Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安曇野・白馬村の取材から2014-2 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-4 »

2014年5月12日 (月)

安曇野・白馬村の取材から2014-3

一日目の大出公園を中心とした取材も一区切りつけて、facebook の友人の投稿で知った「白馬ミニトレインパーク」が、買ったばかりの「るるぶ」に掲載されていたので行ってみた。

Dsc_00616




電気機関車と蒸気機関車がありますと言われて、蒸気機関車に乗ることにした。  蒸気という事でお湯が沸くまで5分ほど待って、お客さんは他にいないので貸切り状態。
手前の機関車に乗ります、ワクワクしてきます。

Dsc_00604_2





Dsc_00611
爽やかな風が吹く木立の中、この蒸気機関車でコースを2周ほどした後、子供に戻ったようなワクワク感が残る中で記念写真を。




他にも、ミニトレインが何台もあります。

Dsc_00614




これは本物の車両のようだ。

Dsc_00603

◆乗車の様子を動画にしてあります。 ⇒ https://www.facebook.com/photo.php?v=478704338925484&l=7765323294368527822





この後は、「ラフォーレ白馬美術館」へ行きました。
この美術館は「マルク・シャガール」の版画作品のみ 480点を収蔵し、常時120点以上を公開しているとか。  彼の生涯を紹介するビデオ映像も見る事ができます。

Dsc_00660





入口のポスター

Dsc_00659





入場チケット  大人¥700

Chagall_4_2





別棟の展示室へ続くところ、中庭が自然のままの感じでとてもいい雰囲気。

Dsc_00658






Dsc_00653
展示作品の撮影は出来ないのは残念。





Dsc_00655
ミニコンサートもできる部屋のようです。
背景は一枚の大きなガラス窓から見える、まるで絵のような中庭。





娘はシャガールが大好きなのでお土産にポストカードを3枚購入、そのうちの一枚。

Chagall_2




次回は2日目の取材の様子をご紹介。

« 安曇野・白馬村の取材から2014-2 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

雰囲気の良い所ですね。
鉄道ファンにも喜ばれそうです。
素敵なところなのにお客さんが少なくて穴場ですね。happy01

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
本当に子どもに戻ったようにワクワクしました。 
ここは、意外と知られていないのかもしれませんね。 facebook友達にミニ機関車をやっている人がいてここを知りました。

こんばんは
アハハ・・・ものすごく楽しそう♪
これはワクワク感たっぷりでしたでしょう!!
長男が電車大好きだったので、連れて行ってやったら喜んだことでしょう。きっと汽車から下りなかったかも。

素敵な美術館ですね。
建物も作品も楽しめますね。

◆ Mikikoさん コメント ありがとう。
子供はもちろんですが、大人も子供に戻ったようなワクワク感で楽しいミニ機関車だと思います。 機会がありましたら是非お出かけください。 
美術館のピアノがある展示室は、Mikikoさんなら、ピアノを弾いてみたくなるような部屋でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/59632555

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野・白馬村の取材から2014-3:

« 安曇野・白馬村の取材から2014-2 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-4 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック