Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 友人のグループ展へ | トップページ | 豊橋総合動植物公園へ »

2017年3月11日 (土)

天竜浜名湖鉄道で美術館へ

先日は、浜松市の北部、天竜区にある「秋野不矩美術館」へ出掛けました。   
この美術館を訪れるのは2回目ですが、今回は「天竜浜名湖鉄道」と言って、私の街、湖西の新所原駅を起点として浜名湖の北部を巡り、浜松の東、掛川駅まで接続しているローカル線で出かけました。  美術館はこの鉄道のほぼ中央「天竜二俣」駅の近くにあります。


新所原駅からスタートです。  ここにも「直虎」のぼりが。

Dsca06200




Dsca06274
途中の駅「寸座」   私が何枚か作品で描いている所ですが、浜名湖の湖上を東名高速道路が走る場所です。   正面側は「舘山寺温泉」になります。




新所原駅~天竜二俣駅まで、1時間12分 掛かりました。  駅から美術館まで徒歩15分です。   美術館入口の案内板。   今回はこの二人、地元浜松市出身の若き画家の特別展を見ます。
作品、プロフィールはこちら ⇒ http://kosai-art.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-111e.html

Dsca06226




Dsca06240
山の斜面に建てられた美術館。    日本画家「秋野不矩」の出身地はこの「二俣」と言う事です。



館内へは靴を脱いでスリッパに履き替えて閲覧をします。

Dsca06235




Dsca06255
途中にあるお寺「栄林寺」    南北朝時代(1365年)曹洞宗の寺として開かれたとか。




今では珍しい「転車台」もある天竜二俣駅を図案にした戦国武将の大きな掲示物が。   それにしてもずいぶんイケメン揃いです。   「直虎」もいます。

Dsca06261




帰りはなんと、「直虎」のラッピング列車。  ラッキー!

Dsca06266




Dsca06265_2
列車の側面には、大きな「柴咲コウ」の姿が。




「西鹿島」駅からは浜松までの「遠鉄電車」が接続しています。

Dsca06270_2





Dsca06279_2

天浜線は新所原駅から天竜二俣駅まで片道¥1,000 往復で¥2,000 でしたが、後で気が付いたら、この区間の一日フリー切符がある事が分かり、何と¥1,450 で¥550円も割引になります。   美術館の入場料¥500 が浮いてしまうとてもお得なフリーキップです(しかも、西鹿島から浜松までの遠鉄電車にも乗れます) 気が付くのが遅かった (-_-;)
ろいろな

他にもいろいろな「フリー切符」があります。

Dsca06281



たまにはローカル鉄道で、ゆったりといろいろ巡るのも良いものです。

« 友人のグループ展へ | トップページ | 豊橋総合動植物公園へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

素敵な美術館に直虎のラッピング列車、
楽しめましたね。
春になってドンドン出かけたくなりますね。happy01

こんにちは。

わたしも去年の夏に二俣へ行って、秋野不矩先生のご出身が
当地だと知りました。ながく京都市立芸大の先生をされてたので
関西の方かと思ってましたが。

また春休みの18きっぷのシーズンが巡ってきました。
夏・冬に続いて、春の浜名湖も訪ねましょうか(笑)

今は、天竜区なんですね。昔、天竜市だった頃、浜松で働いていたので、天竜出身の同僚の家に泊まりで遊びに行きました。夏だっので、バーベキューしたあと、夜空の星が、とっても綺麗でした。
直虎に出てくる、お寺も行ったことあります。
遠鉄も西鹿島行きが、浜松で停車してるのを、よく見ました。私はJR なので、遠鉄デパートぐらいしか、利用してませんでしたが。
二俣は、家族のドライブで、いったような~~懐かしいです。フリーキップ、お得ですね!
美術館、いつか行って見たいです。

◆桃太郎さん コメント ありがとう。
この美術館は2回目の訪問でしたが、今回は私の娘も通った高校の
地元の画家さん2人の展覧会と言う事で、楽しく見てきました。
1時間ほどの列車での旅を、のんびりと楽しみました。

◆なかっちょさん コメント ありがとう。
昨年秋に天浜線での旅もされたばかりでしたね。
佐久米駅では、あいにく「ゆりかもめ」は見れませんでしたが、
1時間余りの列車の旅を楽しみました。
地元にいながら天浜線は初めての乗車でした。

◆ぽえむちゃん さん コメント ありがとう。
このあたりは懐かしい場所なんですね。
「龍潭寺」は大河ドラマ「直虎」の効果で、多くの観光客の方が
訪れているようです。  「秋野不矩美術館」 も静かで落ち着いた
山の中ですので、ぜひ訪れて下さい。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/64998854

この記事へのトラックバック一覧です: 天竜浜名湖鉄道で美術館へ:

« 友人のグループ展へ | トップページ | 豊橋総合動植物公園へ »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック