。



Dscb08770




Dscb08769




Dscb08753




Dscb08759
木々に囲まれ落ち着きます。



Dscb08757




Dscb08780
緑、黄、赤色    グラデーションが見事


紅葉のこの時期は鮮やかで華やかだけれども、新緑の頃もまた違う落ち付いた風情を見せてくれるのかな。  またその頃にも訪れてみたいものです。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

カウンター

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック