Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 春の庭で2014-3 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-2 »

2014年5月 6日 (火)

安曇野・白馬村の取材から2014-1

五月連休は2~6日までの5日間でしたが、前半の2日間、毎年恒例の安曇野・白馬村の取材に出掛けました。 

1日の夜7時半に湖西を出発、新城市、北設楽郡を抜けて、飯田山本ICより中央道、長野道を通り、2日の0時過ぎに梓川SAに到着(距離240㎞あまり、所要時間4時間半)、ここで仮眠をとる。 その後、早朝4時に起床して行動開始。  薄暗い中を安曇野ICで降りて一路、白馬村を目指します。
(各画像はクリックで拡大表示できます)


途中、「大王わさび農場」付近にある「水色の時」道祖神に、いつもの挨拶をする。

Dsc_00373





そして、大町市街を過ぎて仁科三湖に立ち寄る。  
まずは木崎湖トンネルの手前から。  
いつもは交通量が多くて、とても車を止めて撮影する事はできない場所です。

Dsc_00375




続いて木崎湖の北端 「海の口」にて。 
大好きな構図の場所です。 風も無くきれいな水鏡が見れました。  早朝の集落は、まだ眠っているようです。

Dsc_00380




Dsc_00383
次は中綱湖を目指します。 
桜の季節に間に合ったようです。





中綱湖では予想外の人、車の多いこと。 
桜の撮影することを目的にこの季節が一番の人気のようです。  湖岸道路は車でいっぱい、多くのカメラを構えた人だかりが。  隙間を見つけて車を止めて少しだけ撮影。  先回よりは桜の木が減っているような感じです。 少し風が出てきました。

Dsc_00391




三つ目の青木湖。  隣の中綱湖とは対照的。  青木湖には人の姿は全くありません。 
見るべき桜を入れた構図が見当たらないためでしょうか。 

Dsc_00401




白馬村の大出に到着です。
しかし、こんなはずでは・・・(-_-;)  厚い雲に覆われて北アルプスは全く見えません。

Dsc_00417




後ろの山の展望台に登ってみました。 
まだ、当分雲は無くなりそうにありません。 川岸にはカメラマンの方々も訪れては諦めて、そうそうに引き上げてしまっていません。

Dsc_00427




川岸の集落。 
景観保存されているようです。

Dsc_00428




川岸には桜が咲いていました。 
やや、見ごろを過ぎている樹もあります。

Dsc_00412




しだれ桜越しに一枚。

Dsc_00455

二度目の花見ができた事には感謝です。



 
次回は白馬村で出会った草花、そして昼近くまで待ってようやく雲が消えて青空が広がり、北アルプスが見えてきた様子を紹介します。

« 春の庭で2014-3 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

安曇野・白馬村の風景はいいですね。
桜が今の時期なんですね。
これからの若葉の時期も良さそうですね。happy01

おはようございます

安曇野の風景は自分が忘れていたものを思い出させてくれるような
懐かしく暖かく雰囲気がありますね
川辺に座り、ずーと眺めていたら、時が止まっているみたいでしょうね
安曇野は今が桜の季節なのですね。遅い春をまた楽しませて頂きました
たかちゃんのブログは詩を読んでいるようです
有難うございます
これからも、寄らせていただきます♪
追伸
ブログのコメントのお礼が遅くなってごめんなさい
拙いブログ見て頂きありがとうございました

おはようございます。
日射しと風が気持ちの良い朝です。

和みますねえ。水のある風景はほんとうに美しいです。
青空に桜も良いですが、煙っているのかの桜も落ち着くんですね。
次回のも楽しみにしています。

どの画像からも清らかな信州の風が吹きます。
もっと奥に住んでいたことがあり、スキーでは訪れていましたが、春の景色は初めてです。
桜の作景色はいいですね。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
桜の開花は、浜名湖周辺と比べると、白馬村は一月くらい遅いですね。 おかげで2回も花見ができて得した感じです。 朝晩はやはり冷えました。

◆  jyun さん コメント ありがとう。
ブログを止めてしまったんですね。 確かに楽しいですが、中には困惑してしまう事もありますね。  また、いつかお会いできるといいですね。

◆ Mikikoさん コメント ありがとう。
たった2日間しか滞在できませんでしたが、天候にも恵まれて素晴らしい時間を過ごす事ができました。  また今回はfacebook で知り合った方たちと、実際にお会いすることもできて楽しかったです。

◆ くらんぽん さん コメント ありがとう。
この、残雪と新緑の季節は、何回訪れても感動ですね。 心を充電できるというような感じがします。 飯田山本ICができてたいへん便利になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/59596933

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野・白馬村の取材から2014-1:

« 春の庭で2014-3 | トップページ | 安曇野・白馬村の取材から2014-2 »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック