Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2015秋祭り | トップページ | 故郷の公園を訪ねて »

2015年10月20日 (火)

2015故郷の秋祭り

先々週は現在私が住んでいる地元の秋祭りでした。   そして先週末は私の故郷、新城市の東新町という地域の秋祭りでした。  
(各画像はクリックで拡大表示できます。

「八幡神社」という神社の境内で行われる伝統ある手筒花火を紹介します。  手筒花火は、夏から秋にかけて東三河、遠州の各地域で盛んに行われています。



初めは片手で持てる小型な手筒花火。  次々と点火して歩きながら出します。

Dsc_02513_2




続いて抱えて出す手筒花火です。  点火してから火花がだんだんと大きくなって安定するのを待っています。

Dsc_02601




そして徐々に引き上げていきます。

Dsc_02555




しっかりと腰を落とし手筒を抱えます。

Dsc_02579




Dsc_02608
この時は、どんな気持ちでいるのでしょうか。  耳元で炸裂する火柱の轟音と熱さにじっと耐えています。  



そして、クライマックス。   ドーンという轟音と共に「ハネ」と呼ばれる、最後の火薬によって、足元に花火が抜けます。  しっかりと手筒を持っていないと手筒がはねて、たいへん危険です。

Dsc_02622




Dsc_02567
  幼いころから手筒花火は何回も見てきていますが、この瞬間はたいへん感動します。

◆最後はやぐらに取り付けられた「大筒花火」がいくつか出されます。  大きなやぐらを大勢の人が担いで境内の中央に運び据えます。   そして伝統ある儀式によって点火されます。

動画がUPしてあります、ぜひ、HD にしてきれいな画像でご覧ください。
⇒ https://www.facebook.com/takamoto.sugiura/videos/746554738807108/?l=8089704649260342225

« 2015秋祭り | トップページ | 故郷の公園を訪ねて »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい 手筒花火を見せて頂きました。心に残っているのは 幼い頃の思い出ですね。それが 自分を形成していますね。

おはようございます。
 ブログ普通に拝見できるようになりました。happy01
 南上の原のお祭り、
日延べしましたが、使い終わった
手筒いただいてきました。
(一昨年に続き2本目です)
 屋台もなかなかの熱気でした。happy01
新城の八幡神社でしたか、お祭りの
張り紙があちこちにしていました。
 新城は、来年3月?のインター開通に向けて、
活気がでてきたように感じます。
(o^-^o)

手筒花火迫力がありますね。
伝統のお祭りはこれからも大事に
続けていってほしいものです。happy01

◆ 佐野さん コメント ありがとう。
50年以上の年月が過ぎた事を改めて感じます。
故郷っていいですね、いつでも子供の頃の気持ちに帰ることができます。
遠い日に戻れます。

◆ とし君さん コメント ありがとう。
初めは、とし君さんの言っている「すぐに広告画面に変わってしまう」という意味が分かりませんでしたが、先日、ようやく私のPCでその症状が出ました。 さいわい他の方のコメントで対処方法がわかり直りました。 
ヤレヤレです、思いあたる原因はわかりませんが、困ったものですね。

◆桃太郎さん コメント ありがとう。
私の地元の手筒花火と、故郷の手筒花火。 2週続けて見ました。 
同じ豊橋から伝わったと言われる手筒花火ですが、それぞれに特徴があて、それぞれに良さがあり楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/62516121

この記事へのトラックバック一覧です: 2015故郷の秋祭り:

« 2015秋祭り | トップページ | 故郷の公園を訪ねて »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック