Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 伊良湖旅行 | トップページ | 3ヶ月振りに山奥のカフェへ »

2017年4月13日 (木)

長篠城址へ

今日の記事はブログ友達である 「とし君」さんの「十八番」に立ち入ってしまいますが 「ごめんなさい。」
先日、新城での美術協会の会合が夕方からありましたが、時間があったので奥三河のあちこちをドライブしました。   その中で「長篠城址」と言う史跡に寄ってみました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


ここは(合戦の場所は少し離れた設楽ヶ原)は、1575年に武田軍と織田・徳川連合軍が戦った場所です。  ちょうど桜が見ごろを迎えていました。  城址には「長篠城址史跡保存館」が建てられていて、歴史上の資料が展示されています。 

Dsca07001




Dsca07007tori
現在、浜松市、新城市の各地には、この「のぼり」が建てられています。
井伊家ゆかりのまち 2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」   TVドラマのおかげ
で確かに街は少し活気付いているようです。




お堀の跡です。

Dsca07006




Dsca07009_2




Dsca07012
長篠の合戦があったのは 1575年とありますので、すでに442年の年月が流れている事になります。  改めて、この場所で多くの人により戦いが行われた事を思うと感慨深いものがあります。



長篠城が川と崖に囲まれた自然の地形を生かした造りだった事がわかります。

Dsca07015




Dsca07063
正面奥が本丸があった場所。



現在は、本丸跡には何も残っていません。

Dsca07020




Dsca07054
手前はJR飯田線



兵どもが夢の跡・・・。

Dsca07033




Dsca07050
すぐ南側の豊川には「新東名高速道路」の高架が見えます。  また、この近くの合戦場跡である「設楽ケ原」には新城ICができています。   便利さゆえと思いますが、歴史上の重要な場所に高速道路が作られる事は複雑な気持ちです。   全国各地でこのようなところがありますが。


 

« 伊良湖旅行 | トップページ | 3ヶ月振りに山奥のカフェへ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

長篠の戦の場所ですか。
有名ですね。
桜とマッチしていますね。
史跡を訪ねてみるのもいいですね。happy01

◆桃太郎さん コメント ありがとう。
私の実家から15分ほどの場所ですので、
時々訪れていましたが、桜の時期は初めてです。
壮大な史実に触れてみるのもいいですね。

  長篠城址の桜は、地元では、
案外知られているようですが、
今年は、まだ行けないでいます。rvcar
 長篠合戦、織田信長本陣址のすぐ隣に、
新東名のサービスエリアができ、
外からでも入れるので、先日行ってきました。restaurant
 他方、近くの「本陣」が、昨年11月閉店するなど、
栄枯盛衰を感じます。happy01

◆とし君さん コメント ありがとう。
長篠城址は実家の近くにありながら、保存館は入ったことがありません。
次回はぜひ入館してみたいと思います。  ここで何があったのか、歴史を知ることは大事なことですね。  「本陣」は入らずじまいになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/65146122

この記事へのトラックバック一覧です: 長篠城址へ:

« 伊良湖旅行 | トップページ | 3ヶ月振りに山奥のカフェへ »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック