Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

サツキ山に

少し間が空いてしまいましたが、5月最後の投稿です。
私の家の前庭の中央には、40年前、家を建てる時に土を寄せて造った築山(高さは1m弱)があります。  父親が趣味でやっていたサツキの鉢植えを実家からせっせと運び、この山に植えました。  当初、それぞれが独立していた株も成長してお互いに絡み合って区別がつかなくなり、大刈込みとなっています。   現在ではいろいろな品種が混じって咲いています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)

Dsc_00131
今月、サツキを3本ほど掘り上げて平地にして、テラスを造成中(右下の部分)




Dsc_00076




Dsc_00081




Dsc_00083




Dsc_00085




Dsc_00079
花後の刈込み以外は何の手入れもしていないので、花数はすくなくなっています。




Dsc_09914




Dsc_09918




Dsc_09880




Dsc_00056




Dsc_00059_2




Dsc_00058


一年に一度だけ、こうして咲く健気な姿に愛おしさを感じます。

2016年5月19日 (木)

雨の日の庭で

先日まで雨の日が多かったので、私の家の前庭の様子(雨の日)をご紹介します。  
私の趣味の一つでもある「庭いじり」から造った手作りの庭で、業者の方に頼んで造った部分はありません。  しかし節約のために良い材料は使えないので、見栄えが良いとは言えませんが自分では気に入っています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


前庭の全景、約10m四方の広さです。
(2階から撮影、この写真だけは晴れの日に撮影したもの)

Dsc_09879
3本のモミジが大きな面積を占めていますが、 高木では他にハナミズキ4本、サザンカ2本、キンモクセイ1本が植えてあります。   中心部は築山になっていて主に低木のサツキ、ツツジジがたくさん植えてあります。   家族からは「緑が多いから蚊が多くて困る、減らして欲しい。」と言われ続けています。




雨の日は緑がしっとりと見えます。 

Dsc_09751




Dsc_09755_2
庭の中で最もお金が掛かっている場所。
織部型の灯篭(¥20,000)、蹲(30,000)   こればかりは手作りできません。  手前の敷石は河原で拾ってきたものです。 




いつもは水の無い空池ですが、雨が降るとガレージの屋根の降った雨が流れ込み水が溜まります。   ただ、雨が止めば数時間で元の空池に戻ります。

Dsc_09898




Dsc_09904
「蹲(つくばい)の水に蚊が湧く。」と、家族から言われてメダカを飼う事に。   これでは風情が無いですが、止むをえません。





庭の一番奥の所は、小川を模して石橋(90cmx45cm)が架けてあります。   一番のお気に入りの場所です。   左端に15年前、安曇野で衝動買いした「道祖神」が置いてあります。

Dsc_07981




Dsc_09133
敷石は、ホームセンターで購入(¥500~1,000 程度/個)




Dsc_09756



現在、この緑を少しだけ減らすために「庭いじり」を再開中です。   家族の意見も尊重しないといけません。

2016年5月11日 (水)

岩屋山の観音様たち

先日登った近くの岩山、「岩屋山」には頂上に立っている観音様を始め多くの観音様、羅漢様が祀ってあった。  よく見るとそれぞれにとても趣きのある表情をしていた。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


まずは、頂上の観音様をもう一度。

Dsc_09331_2_2




Dsc_09360
あちこちにたくさんの・・・。



Dsc_09363




Dsc_09365_2




Dsc_09366




Dsc_09367_2




Dsc_09371




Dsc_09380_2




Dsc_09460_2




Dsc_09464




Dsc_09468_2




まだ、まだ、バラエティーに富んだ羅漢様たちがたくさんいました。   またいつか訪れてゆっくりと見たいと思いました。
 

 

2016年5月 3日 (火)

岩屋山へ登る

私の住んでいる所から20分ほどの所を走る国道一号線沿いから、小高い山の上に立つ観音様が見えます。  もう40年以上もの間ずっと気にはなっていましたが、今回GWにこの山に登る事ができました。  
(各画像はクリックで拡大表示できます)


愛知県豊橋市大岩町火打坂と言う所で、この交差点(火打坂)から前方中央の岩屋山(70m)山頂に観音様が見えます。

Dsc_08443
旧東海道は私の住んでいる湖西市の白須賀宿を出て愛知県豊橋市に入り、二川宿を抜けて数百m西に進むと、この火打坂で右に曲がり市街地の吉田宿へ向かいます。  東海道を旅した昔の人々もここで観音様を眺めた事だろうと思います。




周辺は「岩屋緑地」として整備されていて、ふもとの駐車場に車を停めます。
「弘法大使」の像があります。

Dsc_09475_2




Dsc_09344
観音堂



「岩屋」の名前の由来?の洞窟。  いくつも観音様が祀られています。

Dsc_09345




Dsc_09336



 
山頂まで足場の悪い岩の道を登ります(西側登り口)。  登ると言っても標高70mの山ですから、ふもとからではたぶん30~40mの高さだと思われます。

Dsc_09394_2


最初の観音様は1765年に建立されましたが、第二次世界大戦でふもとの鐘楼の鐘と共に供出され、戦後1950年に再建されたもので高さ2.9mの大きさです。

Dsc_09417_2




Dsc_09429_2
それにしても、岩だらけの山のたいへんな所に立っているものです。




山頂からは360度のパノラマが広がります。  
眼下に国道一号線、JR東海道線、新幹線が走り、霞んでいなければ太平洋まで一望できます。

Dsc_09406




Dsc_09412
西側には渥美半島、三河湾が見えます。




Dsc_09434
東側には展望台のある大蔵山(106.4m)が見えます。
足元は東側の登り口があります。


山登りとはとても言えない高さですが、ずっと気になっていただけに達成できて楽しい山登りでした。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック