Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

庭木の剪定作業

毎年5月になると、サザンカ、ツバキ、キンモクセイ等、庭木の新芽がどんどん伸びてくる。 風通しも悪くなるので、先週、先々週と4日間ほどを掛けて剪定作業をした。



この西側のサザンカ、キンモクセイも2年ほど剪定をしなかったため、たいへん薄暗くなっていたので大きく剪定をしてみた。  すると高い枝には鳥の巣もあった。 明るくなってもう来ないかも。 作業が終わると陽が入るようになって明るくなった。

Dsc_01209




庭の中央にある築山から入口方向を見た様子。  西日が入り明るい。

Dsc_01210




◆剪定作業の後は剪定枝の片づけが必要
剪定した枝は昔は燃やして処理していましたが、現在、街中では燃やす事が出来なくなり、かと言って処分場に持って行くには、あまりに量が多すぎてやむなく粉砕処理作業をしています。


裏の駐車場で、電動のガーデンシュレッダーを使って粉砕作業開始です。  この機械の難点は粉砕時の騒音が大きいという事です。 隣の家と一番離れたこの場所で行います。
実際は左側の枝の3倍くらいの量があります。

Dsc_01224




細い枝は上から、直径2cm位までの太い枝は右側の専用口に入れます。

Dsc_01231_2




こんな感じに粉砕できます。

Dsc_01234




粉砕の終わった枝葉が肥料袋に11杯できました。  左側は残った太い枝。  この粉砕した葉は果樹の根元に敷きます。

 

Dsc_01242_2


まだ、この2倍以上の量の処理が残ってしまいまいました。  時間も労力もかかります。 また次週に持ち越しです。  本当は剪定作業の直後の方が、まだ枝もやわらかく処理しやすいのですが。 

2014年5月22日 (木)

寄り道を

先日の安曇野からの帰り道、中央道を飯田山本ICで降りて、長野県下伊那郡根羽村で気になる風景を見つけて、寄り道をした。  いつもこのあたりを通るのは夕方だが、今回は午前中なので車を停めて散策。
(各画像はクリックで拡大表示します)



Dsc_00969





Dsc_00972
棚田のような光景がが眼下に広がる。  また明るい時に来てみたいと思った。





さらに、しばらく進むと山の中の道沿いに滝が見えた。 以前から通りすがりに見かけていて気になっていた場所。

Dsc_00995




川原まで降りてみた。

Dsc_00998




 ◆おまけの画像で動画です。  白馬ミニトレインパークにて、蒸気機関車乗車の様子
⇒ https://www.facebook.com/photo.php?v=482477351881516&l=1187474181694941746




2014年5月18日 (日)

安曇野・白馬村の取材から2014-5

安曇野・白馬村の取材記事も5回目、今回で最終回です。 
白馬村を後にして、午後は facebook友達になった方々の所を廻りました。  大町市、池田町、安曇野市、多くの方々とお会いできて楽しい一日となりました。
(各画像はクリックで拡大表示します)



いたるところで見かけた、ヒメオドリコソウ。  ホトケノザに少し似ているような感じもします。

Dsc_00468





Dsc_00764
これは、ショウジョウバカマ でしょうか。





餓鬼岳。 大町市の南部にて。
安曇野は午後になると山は霞んでしまいます。 スケッチをするなら午前中がおすすめ。

Dsc_00831




ヤマブキ、大町市の南部にて。  いたるところで満開でした。

Dsc_00839





Dsc_00850
大町市の南部にて。  大町から見る有明山は傾いて見えます。





シャクナゲ   安曇野(穂高) 「しゃくなげ荘」にて。
日帰り入浴の後、駐車場で車中泊しました。(定宿です)

Dsc_00873





いよいよ3日目、朝8時頃には安曇野を出発して帰路につきます。 その前に少しだけ取材の続きを。 


常念岳。  「大王わさび農場」付近にて
今朝もいい天気です。 まだ日の出前なので冷えます。 ライトダウンを着ていました。

Dsc_00903




「大王わさび農場」付近にて。  この付近は用水路が多く、わさび田にも利用されているようです。


Dsc_00880




左側は常念岳、右端は有明山。  安曇野IC近くのスイス村(ドライブイン)前にて。
すばらしい屋敷森です。

Dsc_00932





Dsc_00938
代掻きが終って田植えを待っています(安曇野IC付近にて)





Dsc_00945

安曇野ICから長野道に入り2km、お土産を買うために梓川SAに寄りました。 
この辺りまで来ると常念岳は三角形に見えます。

次はいつ安曇野へ来れるのか (^_^;)



◆5回シリーズで安曇野・白馬村の様子を紹介しました。  この季節は北アルプスの残雪、新緑、桜 と各地ですばらしいコントラストの風景を見せてくれました。

 

2014年5月15日 (木)

安曇野・白馬村の取材から2014-4

安曇野・白馬村の取材も2日目、5月3日(土)になりました。
早朝、車の中(車中泊)で目覚めると、窓からは素晴らしい天候の気配が。
あわてて起きて行動開始です。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



白馬三山 (長野オリンピックで活躍したジャンプ台のすぐ近くにて)
素晴らしい期待通りの光景が広がります。 この瞬間に出会えるのを待っていました。  早起きをするだけの価値があります。 (^_^)/ 

Dsc_00686




五竜岳。

Dsc_00672
この朝焼けの状態を「モルゲンロート」と呼ぶようです。

 
モルゲンロート : 登山用語で朝日が山肌や雲に当たり赤く染まること、または朝焼けのこと。夕焼けの場合はアーベントロートと言う (Wikipediaから)





大出の近くから。

Dsc_00693





Dsc_00758
この春に東京へ出品した作品の風景の場所です。





これ以上の天候は望むべきもありません、感謝! (^_^)/  
左側に長野オリンピックのジャンプ台が見えます。

Dsc_00755




白馬村の取材も終わりに近づきました。 大町へ向かいながらも所々で寄り道をしました。 
再び、五竜岳。 この位置からだと頂上付近の雪形 「武田菱」が良くわかります。

Dsc_00770




風も無く元気がありません (^_^;)

Dsc_00774





Dsc_00783
代掻きの終わった田が水鏡になっています。 この時期ならではの風景です。




家の周りの柱は雪囲い用の柱でしょうか。

Dsc_00792




14年前の2月、初めて訪れた白馬村でスケッチした場所を、14年振りに見つけました。 雪の中、皆とここで描いたんだと思うと感慨深いものがありました。

Dsc_00818




下の写真が、14年前の2000年2月、絵画教室のスケッチ旅行の時の様子。

 
みんな寒さを忘れて熱心に描いています。 来るたびに探していて、今回ようやく見つける事ができた懐かしい場所です。

Hakubamura_2




◆次回は、いよいよ最終回、安曇野の様子をご紹介します。


2014年5月12日 (月)

安曇野・白馬村の取材から2014-3

一日目の大出公園を中心とした取材も一区切りつけて、facebook の友人の投稿で知った「白馬ミニトレインパーク」が、買ったばかりの「るるぶ」に掲載されていたので行ってみた。

Dsc_00616




電気機関車と蒸気機関車がありますと言われて、蒸気機関車に乗ることにした。  蒸気という事でお湯が沸くまで5分ほど待って、お客さんは他にいないので貸切り状態。
手前の機関車に乗ります、ワクワクしてきます。

Dsc_00604_2





Dsc_00611
爽やかな風が吹く木立の中、この蒸気機関車でコースを2周ほどした後、子供に戻ったようなワクワク感が残る中で記念写真を。




他にも、ミニトレインが何台もあります。

Dsc_00614




これは本物の車両のようだ。

Dsc_00603

◆乗車の様子を動画にしてあります。 ⇒ https://www.facebook.com/photo.php?v=478704338925484&l=7765323294368527822





この後は、「ラフォーレ白馬美術館」へ行きました。
この美術館は「マルク・シャガール」の版画作品のみ 480点を収蔵し、常時120点以上を公開しているとか。  彼の生涯を紹介するビデオ映像も見る事ができます。

Dsc_00660





入口のポスター

Dsc_00659





入場チケット  大人¥700

Chagall_4_2





別棟の展示室へ続くところ、中庭が自然のままの感じでとてもいい雰囲気。

Dsc_00658






Dsc_00653
展示作品の撮影は出来ないのは残念。





Dsc_00655
ミニコンサートもできる部屋のようです。
背景は一枚の大きなガラス窓から見える、まるで絵のような中庭。





娘はシャガールが大好きなのでお土産にポストカードを3枚購入、そのうちの一枚。

Chagall_2




次回は2日目の取材の様子をご紹介。

2014年5月 9日 (金)

安曇野・白馬村の取材から2014-2

安曇野・白馬村の取材一日目は、白馬村です。  早朝、まだ薄暗い中、梓川SAを出発して到着した白馬村でしたが、北アルプスはあいにく厚い雲に覆われて見えません。  しばらく待ってみましたが雲が晴れる様子はありません。 
(各画像はクリックで拡大表示できます)


仕方がないので裏山の展望台に登ってみました。 
あちこちに山野草が咲いていました。  花の名前には詳しい方だと思っていましたが、こういった種類の花の名前はわかりません。

Dsc_00416




Dsc_00424




Dsc_00439




Dsc_00429




その後は、新しい風景を開拓しようと長野方面への山道を登って行くと、しばらくして雲が晴れてきました。

Dsc_00497




もう一度、大出へ引き返すと駐車場はすでに車で満杯、やむなく道路脇に車を停めます。

Dsc_00519




急いで川原に降りてみると、すでに写真を撮る人でいっぱい、中にはイーゼルを立ててスケッチをする人も。 さすが人気のポイントです。

Dsc_00509




Dsc_00514

白馬三山の白馬鑓ヶ岳。  こうなると、もう少し、後少し雲が消えてほしいと欲張りになります。 
 
北アルプス南部の槍ヶ岳と区別するために、白馬鑓ヶ岳(しろうまやりがたけ)と言います。「やり」の字も違い「鑓と槍」。 高さも白馬鑓ヶ岳(2903m)に対して、槍ヶ岳(3108m)です。





Dsc_00533
北アルプス、吊り橋、茅葺き民家、姫川、そしてこの時期は桜と、全て揃って絶好の場所です。  なかなかこれだけ揃う場所はそうそうありません。(^_^.)  



次回は、取材を一時中断して、少しだけ行楽に行った様子をご紹介します。

2014年5月 6日 (火)

安曇野・白馬村の取材から2014-1

五月連休は2~6日までの5日間でしたが、前半の2日間、毎年恒例の安曇野・白馬村の取材に出掛けました。 

1日の夜7時半に湖西を出発、新城市、北設楽郡を抜けて、飯田山本ICより中央道、長野道を通り、2日の0時過ぎに梓川SAに到着(距離240㎞あまり、所要時間4時間半)、ここで仮眠をとる。 その後、早朝4時に起床して行動開始。  薄暗い中を安曇野ICで降りて一路、白馬村を目指します。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


途中、「大王わさび農場」付近にある「水色の時」道祖神に、いつもの挨拶をする。

Dsc_00373





そして、大町市街を過ぎて仁科三湖に立ち寄る。  
まずは木崎湖トンネルの手前から。  
いつもは交通量が多くて、とても車を止めて撮影する事はできない場所です。

Dsc_00375




続いて木崎湖の北端 「海の口」にて。 
大好きな構図の場所です。 風も無くきれいな水鏡が見れました。  早朝の集落は、まだ眠っているようです。

Dsc_00380




Dsc_00383
次は中綱湖を目指します。 
桜の季節に間に合ったようです。





中綱湖では予想外の人、車の多いこと。 
桜の撮影することを目的にこの季節が一番の人気のようです。  湖岸道路は車でいっぱい、多くのカメラを構えた人だかりが。  隙間を見つけて車を止めて少しだけ撮影。  先回よりは桜の木が減っているような感じです。 少し風が出てきました。

Dsc_00391




三つ目の青木湖。  隣の中綱湖とは対照的。  青木湖には人の姿は全くありません。 
見るべき桜を入れた構図が見当たらないためでしょうか。 

Dsc_00401




白馬村の大出に到着です。
しかし、こんなはずでは・・・(-_-;)  厚い雲に覆われて北アルプスは全く見えません。

Dsc_00417




後ろの山の展望台に登ってみました。 
まだ、当分雲は無くなりそうにありません。 川岸にはカメラマンの方々も訪れては諦めて、そうそうに引き上げてしまっていません。

Dsc_00427




川岸の集落。 
景観保存されているようです。

Dsc_00428




川岸には桜が咲いていました。 
やや、見ごろを過ぎている樹もあります。

Dsc_00412




しだれ桜越しに一枚。

Dsc_00455

二度目の花見ができた事には感謝です。



 
次回は白馬村で出会った草花、そして昼近くまで待ってようやく雲が消えて青空が広がり、北アルプスが見えてきた様子を紹介します。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック