Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2016安曇野・白馬村へ(4) | トップページ | 道の駅でミニ鉄道に乗る »

2016年3月16日 (水)

2016安曇野・白馬村へ(番外編)

今回の安曇野・白馬村の取材旅行で、 2日目に宿泊したのは安曇野市穂高にある「民宿ごほーでん」  (各画像はクリックで拡大表示できます)

フロントで見たのは「田村能里子」の作品、油彩の大作。   中国はじめ国内外のいろいろな施設で数多くの壁画制作もされている著名な現代画家です。


最初に目に入ったのは、フロントのカウンター後部の壁に架かる大作 S100号?

Dsc_06785




Dsc_06786




Dsc_06786_2
確かに、このサインは「田村能里子」の作品に間違いなさそうです。




そして、さらに宿泊部屋に行く廊下のあちこちにも いくつかの作品が架けられていました。

Dsc_06770




Dsc_06771




これは大きくて50号くらいありそうです。

Dsc_06772




Dsc_06776




Dsc_06777_2_3




Dsc_06778


意外な所で意外な画家の作品を見れるとは思ってもいなかった。 おそらく館内を回れば、もっと作品があったのかもしれません。  これだけでも、価格以上の良い宿泊ができました。  これは、民宿のオーナーの趣味なのか?



最終日に、良いものが見られました。


Dsc_06792






« 2016安曇野・白馬村へ(4) | トップページ | 道の駅でミニ鉄道に乗る »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

作品との出会いもあるんですね。
嬉しいサプライズがあると記憶に残る旅行になりますね。happy01

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
宿泊場所に著名画家の作品が展示されていることはめったにありません。 
特に現代作家の方の作品は興味があります。
また、どこかで出会いたいものです。

こんばんは
久しぶりのコメントとなってしまいました。
また、こちらで絵に触れさせていただきますhappy01
先日葉山近代美術館に久しぶりに行ってきました。近いのですが、なかなかゆっくり行く時間が無く、もう少し音楽以外の芸術にも触れたいのですが・・・coldsweats02

◆ Mikokoさん コメント ありがとう。
安曇野・白馬村の取材から、すでに一月が経ち季節も冬から春に
変わりました。  東京への作品搬入も終わり一段落していますが、
季節の移り行く一こまをキャンバスに残していきたいと、また小品を
描き始めています。  秋には個展を開催したいと思っていますが、
どうなりますか (^-^;

こんばんは 楽しい春休みをお過ごしのようですね。  最近の
道の駅は個性的なものも多いですね。

田村さんの絵も素敵ですね! つい先日 ノーベル賞の大村さんの
美術館、韮崎の、に行きました。 田村さんの絵が壁の最初に
架かっていました。  やはりオレンジが強い絵でした。

大村さんのは 理屈っぽい絵でなく、素人の直観で選んだ気持ちのいい絵ばかりで すごく楽しかったです。  女性画家の絵か 女性が
描かれた絵か が殆どでした。

いつもコメントなどを本当にありがとうございます~!

◆bellaさん コメント ありがとう。
田村さんの作品はすてきですね、壁画等も見てみたいものです。
大村美術館は初めて知りました。 機会があればぜひ伺ってみたいです。

あすの土曜日は、六本木の国立新美術館へ出かけます。  
自分の作品が会場でどんなふうに見えるのか、ワクワクします。 
でもきっと見たらがっかりするでしょうね。  毎年そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/63355179

この記事へのトラックバック一覧です: 2016安曇野・白馬村へ(番外編):

« 2016安曇野・白馬村へ(4) | トップページ | 道の駅でミニ鉄道に乗る »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック