Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月27日 (水)

今年もツバキが

先週は温暖な私の地域でも珍しく積雪がありましたが、今年は例年よりも一か月ほど早くツバキが開花しています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


ヤブツバキ「玉之浦」
樹高も3m以上になり開花する花の数も年々増えて来て楽しみです。  特徴はきれいな白い覆輪ですが、枝が枝垂れ状になって花が下向きに咲くものが多いです。  また、少し花の開き方が少なく、控えめにつぼんだ感じです。

Dsc_05494




Dsc_05504




Dsc_05733



花が散っても、「ここで咲いたよ!」とでも言いたげに、存在感があります。  サザンカの花弁が一枚ずつ散るのとは違って、ツバキは花ごと散ります。

Dsc_05547



エゾニシキ(蝦夷錦)  絞り咲き

Dsc_05316



木が大きくなると、絞りばかりでは無く、赤色や白色単色の花も見られます。  つまり咲き分けます。   下の写真では左下に白色単色の花が見えます。

Dsc_05315



下の写真では右下に赤色単色の花が見えます。

Dsc_05509




Dsc_05548



これは品種名がわかりませんが、とても小さく、花径数cmの可愛いピンク色の花で、とてもたくさんの花を付けます。

Dsc_05515




Dsc_05511




Dsc_05510

  

2016年1月20日 (水)

雪の朝

今朝、目覚めたらなにやら外が明るい。  夜半から降り出した雪がまだ降り続いていた。  


私の住んでいる静岡県の西部、浜名湖の西岸は、気温は名古屋よりも夏は数度低く、逆に冬は数度高いという、たいへん温暖な地域です。   ですから冬に雪が舞うのは数回で、まして積もることなど1、2回です。   例年では12月に一度積もりますが、今年は一月遅れです。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


7時過ぎに、2階から見た南側の様子。

Dsc_05623



北側の様子。

Dsc_05625




Dsc_05630




Dsc_05639

積雪と言っても 数cmですので、雪国の方にしてみれば、「何これっ!積もって無い~。」と思われる事でしょうね。   しかし雪に慣れていないので、隣町の豊橋市では学校がお休みになったとか (^-^;


雪が積もる事が珍しい地域なので雪が積もるとなぜか子供のようにうれしくなります。
日ごろ見られない光景もあります。 

咲きだした「ロウバイ」もびっくりしているかな。

Dsc_05658




Dsc_05663




Dsc_05653
メジロ、ヒヨドリたちがやってくるので、ミカンを置いてあります。




モミジの樹に設けたリスのオブジェ。   3匹いますがリアルに見えませんか。

Dsc_05649
     「お~い、大丈夫?。」



Dsc_05650
     「雪、楽しいね~。」」



9時過ぎには青空が出てきて、昼前には全て何事も無かったように融けてしまいました。




2016年1月11日 (月)

2016 初詣に

1月9日(土) 少し遅れましたが初詣に出かけました。  この静岡県西部あたりでは、愛知県豊川市の「豊川稲荷」と並んで人気のある、静岡県袋井市の「法多山」です。  一般道を使って1時間半ほどの所にあります。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



参道には出店がたくさん並び賑やかです。

Dsc_05352




少し歩くと「仁王門」があり、両側には「阿吽」の仁王像があります。

Dsc_05355




Dsc_05359
さらに進みますが、右手に山があり日陰になっていてとても空気が冷たい。




右手の石段を登ると本殿があります。

Dsc_05373




本殿に到着です。

Dsc_05397




法多山は「尊永寺」と言って、およそ1290年ほど昔、神亀2年(725年)聖武天皇の勅(みことのり)により、行基上人が開山した高野山真言宗別格本山という事です。

Dsc_05402tori




Dsc_05405
本堂の中では、「ご祈祷」が行われていました。




Dsc_05408




Dsc_05437
この辺りで、「法多山」と言えば思い浮かぶものはこれ。  「厄除け法多山だんご」 


 

甘さ控えめのあんこがとても美味しい「だんご」です。  
一口サイズの「だんご」が30串で¥600

Dsc_05439




そして、これは他の所でもよく見かける昔からの素朴な味の、厄除け菓子。

Dsc_05440


昨年は12月下旬になって2台の車が続けて、「もらい事故」に、  修理は今年にずれ込み2台共に修理待ちで年を越しました。   これで、今年は厄払いができる事を願う初詣となりました。

2016年1月 4日 (月)

2016 謹賀新年

あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願い致します。
2016年がスタートしました(すでに4日目ですが)
今年も絵画関連、庭の木々や花、身の回りの事、取り混ぜながらUPしていきたいと思います。



松、南天、シダ のみのシンプルな正月飾りです。

Dsc_05272




Dsc_05265




Dsc_05271
こちらは生け花(投げ込み)ですが、松以外は庭の木々、花を使って活けてみました(私ではありませんが)




facebook のある方が投稿していたものを見て、さっそく真似させて頂きました。 可愛くできました。

Dsc_05293




そして、我が家の「お雑煮」です。 特徴は醤油ベースのだし汁で薄味です。
角餅、白菜、シイタケ、油揚げ、かまぼこ、竹輪、青のり、花かつお。

Dsc_05302




近くの公園まで富士山を見に行きました。  残念ながら霞んでいてはっきりと見えませんでした。  空気が冷たい時は良いのですが、今年はやや暖かいせいで霞んでいます。
JR東海道線の土手越しに、浜名湖と浜名湖北部にある舘山寺温泉街も見えます。

Dsc_05297





Dsc_05287




昨年、一月に父が他界したために今年の年賀状は出しませんでしたが、一部の方には数日後に寒中見舞いを出したいと思っています。

Sensyun_f100



もう、明日は5日目、多くの方は仕事始めですね。
今年も健康で明るく楽しく過ごしたいものです。




 

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック