Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安曇野・白馬村の取材から2014-3 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-5 »

2014年5月15日 (木)

安曇野・白馬村の取材から2014-4

安曇野・白馬村の取材も2日目、5月3日(土)になりました。
早朝、車の中(車中泊)で目覚めると、窓からは素晴らしい天候の気配が。
あわてて起きて行動開始です。
(各画像はクリックで拡大表示できます)



白馬三山 (長野オリンピックで活躍したジャンプ台のすぐ近くにて)
素晴らしい期待通りの光景が広がります。 この瞬間に出会えるのを待っていました。  早起きをするだけの価値があります。 (^_^)/ 

Dsc_00686




五竜岳。

Dsc_00672
この朝焼けの状態を「モルゲンロート」と呼ぶようです。

 
モルゲンロート : 登山用語で朝日が山肌や雲に当たり赤く染まること、または朝焼けのこと。夕焼けの場合はアーベントロートと言う (Wikipediaから)





大出の近くから。

Dsc_00693





Dsc_00758
この春に東京へ出品した作品の風景の場所です。





これ以上の天候は望むべきもありません、感謝! (^_^)/  
左側に長野オリンピックのジャンプ台が見えます。

Dsc_00755




白馬村の取材も終わりに近づきました。 大町へ向かいながらも所々で寄り道をしました。 
再び、五竜岳。 この位置からだと頂上付近の雪形 「武田菱」が良くわかります。

Dsc_00770




風も無く元気がありません (^_^;)

Dsc_00774





Dsc_00783
代掻きの終わった田が水鏡になっています。 この時期ならではの風景です。




家の周りの柱は雪囲い用の柱でしょうか。

Dsc_00792




14年前の2月、初めて訪れた白馬村でスケッチした場所を、14年振りに見つけました。 雪の中、皆とここで描いたんだと思うと感慨深いものがありました。

Dsc_00818




下の写真が、14年前の2000年2月、絵画教室のスケッチ旅行の時の様子。

 
みんな寒さを忘れて熱心に描いています。 来るたびに探していて、今回ようやく見つける事ができた懐かしい場所です。

Hakubamura_2




◆次回は、いよいよ最終回、安曇野の様子をご紹介します。


« 安曇野・白馬村の取材から2014-3 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

雄大でいい景色ですね。
実際に見てみたい景色です。happy01
こちらの山の景色と全然違います。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
北アルプスはやはりその山姿は独特のものですね。 今月一杯は十分、残雪を眺められるようです。

安曇野、白馬の様子、ずっと拝見させていただきました。まだ雪が残っていて
本当に美しいですね。 もう少し経つと 代掻き馬の形が山に現れるでしょうか

ヨーロッパのアルプス地方と比べると、湿度感が違うような気がします。
日本のよさ、美しさは しっとり感というか なんとも言えない落ち着きが
素晴らしいですね!


◆ bella さん コメント ありがとう。
本場のアルプスをご覧になっている bella さんにとっては、スケールの違いを感じるでしょうね。 
また、何枚か作品にできそうです。 気持ちが薄れないうちに
制作を始めたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/59644059

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野・白馬村の取材から2014-4:

« 安曇野・白馬村の取材から2014-3 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-5 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック