Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

春の庭で2014-3

数日前から雨降りの天気になり、今日は朝からどしゃ降りでした。 すでにGWの方もみえるようですが、私のところはGW連休は2~6日なので、もう一日頑張ります。 そんな中、春の庭はいろいろな花が咲き出して賑やかです。


ベニバナトキワマンサク(紅花常葉万作)
本来、トキワマンサクは白花で、これは変種との事。 たいへん生育旺盛な樹でリボンのような花が特徴です。 トキワマンサクは国内では私の町、湖西市と伊勢神宮、熊本県荒尾市の3か所のみに自生しているといわれ、近くに自生地がありますが、行って見た事はありません (-_-;)


Dsc_09877




Dsc_09922




すでに4m以上にも成長しています。 

Dsc_09925



ちなみに、私の家にはありませんが白花は、こんな感じ。

450pxloropetalum




シラン(紫蘭) 今年は紫色と白色が揃って咲き出しました。 例年は白花が遅れて咲いています。 両方ともに斑入りの品種です。

Dsc_00125




Dsc_00199
白花と言っても、うっすらとピンクが入っています。




Dsc_00196




ハナズオウ(花蘇芳)

Dsc_00024




Dsc_00029

2014年4月24日 (木)

春の庭で2014-2

桜前線も通り過ぎて代わりに咲き始めたのがハナミズキです。  前庭には紅白で3本植えてあります(各画像はクリックで拡大表示できます)


赤花品種 まだ、高さは2mほどの大きさの樹ですが今年は花付きがいいようです。

Dsc_00049





Dsc_00100





Dsc_00102
咲き始めは、面白い形をしています。





白花、前庭のメインツリーですが、30年以上経って下枝が枯れ込み、上の方だけに花が集中してしまっていますので、なかなか写真には撮れません。 
これは、下の方の幹から芽が出て、花が咲いたもの。

Dsc_00055





Dsc_00109





Dsc_00089
2階から撮ったものですが ハナミズキ以上に、モミジ3本がどんどん葉を広げています (-_-;)




という事で、モミジの若葉が、さわやかになりました。

前庭のモミジ芽出しの頃。

Dsc_09929



現在では、

Dsc_00105





裏庭のモミジの芽出しの頃。

Dsc_09909



現在では、

Dsc_00173
赤みが薄れてだんだん緑色に変わっていきますが、晩秋の頃は再び赤く紅葉します。

2014年4月18日 (金)

ツバキによせて

長い間、美しい姿で楽しませてくれたツバキの花もそろそろ終わりになります。 本当に感謝です。


Dsc_09509

「玉之浦」  今年は樹もかなり大きくなって、花付きも良くなってきた。




Dsc_09105

「蝦夷錦」 今年もたいへん多くの花が咲きました。





散ったツバキの花姿は、自己主張をしているようです。  まさに「ここで咲いた、咲きましたよ」とでも言っているかのように。 
ツバキの花ごと散る様子を、縁起が悪いと言う人もいるけれど、その潔さ、散っても尚、存在感を放つ姿に強い意志を感じます。

Dsc_09601_2






Dsc_09527





Dsc_09201


来年も美しい姿に出会える事を願いました。

2014年4月13日 (日)

2014創元展から

先週は、東京・六本木の国立新美術館で開催されている「示現会展」を見てきましたが、同時開催の「創元展」も見てきたので、何点かをご紹介。

(各画像はクリックで拡大表示できます)


まずは、私が10年間ほど指導を受けた、浜松市在住の服部譲司先生の作品から、
私と同じ白馬を描いても大きな違いがあります。

Dsc_09798_3
「白馬夏霞」  F100号    服部譲司




Dsc_09788_2
「魚と人」    工藤和男 (理事長)




Dsc_09823
「鮭のある一隅」   文部科学大臣賞    佐久間陽子






Dsc_09797
「箱根スカイライン」   会員新人賞    下村清則




Dsc_09818
「アトリエにて」   準会員賞    伏見秀明




Dsc_09817
「黙す」   準会員賞    西村静美




Dsc_09826
「清明」   会友賞     齋藤 均




Dsc_09820
「集合」   奨励賞    高橋昌夫




Dsc_09827
「待ち人来らず」   奨励賞    望月扶美子




Dsc_09814
「早春」    石野幸子



◆私の出品している「示現会展」の詳細は私のホームページに掲載しています。 掲載作品数30点以上を見ることができます。 ギャラリー5.第67回示現会展をご覧ください。

⇒ http://kosai.art.coocan.jp/gyara-5.html


2014年4月 6日 (日)

2014示現会展から

昨日、私が出品している2014第67回示現会展を見に、一年ぶりに東京へ出かけました。 朝は3月の頃の冷え込みとなり、ライトダウンを着てちょうどいい位の気温でした。



例年のように浜松発7時のJR東海高速バスで出発です。 途中、バスの窓越しに富士山が見えました。 まだ、たっぷりと雪がありました。
(各画像はクリックで拡大表示できます)

Dsc_09687





渋谷着は11時、片道4時間のバス乗車はやや疲れますが、料金でガマン。  
午後から六本木の国立新美術館で早速、見学です。 以前は会場が上野の東京都美術館でしたので上野公園の桜見物もできましたが、8年ほど前から会場が六本木に移ってからは、この周辺に桜の樹も少なく残念です。


Dsc_09698





示現会展の会場は2階です。


Dsc_09701_2





第1室の様子  
役員クラスの方々の作品は、やはりどれもしっかりと描き込んであって見ごたえがあります。


Dsc_09716





Dsc_09727





Dsc_09740
「文部科学大臣賞」    「ことりと少年」    桜井淑子






Dsc_09728
「示現会賞 」    「葦枯れの刻」     波多野雅子






Dsc_09720_2
「会員賞」    「水のささやき」    百瀬太虚






Dsc_09730_2
「会員賞」    「ONEDAY2013」    奥田佳子






Haruno_hakubamura_f100
私の作品 「春の白馬村」  F100号    杉浦孝始






周りの作品も含めてみると、私の作品はやや色が弱い感じて、やはり描き込み不足を感じました、反省です。


Dsc_09766




2014年4月 1日 (火)

出品している絵画展のご案内

私の出品している絵画展が、いよいよ明日から東京・六本木の国立新美術館で始まります。(各画像はクリックで拡大表示できます)



第67回示現会展  油彩・水彩・版画の約1,000点あまりが展示されます。

会期 : 4月2日(水)~14日(月) 8日(火)は休館日
      10:00~18:00 (最終日は15:00まで)

会場 : 国立新美術館 



Kokuritu_sinbizyutukan_map


2014_sigenkaiten_2





国立新美術館での会期終了後は、下記日程にて巡回展がスタートします。 会場によっては無料の所もあります。

2014_sigenkaiten_junkaitenjpg

巡回展の会場によって展示作品数は異なりますが、名古屋を例にすると、全国巡回選抜作品に加えて、愛知、岐阜、三重県及び静岡県西部地区の出品者作品を合わせた約150点が展示されます。


◆入場ハガキ(国立新美術館での入場のみ、2名まで入場可)、および招待券(巡回展にも利用可)をご希望の方は、私あてメールにてご連絡ください。   メールは左側の「●メール送信」からどうぞ。

尚、同時開催は、「創元展」、「日本水彩連盟展」です。}

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック