Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月25日 (月)

東栄町・岩山に登る

先日、愛知県の北東部、北設楽郡東栄町にある「岩山」に登りました。   この「岩山」には山頂の直下に弘法様と行者様が祀られていて、毎年、4月15日に地元の年中行事として山に登り神事が行われますが、平均年齢が70歳以上と高齢化が進んだことにより、山に登れる人が減少しているそうです。  そこで最近では地域外の方が応援して登っているようで、私もこの地元に住んでいる facebook の友人を応援するために登りました
(各画像はクリックで拡大表示できます)


午前9時、ふもとにある友人のお宅に到着。  目の前にそびえる「岩山」が見えます。

Dsc_08778_2_2




Dsc_08777_2
すると、山頂付近から「ヤッホー」の声が。  すでに岩山に登っている方たちがいるようです。 (画像は、ひとつ前の画像の山頂中央部分のズーム画像)




登り口まで少し歩きます。

Dsc_08783




Dsc_08797_2
木々が生い茂る山道を登ります。




だんだんと登りがきつくなってきて息遣いが荒くなってきます。

Dsc_08811_2




山頂近くにある「のぞき岩」から、先ほど登り始めたふもとの集落、尾籠(おろう)が見えます。  ここは2枚目の画像、先に登った方たちが「ヤッホー」と声をかけた岩です。  しかし、後から画像を見れば絶壁、とても危険な場所でした。

Dsc_08903




Dsc_08871
遠くには残雪の南アルプスも見えます。  




頂上はとても狭い。  標高700m(710mと言う札もありましたが)です。

Dsc_08876




Dsc_08877
すぐ南にある「明神山(1,016m)」が見えます。




昼食をした後、下山すると、ふもとの集落ではお祭りが行われていて、舞も奉納されていました。

Dsc_08919_2




Dsc_08830
登山の途中でよく見かけた「アカヤシオ」  ツツジの仲間のようです。





Dsc_08787
ふもとの集落にはいたるところに「ハナモモ」が咲いていました。   「花の集落・尾籠(おろう)」と呼ばれているそうです。


後で聞いてみると、この日は80人が登山をしたようですが、地元方は5名との事でした。

2016年4月17日 (日)

桜の「桜渕公園」へ

もう、一週間前になってしまいましたが、故郷、愛知県新城市の「桜淵公園(地名表記は桜渕)」を訪れました。  桜は全体的にはややピークを過ぎていましたが、樹によっては満開のものもあり楽しめました。 
(各画像はクリックで拡大表示できます)


この時期だけは賑わっているボート乗り場。  常駐しているカモたちも一緒に泳いでいます。

Dsc_08601




Dsc_08613




Dsc_08620
ここ数日、熊本、大分方面で発生している大きな地震で名前が出てきた「中央構造線」は、この豊川沿いに走っていると言われ、少し不安ではあります。




Dsc_08624




Dsc_08630
上から川面を見下ろしてみると、かなりの高低差があり起伏に富んでいる公園です。  地元では「三河の嵐山」と呼んでいるとか、いないとか (^-^;





この冬に塗り代えられて、きれいになった「笠岩橋」
長さ113mあり、川面からの高さ17m とのことです。  吊り橋ですが歩いて揺れる事はありません。  この吊り橋によって南北の川岸が繋がり、南側に大きな駐車場ができました。  この桜の時期のみ駐車場は有料になります。

Dsc_08641




Dsc_08672
吊り橋の中央付近から、豊川の川下を見たところ。  遠方の高い山は「本宮山(789m)]

南側の駐車場横では、出店があったり花見客がいました。  

Dsc_08657




Dsc_08660

この辺りの桜は、結構見ごろでした。



Dsc_08647_2




   Dsc_08667



桜の時期が最もきれいな公園ですが、いつ訪れてもそれぞれに風情のある姿を見せてくれて、私にとって子供の頃から遊び回った懐かしい場所です。  いつまでもこの姿を残してほしいものです。




 

2016年4月12日 (火)

2016 第69回示現会展へ

先々週の土曜日、東京・六本木の国立新美術館で開催中の「示現会展」を見に行ってきました。  私の所属する「示現会」は全国規模の絵画団体で、会員数は約1、000名、全国に14の支部があります。  具象絵画の団体です。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



いつものように、浜松発 7:00 のJR高速バスで渋谷まで4時間、往復¥6,370 です。  新幹線の半額以下なので経費節減のために4時間をガマンです。

私が出品を初めた頃は上野公園の東京都美術館が会場でしたが、その後、六本木に国立新美術館ができて会場が移り、すでに10年目の出品となりました。  
桜も見ごろを迎えていましたが、こちらは六本木ヒルズの森タワー。

Dsc_08005



国立新美術館

Dsc_08007




Dsc_08160_2_3




2階の「示現会展」入口

Dsc_08009



全体で、979点の作品が29の部屋に分けて展示してあります。  
第1室の展示の様子、主に役員の方々を中心とした展示で、130号クラスの大作も多い。

Dsc_08034_1




Dsc_08030_1_2



第24室の展示、私の作品は中央下段にあります。

Dsc_08093




Dsc_08092_2

「涼風白馬村」  F100号   私の作品です、昨年5月の取材旅行から描いた作品




国立新美術館では3つの公募展、2つの企画展が開催されていました。

Dsc_08001_2



と言う事で、昨日11日(月)に会期を終了致しました。  この後は6月の名古屋、8月の浜松での展示になります。

2016年4月 4日 (月)

春の東京へ

この時期、恒例となっている私が所属する絵画団体の絵画展を見に、東京の国立新美術館へ出掛けましたが、その前に facebook の友人の紹介で銀座で開催されている方の個展に伺いました。 
(各画像はクリックで拡大表示できます。



いつものように浜松から渋谷まで高速バスを利用しました。  片道4時間かかりますが経費削減のために止むをえません。  往復で¥6,370  新幹線の半額以下です。
渋谷駅交差点のサクラも見ごろでした。

Dsc_07984




Dsc_07986
「忠犬ハチ公」もイベントに参加しているようです。




銀座に到着、数寄屋橋交番の桜も見ごろです。

Dsc_07992




Dsc_07990
40数年前に、勤め先の本社に出張した際に訪れたこの場所を懐かしく思い出します。




ソニービルの隣の「日動画廊」で、友人から紹介のあった画家さん、 「小木曽 誠」さん
の個展が開催されています。  4月8日(金)まで開催中。
 Dsc_07997




あいにくお昼休みで画家さんは外出されていましたが、少し待っていると戻られてお会いする事が出来ました。   50点ほどの作品が展示されていましたが、大変細密な絵を描かれていて、「ここまで表現できるのか。」と驚くばかりです。  
作品の撮影はできそうもなかったので、個展案内状から転載します。  

5247




6248




2244


どの作品も素晴らしく、改めて自分の力の無さを再確認してしまいました (>_<)


« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック