Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

雨に煙る山間の村

五月も月末となり、安曇野・白馬村の取材も早、一月前の事となりました。   そんな中、この取材の帰り道では途中から雨が降り出しました。  中央道を降りてほどなく、山間の道を下りながら雨に煙る村を見かけ、しばし寄り道をしました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


長野県下伊那郡根羽村です。  手前の花木はハナモモでしょうか。

Dsc_04724




Dsc_04666




Dsc_04694




Dsc_04639




Dsc_04710




Dsc_04712




Dsc_04716




Dsc_04719



小さな祠が。

Dsc_04743



そこには一対の狛犬がありました。
いづれも、たいへんユニークな姿をしています。  まるで笑っているかのように。 

Dsc_04741



そして、こちらも。

Dsc_04742




Dsc_04747




Dsc_04750



◆30分程、雨の中の取材をして帰路に着きました。

2015年5月25日 (月)

2015安曇野・白馬村から(6)

5月1日の夜立ちで、2~4日まで安曇野・白馬村の取材に出掛けました。  数回に分けてご紹介しています。 (各画像はクリックで拡大表示できます)


今回は6回目、最終回となりますが、各地で出会った花々をご紹介します。 


Dsc_03822
ヤマブキ(山吹・白)?




Dsc_03871
ヤマブキ(山吹・黄)




Dsc_03999
キクザキイチゲ(菊咲一華)




Dsc_04021
          ミヤマキケマン(深山黄華鬘)




Dsc_04123
コブシ(辛夷)




Dsc_04302
ハナモモ(花桃)




Dsc_04313
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)




Dsc_04469
          シャクナゲ(石楠花)




Dsc_04471
シャクナゲ(石楠花)




◆これで、今回の安曇野・白馬村の取材紹介も終わりです。  次回はいつになるかわかりませんが、素敵な風景に出会えますように。


2015年5月21日 (木)

2015安曇野・白馬村から(5)

5月1日の夜立ちで、2~4日まで安曇野・白馬村の取材に出掛けました。  数回に分けてご紹介しています。 (各画像はクリックで拡大表示できます)


今回は5回目です。   最終日3日目の取材です。  

夜中に雨が降りましたが、朝に上がっていて青空が出ていました。  昨日は日帰り温泉に入り、そのまま駐車場で車中泊でしたので、朝早く起きてすぐそばにある足湯へ。

Dsc_04457




Dsc_04453
八面大王のいろいろな顔の表情を見ながら楽しく入れます。  早朝は利用する人も少なくのんびりできます。



底にある突起が足裏を気持ち良くマッサージしてくれます。  
源泉の温度はは64度もあり、湯の吹き出し口近くは、とても熱くて近寄れません。  もちろん掛け流しです。

Dsc_04447




Dsc_04494




大王わさび農場近くです。  背景は「有明山」、 別名「信濃富士」

Dsc_04504




Dsc_04510
「常念岳」




すぐ近くにある2つの「道祖神」  昔からあるものではなく、TVドラマの撮影用に造られたとか。  高さ30~50cmの小型のものです。  どちらにも「お賽銭」があがっていました。

Dsc_04524




朝も8時近くなり、安曇野に住んでいる facebook の友人の紹介でパン屋さんで朝食をしました。  これで \380 併設されているイートインで食べる事もできます。  そしてコーヒー&カフェラテが無料でお代わりもできます。  安曇野市柏矢町の「SWEET」にて。

Dsc_04542





Dsc_04549
イートインの窓からは「常念岳」も見えます。  これもサービスかな。  外にはテラス席もあります。






「大王わさび農場」を散策します。  周辺道路、駐車場は、たいへん込み合うので10時前のできるだけ早い時間に入る事をお勧めします (駐車場、入場共に無料です)

Dsc_04562
水量豊かに流れる水路の岸には、映画の撮影用に造られたという、3連の水車のセットが残っています。




散策にはもってこいの道ができています。

Dsc_04563




Dsc_04565
日除け用の寒冷紗の下で、ワサビが育てられています。




15万㎡という広大な敷地で日本一の広さの農場です。

Dsc_04568




Dsc_04575
涼しい風を感じながら、のんびりと園内を巡り、ほんのりとワサビの香る、「ワサビソフトクリーム」で喉を潤しました。


この後はお土産を買って、2日半の取材も終わり帰路に着きました。 
次回は最終回の6回目ですが、各地で出会った花たちをご紹介します。


2015年5月17日 (日)

2015安曇野・白馬村から(4)

5月1日の夜立ちで、2~4日まで安曇野・白馬村の取材に出掛けました。  数回に分けてご紹介します。 (各画像はクリックで拡大表示できます)


今回は4回目です。   2日目の取材スタート、早朝の白馬村を少し見た後、南へ下り大町市、安曇野市周辺を巡ります。

早朝 5:00 頃、やや肌寒い朝、「白馬三山」が朝日に輝いています。

Dsc_04151




Dsc_04188
「松川」にかかる白馬大橋から「白馬三山」を望みます。




もう、ここから日本海は、すぐ近くですね。

Dsc_04202




Dsc_04205
朝の爽やかな空気が気持ちのいい中で、記念写真を。




昨年、乗車した「白馬ミニトレインパーク」へ。  まだオープンまで時間があるので、今回は外から見るだけに。

Dsc_04214
昨年の乗車の様子はこちら 
⇒ https://www.facebook.com/takamoto.sugiura/videos/482477351881516/?l=1187474181694941746 




ジャンプ台の所で体験気球が上がっています。  これは地上数十mまで上がるだけで、飛行はしないようです。   背景は「五竜岳」。

Dsc_04223




Dsc_04242
「白馬三山」を背景に泳ぐ「こいのぼり」    最近は各地でこのような光景が見られますね。




ここからは、南へ下った大町市からです。  
「木崎湖」の南端から。

Dsc_04269




Dsc_04275
いたるところで、代掻きの光景が見られます。




「蓮華岳」を映す水田。

Dsc_04298_2




Dsc_04305
「爺ヶ岳」




ここからは安曇野市です。  
facebook の友人の紹介で、お気に入りの道祖神を。  背景は「常念岳」

Dsc_04437




Dsc_04441
友人のお勧めを、もう一つ。  
安曇野市の堀金地区を流れる「拾ケ堰(じっかせぎ)」の用水。  桜は終わっていますが芝桜がきれいでした。   背景は「常念岳」



◆2日目の取材はこれで終わりです。  次回はいよいよ最終日、3日目、5月4日(月)の取材から。

2015年5月14日 (木)

2015安曇野・白馬村から(3)

5月1日の夜立ちで、2~4日まで安曇野・白馬村の取材に出掛けました。  数回に分けてご紹介します。 (各画像はクリックで拡大表示できます)


今回は3回目です。   白馬村をいろいろと巡ります。

白馬駅に東側にある「白馬ハイランドスキー場」の手前から「五竜岳、唐松岳」。

Dsc_04015




Dsc_04017
中央に「白馬三山」




姫川に架る橋から「五竜岳」

Dsc_04033




Dsc_04038
あちこちで山肌が崩れていました。  昨年11月の地震の影響かと思われます。




「唐松岳」を背景に走る大糸線の電車が、ちょうど通りかかりました。

Dsc_04044




Dsc_04069_2
栂池高原




1998年(平成10年)2月に開催された長野オリンピックで スキーのジャンプ競技の会場となったジャンプ台へ行ってみました。  ここは4回ほど訪れていますが、今回初めてリフトでスタート地点まで.登ってみる事にしました。

Dsc_04085
左側はノーマルヒル、右側はラージヒル。  この中央にリフトがありタワーまで登ります。




Dsc_04105
リフトで、このタワー地点まで登り、タワー内にあるエレベーターで3階まで上がり、手前にある連絡通路を通り、ラージヒルのスタート地点まで徒歩で登ります。



タワーからの連絡通路を通り、さらにこの金網を貼っただけの階段を昇ります。 金網から下が丸見えで怖いので、できるだけ端っこを登りました (-_-;)

Dsc_04112




Dsc_04103
高さ138m、傾斜度37.5 ラージヒルのスタート地点に立ちました。   選手の方は、よくこの高さからスタートできるものだ (>_<)  もちろん初体験の高さ!



タワー2階から、こちらのノーマルヒルのスタート地点に連絡しています。

Dsc_04115



このリフトでタワーまで往復しましたが、 途中、たいへん高い所もあり、正直、怖くて、 「もう2度と乗らない」と思いました (>_<)   風が無いので、まだ良かった方かも (-_-;)

Dsc_04116




Dsc_04091
タワーの中に展示してある歴代の冬季オリンピックのポスター。  右下に「長野オリンピック」があります。



◆初日、2日(土)の取材も午後を過ぎて、これで終了です。  次回は2日目、3日(日)の取材をご紹介します。

2015年5月11日 (月)

2015安曇野・白馬村から(2)

5月1日の夜立ちで、2~4日まで安曇野・白馬村の取材に出掛けました。  数回に分けてご紹介します。 (各画像はクリックで拡大表示できます)

今回は2回目です。   安曇野から白馬村へと入ります。


青木湖畔をJR大糸線が走り、少し高い位置に登ると白馬連峰が見えます。

Dsc_03933




Dsc_03937
ここは、15年前の2月に絵画教室のスケッチ旅行で、初めて訪れた懐かしい場所です。




   これが、その15年前の時の写真。 雲が出て白馬連峰は見えません。

Hakubamura_3




Dsc_03950




昨年11月22日に白馬村を震源とする地震がありましたが、その跡のようです。  田んぼの中には幅数十cmも亀裂が。

Dsc_03970_3




亀裂は道路にもおよび、ところどころ砂利で埋めてありますが、まだ埋めてない所も。

Dsc_03971




Dsc_03974
このあたりはスキー場が多く、すでに雪の融けたゲレンデがあちこちに見られます。




JR白馬駅前を通り過ぎて、大出公園に到着です。
午前11時を過ぎて、すでに駐車場は満杯、仕方がないので山の方に進み、道路脇に駐車して少し歩いて戻りました。
 

Dsc_03979
一番前に陣取って絵を描く人も、 私ではありません (^_^;)  
カメラで写真を撮る人も一杯います。

ここは、雪を抱く北アルプス(白馬三山:左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)、姫川、吊り橋、茅葺きの家、桜 5拍子も揃っています。




展望台への登り口。
Dsc_03991




Dsc_03998
裏山の展望台に登ると、すばらしい光景に出合えます。 それにしても雲一つないこの天候はラッキーでした。




姫川の上流側から吊り橋方向を見るとこんな感じです。

Dsc_04006




Dsc_04008_2
少し上流へ行くと、「五竜岳」が見えます。  ちょうど、頂上付近には雪形の「武田菱」が見えます。



Dsc_04008_3




◆次回も取材の様子をが続きます。

2015年5月 8日 (金)

2015安曇野・白馬村から(1)

5月1日の夜立ちで、2~4日まで安曇野・白馬村の取材に出掛けました。  数回に分けてご紹介します。 (各画像はクリックで拡大表示できます。


長野道の梓川SAで4時間ほどの仮眠の後、4時起きで活動開始です。

最初は北安曇郡池田町にある「北アルプス展望美術館」前から。  
早朝 5:30 、雲一つない快晴、少し寒いくらいです(薄手のライトダウンを着て)。

Dsc_03788_2
中央は「有明山」、左側に山頂のみ見えるのは「常念岳」





Dsc_03786
北の方角を見ると、「後立山連峰」が見えます。





Dsc_03793
「有明山」




Dsc_03794
「餓鬼岳」




会染の滝沢神社の下から。  左は「蓮華岳」、中央は「後立山連峰」

Dsc_03804




Dsc_03821
相道寺付近から。





堀之内にて。  ここは何枚か作品にしています。 田に水が入り代掻きが行われ、そこに北アルプスの残雪抱く山々が写る。  五月連休の頃ならでは風景です。

Dsc_03850




Dsc_03861
このあたりまで北に来ると、「有明山」も傾いて見えます。





大町市に入り、「山岳博物館」のある山に登ると、大町市街と北アルプスが一望できます。  

Dsc_03885
中央は「蓮華岳」





「後立山連峰(左から爺が岳、鹿島槍ケ岳、五竜岳)」

Dsc_03884




大町市街を抜けて仁科三湖の一つ「木崎湖」へ。
ここは湖の北端、「海の口」と呼ばれる所から対岸の集落を見た風景。

Dsc_03889




Dsc_03898
仁科三湖の一番北側に位置する「青木湖」   湖の透明度は日本第2位とか。



◆次回は白馬村に入ります。 




« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック