Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 秋の庭で 2013-4 | トップページ | 鳳来寺山の表参道で »

2013年11月11日 (月)

第2回絵画展から5年・・・

私の第2回絵画展から5年が経過した。  
ちょうどこの時期、私の郷里、愛知県新城市の文化会館展示室で、安曇野風景を中心にSM~F80号までの作品35点を展示した。 会場の様子をご紹介。



会期 : 2008年11月11日(火)~16日(日)

Bunnkakaikann




ポスター掲示

Poster



◆各画像はクリックで拡大します。

会場の様子

Snap_1





Snap_2





一番人気作品は私のホームページの表紙にもなっている「安曇野五月」 F80号。 2001年の作品で私が安曇野の風景を描いた最初の作品。

Sakuhin_1




二番人気の作品だった、「安曇野早春の朝」 F60号 

Sakuhin_2




「安曇野冬の朝」  F80号

Sukuhin_5




「安曇野高瀬川雪景」  F80号

Sukihin_3




「安曇野立春の頃」  F60号

Sukuhin_4




「安曇野神無月」  F60号

Sukuhin_6




花シリーズの5点

Sakuhin_7





師事した服部譲司先生(左端)と私、父親、妻

Hattori


絵画を始めてから20年、集大成の絵画展でした。 

« 秋の庭で 2013-4 | トップページ | 鳳来寺山の表参道で »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
盛大な絵画展だったんですね。
安曇野の風景はいいですね。happy01
第3回の予定はあるのでしょうか。
楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

おめでとうございます

どの絵を見ても
私の好きな絵ばかりです。
安曇野は雪が似合いますね
富山も山の方は雪が降り
またあの白い季節が来るのかと
気構えてしまいます

近くにいれば絶対見に行くのに
ほんの雰囲気だけ行った気分になりました
たくさんの方が来られるといいですね(*^^*)
本当におめでとうございます(*^^*)

こんばんは。

絵画展の開催、おめでとうございます。

どれもすばらしい作品ですねぇ。
できればじかに拝見させていただきたいところですが、
ちょっと遠くて行けません。

花シリーズの小品の5点が、大作の多い安曇野の
風景に負けないくらい、光ってますね。

今回も素晴らしい作品を楽しませて頂き、ありがとうございます。
(PC上ではなく、直接会場に足を運びたいところですが…)
20年の集大成ということで、思いも一入かとconfident
これからも安曇野の四季を画き続けて下さい。

おめでとうございます
私の師匠も服部です。関係無いか
心で描く絵は伝わるんですね
素敵な人生を

素晴らしい会場での絵画展開催、おめでとうございます。
初日のお写真でしょうか、すでに盛況のご様子。
お近くならばぜひ、是非、是非に見せていただきたいのですが。
残念です。雰囲気だけでも味あわせていただきました。


◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
広い会場でしたので心配もしましたが何とか35点の作品を揃えて形になりました。 次回は今のところ白紙ですが、来年にはぜひやってみたいです。

◆ 青空さん お忙しい中をコメント ありがとう。
この絵画展はすでに5年前になりますが、まるで先日の事のように思い出されます。生まれ育った故郷で開催したことで、大変感慨深いものがありました。

◆ なかっちょさん コメント ありがとう。
風景以外の作品は、この花の作品5点だけでしたが、評判は良かったように思います。 花の作品は風景とはまた違う魅力がありますね。

◆ bill さん コメント ありがとう。
安曇野へ通い始めて、すでに13年が経過しました。 初めて訪れた時の感動を忘れずに、これからも安曇野を描いていくつもりです。

◆ 菩素さん コメント ありがとう。
絵画展という作品を発表する機会を持つ事はなかなか大変ですが、やり終えた後の達成感はすばらしいものがあります。 これからも目標を持って、取り組んでいきたいと思います

◆ 木漏れ日さん コメント ありがとう。
生まれ故郷での絵画展開催という事で、同級生や知人等、多くの方の来場を頂きたいへん盛況でした。 5年も経っているのに、先日の事のように思い出されます。

  絵画展開催おめでとうございます。
  20年ですか・・・これだけの作品が一堂に会されたら
  すばらしいでしょうね。 一度実物が拝見したいです。
  もう少し時間にゆとりが取れるようになったら
  ぜひ一度拝見に伺いたいと思います。

こんばんは
生まれ故郷での絵画展、いろいろな思いを持って臨まれたのでしょうね。
近いうちに開催されることを願っております。

お花も描いていらしたのですね。素敵です。

◆ 京都こまちさん コメント ありがとう。
この絵画展からすでに5年が経っています。 これだけの規模で開催するには毎年というわけにはいきませんが、また小規模でも開催したくなりました。

◆ Mikiko さん お忙しい中をコメント ありがとう。
故郷を離れて約30年。 「故郷に錦を飾る」というと大げさですが、いわばそんな心境でした。 故郷との繋がりを継続していたいと思って、故郷の美術協会に加入して、2回/年、作品発表の機会を持っています。

改めて 素晴らしい画業を重ねてこられたことに敬服しています
このあとも 作品がどんどん仕上がったことでしょうね
とにかく グループ展でなく 自分の作品だけで 展覧会ができるなんて
夢のようなことです
お優しい奥様が そばにいて下さって励みになることでしょうね・・

たかchanさま
こんばんは
山好きの小生にとっては、清々しく心洗われる作品の数々。
出来る事なら直接観たいものです。

◆ bellaさん コメント ありがとう。
なかなか、このように大規模な絵画展は出来ませんが、20周年という事で頑張りました。 そろそろ来年春の東京出品作品を手掛ける時期になりました。

◆ 輝ジィ~ジさん コメント ありがとう。
安曇野の風景が好きで十数年描いています。 安曇野と言えばやはり北アルプスの山々ですね。 常念岳、有明山、餓鬼岳 蓮華岳、爺が岳、鹿島槍ケ岳、五竜岳、白馬三山 どの山をとって見ても絵になる山ばかりです。 私は下から見るだけで、輝ジィ~ジさんのように登れませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/58548143

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回絵画展から5年・・・:

« 秋の庭で 2013-4 | トップページ | 鳳来寺山の表参道で »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック