Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 私の作品を届けに | トップページ | 初冬の浜名湖 »

2014年12月 6日 (土)

初冬の奥三河山間部を巡る

今日は所用にて、愛知県の奥三河山間部を車で巡りました。  
新城市から151号で奥三河に入り東栄町、そして473号から仏坂を経由して鳳来町の四谷千枚田を通り、所用を済ませて帰りました。  巡った各地の様子をご紹介します。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



まずは151号沿いを流れる宇連川から。  川底が平らな岩になっていて、板敷川とも言われているようです。

Dsc_01396




Dsc_01401
奥三河の山にはこのように岩肌がむき出しになったところが数多くあります。





北設楽郡東栄町です。  この周辺には柱状節理と呼ばれる地形が見られます。

Dsc_01423




Dsc_01421




このあたりのもっとも高い山である「明神山(1016m)」が見えます。

Dsc_01406



Dsc_01414
少し登った山の上から山村を見下ろします。





151号から473号に入った山間の渓流。

Dsc_01437





県道に入り仏坂経由で、新城市鳳来町の四谷千枚田に着きました。  ここは「全国棚田100選」に入る棚田です。  名前の通り1000枚近い棚田があります。

最上部の休憩場から見下ろした様子。  雪が舞ってきて風が冷たい。 上の方は野菜が作られているようです。


Dsc_01453





Dsc_01496
ふもとの駐車場から千枚田の全景を望みます。  棚田の高低差は200m以上あるとの事。



アジサイがそのまま残っていました。

Dsc_01442



すでに紅葉は終わってしまいましたが、爽やかな初冬の山間を巡る全行程150kmでした。

« 私の作品を届けに | トップページ | 初冬の浜名湖 »

風景」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
すっかり冬になってしまいましたね。寒さが写真から伝わってきます。
それが、なぜ紫陽花の花が残っているのでしょう?
千枚田、奥が深いですね。

良い景色ですね。
私のところに似た景色にも見えます。
こういう景色を見ていると心が安らぎます。happy01

◆ Mikikoさん コメント ありがとう。
各地で大雪になっているようですが、さいわいこのあたりは雪は舞っていますが、まだ積雪にはなっていないようです。 しかし、日影ではかなり風が冷たいです。  アジサイが枯れずに残っているのはすてきな感じですね。 ドライフラワーのようです。 
千枚田は日本の原風景ですね。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
日本の山間部の風景はどこも良く似ているのかもしれません。  懐かしいというか、心安らぐ風景が多いですね。  このあたりは、幸いまだ積雪には至っていませんでしたが、もうしばらくすると雪が積もります。

 12月29日(土)に、東栄ー神田ー
仏坂ー四谷の同じコースを車で
走りました。これから、凍結で危険と
思います。来年の春以降、
機会があれば、通ってみたいと
思います。

◆ とし君さん コメント ありがとう。
昨日は雪が舞う程度でしたが、今朝の東栄町は積雪があったそうです。 仏坂などは凍結しているかもしれませんね。  これからは確かに通行は注意が必要かと思います。 殆ど車はすれ違う事はありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/60770512

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の奥三河山間部を巡る:

« 私の作品を届けに | トップページ | 初冬の浜名湖 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック