Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

安曇野・白馬村取材から(4)

安曇野・白馬村取材からの4回目。
今回は取材2日目の様子をご紹介します。  2日目は朝から曇りがち、時折、小雨も降ってきました。 


AM 5:42  押野崎(現安曇野市、旧明科町)の犀川橋から常念岳を望みますが、雨がパラパラ霞んで見えます。

Dscb05676




Dscb05677
「安曇節」の歌碑 ( 歌詞の一部)      

   「安曇節」の唄の中で、槍ケ岳で北に流れた高瀬川と南に流れた梓川は、やがてここ押野崎で巡り逢うと、唄われています。 ここは梓川が奈良井川と合流した犀川と中央から穂高川、北から高瀬川の三川が合流するところです。  犀川はやがて千曲川、信濃川と名前を変えて日本海に流れます。


AM 7:20  「北アルプス展望美術館(旧池田町立美術館)」前から
う~ん、北アルプスが。  こんな時もあります、いつも良い天気のはずが無いか~。 有明山はかすかに中央に見えますが、雨も降って来ました・・・(-_-;)

Dscb05707tori




Dscb05721tori
AM 10:08 山下大五郎画伯のスケッチポイント。



このスケッチポイント には看板も建てられています。

Dscb05724




Dscb05765
ここも、山下大五郎画伯のスケッチポイントです。



同じくここにも看板があります。

Dscb05763




Dscb05801
茅葺屋根の家。   向井順吉画伯の作品を思い出します。



PM 0:20    高瀬川に架かる宮本橋から
少し天気も回復してきましたが、まだ、時折降る雨に常念岳、有明山が霞んでいます。

Dscb05806



安曇野市の穂高有明にあるガレットのお店「ブレ・ノワール」へ寄りました。   
「ガレット」はフランス北西部の郷土料理である料理・菓子で、そば粉を材料にしているようです。  クレープと似ているかもしれません。

Dscb05825




Dscb05817
このガレットのお店にはギャラリーが併設されています。   ちょうど、水彩、パステル、創作人形の各作家さんによる「三人展」が開催されていました。


実は安曇野に在住の Facebook の友達から、「ぜひ安曇野で個展を開催してください。」 と言われていて、私自身も安曇野の風景作品はたくさん描いているので、一度、安曇野で個展を開催したいと思っていました。   と言う事で、今回、ギャラリーを下見しようと寄った次第です。   実現すれば来年の5月中旬頃に開催したいと思っています。

2018年6月16日 (土)

安曇野・白馬村取材から(3)

安曇野・白馬村取材の続きです。   
一日目の取材も白馬村、小川村、美麻村と廻り、大町市に戻って来ました。  大町市の郊外から、後立山連峰(左は爺ヶ岳、右は鹿島槍ヶ岳)がを見ながら、さらに南下して池田町に入ります。

後立山連峰(大町市郊外から)

Dscb05653




Dscb05657tori
池田町・堀之内あたり
ここから「大峰高原」に登ります。



大峰高原にはNHK・Eテレ教育番組 「いないいないばあっ!」 の中で歌われた「七色大カエデ」 があります。  今は緑一色です。

Dscb05659

♪ カエデの木のうた ♪   作詞:三浦徳子 作曲:つんく 

~僕の背の何倍も大きなカエデの木   僕が大きくなったって追い越せないよ~
と歌う  うーたん、ワンワン です。

106409491




Dscb05660
こちらは 「中カエデ」かな。



Dscb05666




Dscb05674
「カミツレ」って何だろうと思ったら、「ジャーマンカモミール」の事でした。   カモミールはハーブの1種で、ハーブティー、ポプリ、入浴剤の他、生薬としても使われるようです。


ジャーマンカモミールの花

Photo



それにしても、5月中旬と言うのに真夏日のような暑さ。  道の駅 「寄って亭・松川」に寄りアイスコーヒーで一休み。   カウンター席からは有明山が見えます(信濃富士と呼ばれています)

Dscb05675



これで初日の取材を終えて、安曇野市の穂高有明にある日帰り温泉入浴に入りました。  15年間の間、いつもお世話になった温泉施設「しゃくなげ荘」がリニューアルされて 「しやくなげの湯」となり、初めての利用でした。




2018年6月 9日 (土)

安曇野・白馬村取材から(2)

安曇野・白馬村取材から の2回目
5月16日、早朝は恒例の白馬村を見たので、今回は18年目の訪問の中でまだ訪れていなかった小川村、美麻村(現在は大町市に編入)に廻ってみました。


白馬村の大出公園から406号線で長野市・鬼無里(きなさ)を目指します。 行けども行けども山の中、少し不安になりましたが峠から振り返ると、北アルプス(後立山連峰)が見えました。  左から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳。

Dscb05537




Dscb05547
鬼無里に入り県道36号線に入ろうとしたら、道路工事で通行止め ガ~ン! 迂回路を見逃してしまって、ガソリンも残り一目盛りを切って益々不安に。  丁度、見かけたガソリンスタンドで給油しながら迂回路を聞いて一安心。  迂回路の山の上から振り返ると「戸隠山」かな、写真で見た事のある山が見えました。




小川村に到着。  少し霞が掛かっていますが素晴らしいパノラマが広がります。 いつも見ている所よりはかなり離れた位置から見る北アルプスも新鮮な感じがします。

Dscb05570_2




Dscb05587



小川村を後にして、美麻村(現在は大町市)にある中山高原に向かいます。

Dscb05590tori




中山高原に到着です、きれいな菜の花畑が広がっています(入場料は無料です)

Dscb05592




Dscb05596
5月16日ですが、菜の花の見頃はGWの頃だったようです。  近くで見ると菜の花はもう終わりかけているのが分かります。



GWの頃に見れば最高の菜の花と北アルプスが望めたと思われます。  この後は「菜の花」から「蕎麦の花」に代わり、真っ白い風景が見られるようです。  北アルプスは左から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。


Dscb05600




Dscb05614
ここはNHK連続TV小説「おひさま」のロケ地だったんですね。  記念碑が立っていました。



「鹿島槍ヶ岳」と菜の花

Dscb05625




5月下旬と言うのに真夏日のよう。  あまりに暑いので園内にあるカフェで一休み。  トッピングで載っていた蕎麦の実が美味しい。

Dscb05628



この後は大町市街から北安曇郡池田町に向かいます。

2018年6月 1日 (金)

安曇野・白馬村取材から(1)

6月に入りました。  先月下旬に長野県の安曇野・白馬村方面の取材に出掛けました。  すでに出掛け始めてから18年目になりますが、今回は初めて訪問する場所が何箇所かあります。  それは次回にご紹介するとしてまずはいつもの場所から。


例のごとく、前日の午後に浜名湖畔の湖西市を出発して、中央道、長野道を通り夜中に安曇野ICの手前にある梓川SAに到着して翌日の朝まで仮眠しました。  いつもの事ながら長距離のトラックがエンジンを掛けたまま休憩、仮眠をしているので騒々しいのは昔と変わりません。


AM 4:40  早く起きて活動開始。  まずは、いつもの道祖神に挨拶をしました。 

Dscb05444




Dscb05447
常念岳が霞んでいます、まだ、残雪に間に合った。




AM 5:51  中綱湖畔で。   早朝は風が無いのできれいに水鏡が見えました。  桜の時期は過ぎましたが、開花の頃にはカメラマンが湖畔にひしめき合っている場所です。

Dscb05460




Dscb05464
釣りをする人は早起きです。




AM 6:42  白馬村に入りました。  白馬連峰がきれいに見えます。  GWの頃は川をまたいで「鯉のぼり」がたくさん泳いでいる場所です。

Dscb05474




Dscb05476
左端に長野オリンピックで活躍したスキーのジャンプ台が見えます。



AM 7:00  お気に入りの場所で記念写真を。  ぎりぎりセルフタイマーに間に合いました
 (^-^;

Dscb05486_2_2




Dscb05508
AM 7:28  大出公園に到着しました。  桜のシーズンにはカメラマンや絵を描く人達で一杯のこの場所も誰もいません。   これから出かけて来るのかもしれません。



ズームしてみると迫力で雪山が迫ってきます。  中央は白馬三山の一つ「白馬鑓ヶ岳」

Dscb05523




Dscb05525
五竜岳、頂上付近の雪形「武田菱」もまだなんとか見えます(拡大した様子は次の画像)




Dscb05528



次回は、初めて訪れた小川村、大町市美麻の中山高原をご紹介します。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

カウンター

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック