Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

紅葉は年を越して

今年も残すところ後一日となりました。  これが今年最後の投稿となります。


今年は暖かかったせいか庭の木々の紅葉が例年よりも遅く、枝には紅葉した葉がまだ残っています。   葉が全て散らずに年を越すのはたぶん初めてではないかと思います。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



Dsc_05147




Dsc_05152




Dsc_05151




Dsc_05141




Dsc_05203




Dsc_05121




Dsc_05142




Dsc_05207_2




Dsc_04971_2

年明け数日後にはたぶん、すべて散ってしまうと思われます。



みなさん、今年一年、どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
それでは、みなさん良いお年をお迎えください。

2015年12月22日 (火)

初冬の川辺を散策

先日は、所属する美術協会の会合があり、開催まで時間があったので「桜渕公園」を散策する事に。   この公園は私の故郷、愛知県新城市にある県立公園で、豊川の川岸に多くの桜の樹が植えてある美しい景勝地です。  少し大袈裟ではありますが「三河の嵐山」とも呼ばれています。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



Dsc_05047
豊川にかかる吊り橋から西の方角(豊橋方面)を見ると、正面には本宮山(789m)が。  豊川は豊橋で三河湾に流れます。





川岸に降りてみると、たくさんの「カモ」がいました。   どの時期に訪れてもこの「カモ」たちはいるので、越冬でいるのではなく住み着いているようです。

Dsc_05057




Dsc_05060




Dsc_05062




Dsc_05065
この季節は乗る人もいない船が。




一人で歩いていると、静かに時間が流れていくような感じです・

Dsc_05068





Dsc_05069




「えっ、今は秋だったかな?」   戸惑ってしまうように紅葉が残っていました。

Dsc_05100




Dsc_05101




Dsc_05105




そして、5月に咲くべき「サツキ」の花まで。  季節がわからなくなりました (-_-;)

Dsc_05092

2015年12月15日 (火)

「上野 博」さんの個展に

少し前に見たものですが浜松で開催されている「上野 博」さんの個展の様子をご紹介します。  上野 博さんは浜松市を中心に活動されているプロの画家で、水彩画を描いています。  (各画像はクリックで拡大表示できます)



Dsc_03715

「オークラアクトシティホテル浜松(写真後方の高い建物)」の3F宴会場の北側から、「アクトシティ・コングレスセンター(手前の建物)」を結ぶ連絡通路に水彩画が展示されています。  2015年11月6日~2016年3月29日の長期間に渡り開催されています。




192





この連絡通路の壁面両側に30数点の素晴らしい水彩画が展示されています。

Dsc_03717




Dsc_03719




Dsc_03723




Dsc_03735




50~80号クラスの大作もあります。

Dsc_03744




Dsc_03732




Dsc_03733




Dsc_03739




抽象作品も

Dsc_03737


水彩画とは思えない強い色彩が出ている作品もあり、素晴らしい作品の展示となっています。

2015年12月 7日 (月)

ゴムタイヤの怪獣が

少し前になりますが、祝日の日に孫たちと一緒に出掛けた途中で立ち寄ったのは、ゴムタイヤで作られた怪獣がある場所でした。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


「タイヤランド」と言うところですが、愛知県新城市にある、横浜ゴム(株)新城工場の一角に作られた広場で、タイヤの宣伝も兼ねていると思われます。   管理する人は誰もいないので自由に出入りできるようになっています。

Dsc_03328
JR飯田線の踏切から見ると、木立の上に何やら顔をのぞかせています。  ちなみに駐車場は無いので、この写真を撮影している後ろ側の道路に駐車しました。





入口にあるのは、ゴジラのような。   これを見つけて勢いよく駆け寄った孫も、あまりの迫力に、この後ビビって逃げてきました。

Dsc_03301_2




Dsc_03318
確かに近づいて見上げて見ると圧巻です。




後姿はこんな感じ。

Dsc_03314




Dsc_03313_2
ちゃんと、名前が付いていました。  なるほどね。




そして右側には、

Dsc_03306




Dsc_03324
近づくとこれも結構大きくて、全身を撮れません。




Dsc_03307




こちらは、何て言う名前なのかと思ったら、名前はありませんでした。  ちょっと拍子抜け。  名前が見たかったのに。  それにしてもたくさんのタイヤが使われています。

Dsc_03311_2





Dsc_03322


孫たちは、しばし、タイヤとブランコで遊びました。
ここは工場の一角ですが木立に囲まれていて、車で横を通ってもあまり良く見えないので気が付かないようです。







2015年12月 1日 (火)

ミニチュアワールド・カフェへ

先日、孫たちがお休みなので「ミニチュアワールド・カフェ」というお店に行ってみました。   文字通りミニチュアの世界が展開しているカフェですが、一般的には、鉄道模型、ジオラマと呼ばれている物があるカフェの事です。
(各画像はクリックで拡大表示できます)




大きな蒸気機関車のエンブレムの後ろ側が店の入り口です。

Photo




入り口で、どのテーブルを利用するのかを選びます。   この日は午前10時過ぎにお店に入りましたが、すでに16種類あるテーブルの中で3つしか空いていません。  そこで「小人の世界」と言うテーブルにしました。(後でわかりましたが、人気のテーブルは電話で予約ができるようです) 

Dsc_03297




これが、「小人の世界」テーブル。  小さな汽車がエンドレスでガラスのテーブルの下を走っています。

Dsc_03196




Dsc_03262

可愛いけれど、しかし精巧に作られた「小人の世界」が展開しています。





一定の時間が来ると店内は夜の世界に変わります。

Dsc_03225




「一年戦争」テーブル  なにやらガンダムの世界のようです。   これは人気のテーブルらしく予約席になっていました。  

Dsc_03233




「昭和の下町」テーブル   懐かしい時代の街並みを汽車が走ります。

Dsc_03269




「北欧の街」テーブル

Dsc_03278




これは、10mx2m の巨大な「HOゲージ」のジオラマ。   カウンター席になっています。

Dsc_03239





Dsc_03243




これは、8人まで同時に電車を走らせる事ができる 「Nゲージ」のレンタル席です。   自前の車両も持ち込みOK。   

Dsc_03275





一人ずつテーブルの席料金 ¥486 が必要ですが、飲食物を各テーブルのタブレットから注文すれば無料になります。   そして注文したものはこの新幹線もどきの車両が、各テーブルまで自動で運んで来てくれます。   リニアモーターかな?。

Dsc_03219


孫たちも大人も、しばし楽しい時間を過ごしました。

HPはこちら 
⇒  http://m-f.co.jp/?page_id=488

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック