Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月27日 (火)

JR新所原駅リニューアル

私の住んでいる所は、静岡県の浜名湖西岸に位置する湖西市(コサイシ)の中でも一番西の端、愛知県との県境にありますが、時々利用するJR新所原駅のリニューアル工事が終了し、先月27日にオープンしました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


今までの駅は北側にのみ乗降口があり、駅南側に住む私は踏切を渡り北口へ回らなければなりませんでした。  駅の南側に住宅、企業が増えるにつれてかなり早い時期から南口の開設をJR東海、湖西市に懇願していましたが、今回、駅舎を2階に上げて南北を繋ぐ自由通路を設け、南口ができました。



JR新所原駅の北口側  左端は「天竜浜名湖鉄道」の新所原駅 この駅舎内にはウナギ弁当のお店があります(テイクアウト可)

Dsca04422




Dsca04424
北口の様子。  上りエスカレータ、エレベーターも設置されて便利になりました。



南北を繋ぐ自由連絡通路

Dsca04427




Dsca04431
中央にある切符売り場、改札。
ここから上り浜松方面、下り豊橋方面のホームへ降ります。  階段とエレベーターがあります。




Dsca04433
南口への降り口



南口から駅前を広場を見ると、お店などは1軒も無くちょっと殺風景な様子。  これからお店ができたりして活気が出てくるといいのですが。

Dsca04438




Dsca04449
南口の様子。  階段、昇りエスカレータ、エレベーターがあります。




Dsca04441
南口から見たJR新所原駅の様子。



早速、朝夕は駅南側にある企業の送迎バスや乗降客で賑わいますが、日中は利用する人も少なくひっそりとしています。   有料駐車場等、これから駅前の整備が進んでくると思われます。

2016年12月24日 (土)

モミジの紅葉も終わりに

12月も下旬になりクリスマスに浮足立つ時期ですが、我が家の前庭で彩を楽しませてくれたモミジの紅葉も、いよいよ終わりを迎えました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


12月中旬、ようやくピークを迎えた前庭のモミジ。  昇り始めた朝日に輝いています。

Dsca04571tori




Dsca04570
2階から見た前庭の様子
3本のモミジがありますが、モミジの間で葉を落としている落葉樹3本はハナミズキ、一足早く紅葉を終えて落葉しています。




Dsca04575




Dsca04746




Dsca04749




Dsca04766




Dsca04840




22日(木)夜の激しい雨と強風で、23日(金)の朝起きてみると、ほとんどの葉が一気に散って裸木になっていました (-_-;)

Dsca04849




Dsca04870
あまりの変わり果てた姿に、自然の「あやうさ、儚さ」を感じました。  


しかしこれで、今度は前庭もしばらくの間、「冬の風情」を楽しむ事ができます。

2016年12月17日 (土)

友人の絵画展に

先日、浜松市の東側にあたる磐田市で開催中の友人の絵画展に伺いました。  友人自身は絵画を、奥様はランプ・ステンドグラスの作品をと、夫婦でそれぞれの作品を展示されていました。  少し紹介が遅れてしまいましたが、まだ開催期間中ですので、ご都合の付く方はご覧になって下さい。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


案内状です。

2016_12omote




2016_12


会場はJR磐田駅から南へ少し行ったところにあるギャラリーが併設された喫茶店です。
今回は水彩画の作品が多かったのですが、バラの花が美しく表現されています。

Dsca04474tori




Dsca04504




この美しいバラの作品を描くために、自宅の庭に120本のバラを栽培されているそうです。  その管理の大変さもお聞きする事ができました。

Dsca04491_2




Dsca044962




何回か、ヨーロッパを旅行されているようです。

Dsca04513




Dsca04514




これは油彩作品。 F4号

Dsca04519




奥様の制作された、ランプ・ステンドグラスがきれいに輝いています。

Dsca04506




Dsca04501

2016年12月 9日 (金)

渓流沿いの紅葉を見に

先月の下旬、新城市の文化会館で開催中の私の絵画展を午後3時に抜けて、北部の山間部へ行ってみました。  作手という地区になりますが紅葉のスポットがあり、紅葉の様子が気になっていたものです。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


今年2月に開通した新東名高速道路の高架下をくぐり、山に登って行き「戸津呂」と言う地区です。  右側のカーブに大きなモミジの木があります。  すでに夕方になり鮮やかさは期待はできませんでした。  もう少し後の方が紅葉のピークのようです。

Dsca04225tori



この辺りを源流とする「巴川」と言う川沿いに下ってみました。  モミジが集まっている場所があります。  ここは過去に4枚ほど作品を描いた事のある場所です。   渓流の風景がとてもきれいです。

Dsca04240




Dsca04246




Dsca04255_2




Dsca04261




Dsca04264




Dsca04276




Dsca04268




Dsca04272
土が流されて、根が露出しています。




Dsca04314




Dsca04317



もう少しで紅葉のピークと言う感じでしょうか。  数人の方が写真を撮っていましたが、引き上げる頃には夕方4時を過ぎて陽が傾き薄暗くなっていました。



2016年12月 1日 (木)

2年振りのライブへ

先日は2年振りにライブを聞く機会がありました。  「TOMOKO」さんと言う若い女性ですが、50年ほど前に日本中にエレキブームを巻き起こしたエレキギターのインストゥルメンタルバンド 「ザ・ベンチャーズ」の演奏を中心にずっと全国ツアーをされている方です。   ソロの為にそれぞれのツアー先の地元バンドと組んで演奏していましたが、最近はベース、ドラムスを加えたトリオで演奏を行っているようです。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



先回の2年前は愛知県豊橋市・広小路のライブハウス「サウンド・スタッフ」、今回は静岡県浜松市西区舞阪町・弁天島の温泉街のライブハウス「コニーキャッツ」が会場です。  18:30 いよいよ 開場です。

Dsca03810_2



19:00 に開演し前座を担当した地元の2つのバンド演奏の後、いよいよ 「TOMOKOトリオ」 の演奏が始まりました。   懐かしいサウンド、20代の頃に勤め先でやっていたバンドの音がよみがえってきます。

Dsca03843_2_2




Dsca03858_2



ザ・ベンチャーズのファンなら誰でも知っている、モズライトのベンチャーズ・ロゴの入ったギターヘッド。

Dsca03860_2




Dsca03869_2
ギターを持ち替えます。  初めて見るギターは構造からして軽そうな感じです。



休憩タイム   ドリンクバーは懐かしい昔の雰囲気。

Dsca03812_2




Dsca03822_2
こちらはビュッフェ、お腹を満たします。



トークを交えながらステージが再開。

Dsca03867_2




Dsca04035_2_3




Dsca03973_2




Dsca03924_2


久しぶりに聞く、体感するエレキの大音量はしばらく耳に残っています。     それにしてもお客さんは、やはり私と同年代の60代くらいの方ばかり、もう40年も経ってしまいました。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック