Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

冬の庭で 2014-2

年が明けたと思ったら早、一月も終わりに近づいている。 これでは一年も早く経ってしまいそうと、焦る気持ちが出てきた。 それだけ年をとったのかも・・・(-_-;)  そんな中、冬の庭では。


ようやく、裏庭のロウバイの花が咲き出した。

Dsc_08526





Dsc_08655




下の写真下側の丸く白い御影石の蹲踞(つくばい) は購入してから数年のため、まだ新しくて汚れていないので周りとなじまず、やや浮いて見えます。  
これは京都・竜安寺にある蹲踞を模したもので、刻まれた文字は「吾唯足知」 「われ ただ たるを しる」と読み、水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯知足」の4つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として共有されています。「人は欲張らず、今の自分を 大切にしなさい」という意味で「足る事を知る人は不平不満が無く、心豊かな生活を送る ことが出来る」ということのようです。 まさに自分自身への戒めの言葉のようでもあります。 (-_-;)

Dsc_08657




こちらは、京都・竜安寺にある蹲踞。  水戸光圀公の寄進と言われていますが、一般の見学者が見れるものはレプリカとか。

Ryouanji_tukubai


 


さて、花の少ない冬の庭にあって、鮮やかな色彩で楽しませてくれたサザンカも、そろそろピークを過ぎてきました。  赤色と白色の散った花びらが、地面で咲いているようです。

Dsc_08582





Dsc_08585




道祖神の前もにぎやかです。

Dsc_08589


この後は、やがてツバキが咲き出します。

2014年1月22日 (水)

100号作品の制作は、

100号作品の制作は取り掛かりが遅れてしまって、年明けにようやくスタート。

Dsc_08504_2014113





なんとか、一通り絵の具を載せるところまでこぎつけた。  

Dsc_08610


3月中旬の東京への発送、4月上旬展覧会開催。
完成まで先は長いが、残された時間はあまりにも短い。 やるしかない!

◆勝手ながら、コメント欄は閉じています。

2014年1月16日 (木)

冬の庭で 2014-1

年が明けて、一月も早、前半が過ぎました。  この冬、まだ、私の地域(浜名湖西岸)では雪が降りません。  前回の冬は12月中旬に降りましたので、この冬は暖かいのかもしれません。 そんな中、庭では。


昨年から引き続き、サザンカがきれいな花を見せてくれています。 
毎朝、居間のカーテンを開けると、窓から鮮やかな花姿が目に飛び込んできます。

Dsc_00081





Dsc_0079




前庭では、

Dsc_08366





こちらは、ピンク色の品種。

Dsc_08265




八重の白花品種

Dsc_08456




八重でも花弁が多い品種。  外側の覆輪に薄いピンクが入る上品な白色品種

Dsc_08461


私の家の庭では合計12本、5種類ほどのサザンカが植えてあり、それぞれ、もうしばらくの間、きれいな姿を見せてくれそうです。 

2014年1月11日 (土)

100号制作スタート

年が明けて、お正月も過ぎ早10日。 ようやく100号の制作スタートをした。


 
昨年の10月下旬に下塗りのジェッソを塗布して、今年はいいスタートができたと一安心。 その後、手つかずで年を越してしまった。 結局、例年通り焦って取り掛かる事となってしまった。  思いに行動が伴わない、年初から反省!

Dsc_08378





真っ白なキャンバスに下絵と同じ比率のマス目を引いた後、デッサンをする。 人によって使う絵の具の色ははさまざまなようだが、私はコバルトブルーかバイオレットを使っている。

Dsc_08436

今年の作品は、長野県白馬村の春の風景です。

このデッサンを描いている時は、なぜかうきうきしてきます。  期待と夢が膨らんでくるのかもしれません。  描き進むにつれて押し寄せて来る苦しさも知らないで・・・しばし。  
この後は画面全体に絵の具をうす塗りします。  後2ヶ月で仕上げです。


2014年1月 6日 (月)

カモメとふれあいクルージング

昨年の末に、娘家族と合同の家族忘年会を湖西から1時間くらい、浜名湖北部(奥浜名湖)にある舘山寺温泉のホテルで行った。 翌日は風が強かったが浜名湖の遊覧船に乗り、「カモメとふれあいクルージング」と言うのを体験してみた。


◆浜名湖とは、
浜名湖はもともと淡水湖であったが、1498年に起きた大地震とそれに伴う津波により、浜名湖と海を隔てていた地面の弱い部分(砂提)が決壊し現在のような汽水湖となった。


この遊覧船でクルーズに出ます。(各画像はクリックで拡大します)

Dsc_09923



Dsc_09939
南の方角を見たところ。 はるか遠くは遠州灘(太平洋)に繋がります。





Dsc_09933
東の方角を見たところ。 右手は宿泊した舘山寺温泉街。





右端に富士山が見えます。

Dsc_09936





たくさんのカモメが船に近づいてきます。 エサをもらえる事がわかっています。

Dsc_09964





Dsc_09986





Dsc_00022_2
エサは船内で売っている「かっぱえびせん」¥100 です。 空中に放り投げても上手に獲りますが、このように一つ手に摘まんでいると、すぐに食べにきます。




Dsc_00017
愛嬌のあるカモメの後ろ姿。




Dsc_00014_2





赤い橋は、東名高速道路が浜名湖を渡っている橋で、「浜名湖SA」のすぐ横です。

Dsc_09955





Dsc_09962
◆舘山寺(かんざんじ)
810年に空海(弘法大使)によって創建されたと伝えられる古刹で、舘山(たてやま)という標高50mほどの、浜名湖に突き出た半島の山にあります。 舘山寺は温泉地であるここの町名にもなっています。

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます。 2014

皆さん、あけましておめでとうございます。 (^_^)/
今年もどうぞよろしくお願い致します。



今年は、朝8時にはすでに年賀状が届いていてびっくり(いったい何時に配達されたのか?)
という事で、ブログ年賀状です。 (クリックで画像拡大します)

Nengazyou2014





静岡県西部地区は、今朝はあいにくの曇り空の朝でしたので、こんな感じ。

Dsc_08330





お正月の玄関飾り  

毎年、庭にある樹で造る事にしていますが、今年は初めて白実ナンテンを加えてみました。 しかし、実は鳥に食べられているのでわずか (-_-;)

Dsc_08317_2

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック