Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 晩秋の庭で  | トップページ | 新城市作手・巴川の紅葉(2) »

2013年12月 6日 (金)

2014年カレンダー

今年の8月に東京の企画会社より、私の油絵作品写真を某会社の2014年度カレンダーに掲載したいと電話があり、その後、印刷が完了して先日、送られてきました。 今年度の東京出品作品写真と、もう一枚5、6月の作品をという事で初期の作品写真を提出しましたが、カレンダーを発注されたお客様会社が初期の作品の方を選ばれました 

という事で、送られてきたカレンダーは、

Dsc_08869





このカレンダーの5、6月の部分に掲載された作品写真は、私のホームページ(左側のリンク~季節の風を感じて~参照)の表紙にもなっている作品 「安曇野五月」 F80号 油彩。  私が安曇野風景を描きだすきっかけとなった作品でもある。


Dsc_08868





実は、何年か前にJOMO(現ENEOS?)のカレンダーにも掲載の話がありましたが、企画側と発注したお客様との食い違いとかで、印刷直前に掲載中止になった事があり、今回も半信半疑でした、(-_-;)

ちなみに、その幻となったカレンダーの1、2月部分に掲載予定だった作品は、

Hakuba_f80
「白馬村立春の頃」  F80号 油彩



今回のカレンダーを制作された会社は全国区の会社では無いので、一般の方は見かける事も無いと思われるが、作品写真がカレンダーに採用されたという事は、いい記念になりました。

« 晩秋の庭で  | トップページ | 新城市作手・巴川の紅葉(2) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(o^-^o)

ステキなカレンダーを是非見たいですね
幻になった絵画、好きです

とても素晴らしいことだと思いますconfident
このカレンダーを通して、もっとも多くの方に安曇野の魅力と
何より、たかchanさんの作品の素晴らしさが伝わればと思います。
ボクも好きな作品です。とても癒されます。

こんにちは。

作品が、カレンダーになるなんてすごいですねぇ。

大橋化学さんは、大阪の会社で、じつは私の勤め先とも
取引があるのです。

もしかしたら、たかさんの作品を我が家にも飾れるかも(^^)

絵心のない私でもすごいと思います。
たしか1号がはがき1枚分だったですよね。
80号という大きさだと数ヶ月かけて描くんでしょうね。

はじめまして♪
いつも「ぽちっと」をありがとうございます。

ご自分の作品がカレンダーになるなんて、
とっても素晴らしいことだと思います。
私もこちらのブログに伺う度に、
素敵な音楽とたかchanさんの絵画や写真に、
心が和みます。
これからも是非お邪魔させてくださいね。(^^)

こんばんは。
たかchanさんの作品がカレンダーに。
すごいですね。happy02
確かにカレンダーにピッタリですよね。
おめでとうございます。

こんばんは。

ようやくiPhoneでブログが読めるようになりました。

遅いよね。笑

こんばんは
作品がカレンダーになるなんて
すごいですね~happy02
おめでとうございます~happy01scissors

◆ jyun さん コメント ありがとう。
8月にカレンダーに、という電話があった時は半信半疑でしたが、実際にカレンダーに載った作品を見ると、うれしいですね。 幻のカレンダーもお気に入りの作品です。

◆  bill さん コメント ありがとう。
JOMOほど全国区では無いので、なかなか一般の方には見て頂けないのが少し残念ですが、なにはともあれ、たいへんうれしいことです。

◆ なかっちょ さん コメント ありがとう。
大橋化学さんは私が所属する絵画団体の賞を提供されていた会社だそうです。 なかっちょさんの勤め先と関連がある会社とは驚きです。 意外なつながりがあるものですね。 ひょっとしたら見る機会があるかも。 (^_^.)

◆ ギター弾き さん コメント ありがとう。
現在は80号の上の100号を手掛けていますが、どちらも3か月~4か月ほど制作に時間がかかります。 もっとも、土日の時間のある時に描くだけですから、実制作時間はずっと少ないと思われます。

◆ 凛子さん コメント ありがとう。
実際の作品展示以外に、こうしたカレンダーに掲載されることは、また違った趣でいいものですね。 いつもとは違う方々にも見てもらえる喜びがあります。 今後とも、よろしくお願いします。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
世の中にあるたくさんの絵画の中から、私の作品をカレンダーに採用して頂いた方に感謝しなくてはいけませんね。 ありがたいことです。

◆ 月の裏側 さん コメント ありがとう。
i Phone にも、慣れてきたようですね。 私はまだ持っていませんが、乗り遅れてしまいそうで、危機感を感じるこのごろです。 お体お大事にね。

◆ mik さん コメント ありがとう。
こうした一般の配布、掲示物に自分の作品が採用されるという事は、本当に有り難いことです。  これを励みに、また頑張って制作に取り組む事ができます。

たかChanさん おめでとうございます!
あの絵を見て過ごす一か月は 至福の時でしょう
これからも 注文が相次ぐかも知れませんね
企業のハイテクっぽいカレンダーでなく 
絵画を集めたこんなカレンダー垂涎の的です!

渓谷の素晴らしいお写真もはいけんさせていただきました!

◆ bellaさん コメント ありがとう。
自分の作品写真が、カレンダーに採用されるという事は、 なかなか無い事だと思います。 まして自分から使ってくださいという機会もありませんし、そういう意味では、たいへん光栄です。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/58697955

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年カレンダー:

« 晩秋の庭で  | トップページ | 新城市作手・巴川の紅葉(2) »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック