Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

2016安曇野・白馬村へ(2)

16年目を迎えた今回の安曇野・白馬村取材の2回目です。  今年も天候に恵まれてすばらしい風景に出会う事ができました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


JR大糸線の白馬駅の北東にある大出公園の続きです。
姫川に架かる吊り橋と茅葺屋根の家。

Dsc_06441




Dsc_06453




茅葺屋根にぶら下がった「つらら」

Dsc_06459




Dsc_06482
姫川と五竜岳。




五竜岳の頂上付近には「雪形」が見られます。  これは「武田菱」と言われている、武田軍の紋章です。

Dsc_06484




今年は雪が少ないので、道祖神も埋もれていません。

Dsc_06498




Dsc_06525
この車では初めての取材旅行です。  前のエブリィは15年間の取材に同行しました。 
この程度の雪ならタイヤチェーンの装着は不要です。




松川に架かる白馬大橋から白馬三山を望みます。

Dsc_06544




Dsc_06552
スキーのジャンプ台近くから。




宿泊するペンションに向かいます。   「みそら野」と言う別荘地にありますが、だんだんと雪が多くなってきます。

Dsc_06604_2




ペンションに到着しました。  一泊2食付き ¥5,900 の宿です。

Dsc_06572



◆ 次回3回目は取材2日目の様子をご紹介します。

2016年2月24日 (水)

2016安曇野・白馬村へ(1)

先週、安曇野・白馬村へ3日間の取材旅行に出掛けました。 3回ほどに分けてご紹介いたします。  この時期2月に出かけるのは久しぶりです。  初めて安曇野・白馬村を訪れたのは2000年ですから、実に16年も通い続けている事になります。  我が家(静岡県浜名湖西岸)から長野県安曇野市までは車で4時間半、約250Kmの距離です。  
(各画像はクリックで拡大表示できます)


まず、17日(水)の夜立ちで、長野道の安曇野IC手前にある梓川SAに深夜到着して朝まで仮眠をしました。  18日(木)朝より活動開始、 SAの展望台からは朝焼けに染まる北アルプスが見えました。  今日は期待できそうです。

Dsc_06220




一路、白馬村を目指しますが、途中、どうしても立ち止まざるを得ないすばらしい風景に出会い、何度か車を止めます。

Dsc_06278
高瀬川に架かる宮本橋から後立山連峰が、続いて右側には白馬連峰も見えます。




餓鬼岳。

Dsc_06285




Dsc_06296
大町市街の北側にある木崎湖と言えば、ここ。  「海の口」から対岸を望みます。  だんだんと雪が多くなってきます。




木崎湖の北にある中綱湖畔。 車が故障して止まっているわけではありません。
「大丈夫です! 駐車しているだけです。」

Dsc_06305




中綱湖の北にある青木湖畔、青く澄み切った水面が美しい。  
木崎湖、中綱湖、青木湖の3つを「仁科3湖」と呼びます。

Dsc_06310




白馬村に入り、もう少しで待望の「大出」に到着です。

Dsc_06325




大出に到着です、長靴に履き替えて雪道を歩きます。  そして出会えた光景は期待通りの雲ひとつない快晴の空を背景にした白馬連峰。  これ以上は望むもべきものはありません。  幸運でした (^  ^)/

Dsc_06352




Dsc_06326




雪は50㎝くらいは積もっているようです。  しかし数日前の雨で雪が締まっていますので、めり込むのは10cm程度。

Dsc_06399




Dsc_06512
白馬駅の東側から。  感動の取材初日を終えて宿に入ります。



次回は、19日(金)、2日目の取材の様子をご紹介します。



2016年2月17日 (水)

庭にやって来るお客さん

この時期、我が家の庭にはいろいろなお客さんが訪れます。  ミカンを切って置くと、入れ替わり立ち代わり忙しい攻防戦が繰り広げられます。 
(各画像はクリックで拡大表示できます)


まずは、一番強いヒヨドリ(鵯)  他のお客さんを蹴散らします。

Dsc_05461




Dsc_05456




Dsc_06104_2




Dsc_06178




メジロ(目白)   なんと言っても一番愛らしいお客さん。  おっと目が合った?

Dsc_05669_2




Dsc_05673




Dsc_06186




ムクドリ(椋鳥)   時々、訪れるお客さん

Dsc_06085




Dsc_06088




ツグミ(鶫)   庭の芝生まで下りました。

Dsc_06136




モズ(鵙)  このお客さんは、庭までは降りて来ませんでした。

Dsc_02432



他には、セキレイ(鶺鴒)なども見ますが、庭まで来てくれることはありません。

2016年2月10日 (水)

今年最初の絵画展

先日、今年最初の絵画展、「2016新城美術協会春季展」が私の郷里、愛知県新城市で開催されました。  展示された何点かをご紹介します。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


会場の新城文化会館展示室(右側の建物)

Dsc_05971




2016sinbisyunki_omote




Dsc_05987
私の作品  「浅春(白馬村・青鬼)」   F100号
昨年春の示現会展・東京(国立新美術館)出品作品、その後、名古屋、浜松に続いて4回目の展示。




私の作品  「涼風白馬村」   F20号   最新作品。

Dsc_05984




以下、作品タイトルのみ掲載します。

Dsc_05976
     「みなも」





Dsc_05979
「散策の道」





Dsc_05997
「木霊 №28 時の流れ」





Dsc_06002
「裸婦」





Dsc_06010
「冬のうた」





Dsc_05996
「作品16-1」





Dsc_05980
「参道(鳳来寺)」





Dsc_06012
「ざくろ(榴)」




Dsc_05992
「初夏」




2016年2月 3日 (水)

絵画展に

今日は隣町の浜松市で開催されている絵画展を見に行って来ました。
「一水会」という全国公募団体の一つで、私が所属する「示現会」と同じく写実絵画を主体とした会です。  静岡県西部地区に在住する出品者7名によって、今年初めて第1回目の地区絵画展を開催されたとの事です。
(各画像はクリックで拡大表示できます)

Dsc_05889_2
会場の「クリエート浜松」  この3Fにギャラリーがあります。





12




Dsc_05852
    「安曇野」    F10




Dsc_05876
「古都の秋」   F100




Dsc_05881
「壁」   P50




Dsc_05883
「SLと親子」  F100 




Dsc_05873




Dsc_05886




Dsc_05856




Dsc_05868
「過日刻々」   F100




Dsc_05857

      「裸婦」






« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック