Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 庭にやって来るお客さん | トップページ | 2016安曇野・白馬村へ(2) »

2016年2月24日 (水)

2016安曇野・白馬村へ(1)

先週、安曇野・白馬村へ3日間の取材旅行に出掛けました。 3回ほどに分けてご紹介いたします。  この時期2月に出かけるのは久しぶりです。  初めて安曇野・白馬村を訪れたのは2000年ですから、実に16年も通い続けている事になります。  我が家(静岡県浜名湖西岸)から長野県安曇野市までは車で4時間半、約250Kmの距離です。  
(各画像はクリックで拡大表示できます)


まず、17日(水)の夜立ちで、長野道の安曇野IC手前にある梓川SAに深夜到着して朝まで仮眠をしました。  18日(木)朝より活動開始、 SAの展望台からは朝焼けに染まる北アルプスが見えました。  今日は期待できそうです。

Dsc_06220




一路、白馬村を目指しますが、途中、どうしても立ち止まざるを得ないすばらしい風景に出会い、何度か車を止めます。

Dsc_06278
高瀬川に架かる宮本橋から後立山連峰が、続いて右側には白馬連峰も見えます。




餓鬼岳。

Dsc_06285




Dsc_06296
大町市街の北側にある木崎湖と言えば、ここ。  「海の口」から対岸を望みます。  だんだんと雪が多くなってきます。




木崎湖の北にある中綱湖畔。 車が故障して止まっているわけではありません。
「大丈夫です! 駐車しているだけです。」

Dsc_06305




中綱湖の北にある青木湖畔、青く澄み切った水面が美しい。  
木崎湖、中綱湖、青木湖の3つを「仁科3湖」と呼びます。

Dsc_06310




白馬村に入り、もう少しで待望の「大出」に到着です。

Dsc_06325




大出に到着です、長靴に履き替えて雪道を歩きます。  そして出会えた光景は期待通りの雲ひとつない快晴の空を背景にした白馬連峰。  これ以上は望むもべきものはありません。  幸運でした (^  ^)/

Dsc_06352




Dsc_06326




雪は50㎝くらいは積もっているようです。  しかし数日前の雨で雪が締まっていますので、めり込むのは10cm程度。

Dsc_06399




Dsc_06512
白馬駅の東側から。  感動の取材初日を終えて宿に入ります。



次回は、19日(金)、2日目の取材の様子をご紹介します。



« 庭にやって来るお客さん | トップページ | 2016安曇野・白馬村へ(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

青い空に白馬連峰、手前の雪景色の
コントラストがいいですね。
空気も透き通って感じます。happy01

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。

一日目は本当に素晴らしい天候に恵まれました。 
雲一つ無い空はめったに出会えません。  今年は雪が少ないと
現地の方も言っていました。 
撮影は普通のコンデジカメラですので、自動絞りのために雪の反射が
強いのか、濃い色の暗い画面になっています。

おはようございます。

すばらしい景色ですね。今年は雪が少ないのかもしれませんが
町に住むものからみれば、十分な雪量に感じます。

安曇野・白馬の情景は夏山しか見たことが無いです。
一度は冬に訪れたいですね。

◆ なかっちょさん コメント ありがとう。

そうなんです、ちょっと期待外れの雪の量でしたが、行く前に装着を
練習したタイヤチェーンも出番は無く良かったです。  雪の中で
装着するのはたぶん練習とは違って大変なはずですからね。

新緑の季節もいいですが、この雪景色は私には憧れの景色です。
ぜひ一度訪れてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/63258989

この記事へのトラックバック一覧です: 2016安曇野・白馬村へ(1):

« 庭にやって来るお客さん | トップページ | 2016安曇野・白馬村へ(2) »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック