Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 野趣にあふれたカフェへ | トップページ | 第6回示現会遠州絵画展 »

2016年10月15日 (土)

2016 秋祭り

週末になると各地で秋祭りが開催される時期です。  先週は地元の秋祭りでした。  地元には秋祭りは無かったようですが、長女が生まれた年に祭りがスタートしてすでに36年が経ちました。  今ではこの辺りでは盛大な祭りになりました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



金曜の夕方、裏通りの地区集会所では祭りの準備が進んでいます。  並木(ナンキンハゼ)は祭りに合わせてか、すっきり剪定されました。

Dsc_02636_2




Dsc_02641_2
土曜日の朝、夜半に降った雨も止んで、まずは「子供みこし」からスタートです。
一昨年はジバニャン、昨年はオラフ。   今年は何だろう?   孫が遊びに来たので聞いてみたら「ミニオンズ」とか言うらしい。   ミニオンズ? 分からないな、遅れてる (>_<)




夕方になって、山車が廻ってきました。  このような山車が4台あり、それぞれの町内を回ります。 

Dsc_02647_2




202317_2




Dsc_02657_2
近くの駐車場で休憩中。




夜になって、中央の集会所では花火大会が始まりました。
まずは、未来の花火師たち(小学生)による、「子供ドラゴン」

Dsc_02659_2




Dsc_02665_2
これは、たぶん「ジバニャン」?




いよいよ、メインの勇壮な手筒花火がスタート。

230316




202315




23031
女性も手筒花火を出します。




230312





Dsc_02678_2
明日は良い天気かな?



◆ 手筒花火の動画です。  

⇒ https://www.facebook.com/takamoto.sugiura/videos/955997464529500/?l=6939154156793698754

湖西、新居地域の手筒花火は、豊橋を中心とした東三河地域で出される手筒花火と違って、最後の「ハネ」がありません。 それは迫力が無いように見えるかもしれません。 しかしハネの火薬を入れ無いことで、一か所に留まって腰を落とし手筒をしっかりと抱えて、最後に爆発のように手筒が抜ける「ハネ」の衝撃の恐怖に耐える必要はありません。 したがって「ハネ」の衝撃から解放される事により、花火を出しながら自由に動き回り、踊る事さえ出来るようになりました。 浜に生きる人びとの自由奔放な気質から導かれた手筒花火の出し方のようです。

« 野趣にあふれたカフェへ | トップページ | 第6回示現会遠州絵画展 »

身の回り」カテゴリの記事

コメント

今年も秋祭りの季節ですね。
天気も良くて皆さん楽しそうです。
手筒花火はやっぱり迫力がありますね。happy01

◆ 桃太郎さん コメントありがとう。
金曜、土曜と夜は雨になりましたが、日中は何とか降らずに秋祭りを
無事に終わる事ができました。 祭りの見ものはやはり手筒花火ですね。
この時期は、東三河、湖西あたりの各地で行われます。

お祭りはワクワクしますねheart04
手筒花火、やっぱりカッコイイですねえ。
女性がいた!!すご~~い。

◆ Mikikoさん コメント ありがとう。
幼い頃から故郷で手筒花火は見てきましたが、出す機会は
ありませんでした。 しかし女性が出すようになるとは思いませんでした。
見ている方も迫力にドキドキしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/64350633

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 秋祭り:

« 野趣にあふれたカフェへ | トップページ | 第6回示現会遠州絵画展 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック