Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 絵画展の案内状を配って | トップページ | 雨の中を個展を見に »

2014年9月28日 (日)

佐藤 徹 回顧展

昨年7月に82歳で亡くなられた佐藤 徹氏の回顧展が近くのギャラリー開催されているので先日伺った。  佐藤氏は絵画団体「等迦会」の会員で静岡県西部の袋井市に在住していた画家で、地中海の明るい絵画に定評があった。  今回、佐藤氏のお孫さんによって回顧展が開催ざれる事になったもの。 
(各画像はクリックで拡大表示できます)




20149_2





ここは佐藤氏にとって馴染みのギャラリーだった、私の住んでいる街にある「ギャラリー・ムーンシスターズ」  優しい色合いのツルバラが初秋の風に揺れながら迎えてくれた。

Dsc_00223






今回は佐藤氏が愛し通い続けた地中海の風景を描いた作品を中心に、30数点が展示されている。  まずはパリの街角を描いた小品(0号~SM)を数点。

Dsc_00180_2





Dsc_00182_2






モンマルトル?

Dsc_00183_2  

Dsc_00184_2
                     
                               










窓辺から見える白いヨットが印象的







今回の案内状にも掲載された作品 「地中海ブルー」  P20号  油彩

Dsc_00194





Dsc_00190_2





Dsc_00198




明るい地中海の風景作品に囲まれて気分も明るくなりそう。

Dsc_00213





Dsc_00176
季節を感じさせる「栗きんとん」が添えられたコーヒーを飲みながら、ゆったりとした時間が流れる。  器もオシャレな感じ。




窓の外は秋の色が。

Dsc_00171





Dsc_00192



こうした回顧展の開催、作品の寄贈等、佐藤氏の遺志は、お孫さんの手によって受け継がれているようだ。

« 絵画展の案内状を配って | トップページ | 雨の中を個展を見に »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

青色が印象に残ります。
お孫さんに遺志が受け継がれているのは嬉しいですね。
栗きんとき美味しそうです。happy01

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
自分にはとうてい描けないような画風の方の作品に何故か惹かれる事があります。  この佐藤氏もそういう方の一人です。  もう新しい作品が見れなくなってしまった事はたいへん残念ですが、こうして引き継いでくれる人がいる事は幸せでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/60388709

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤 徹 回顧展:

« 絵画展の案内状を配って | トップページ | 雨の中を個展を見に »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック