Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 初夏の庭で 2013-4 | トップページ | 初夏を名残り惜しんで「サツキ」 »

2013年6月 5日 (水)

蜆塚遺跡を訪ねた

先日の服部譲司先生の個展の会場、ギャラリー「ぐみの舎」のすぐ前には、国指定史跡の「蜆塚(しじみづか)遺跡」がある。 以前から気になっていたが、今回、時間もあったので寄ってみた。


広い原っぱの中に、縄文時代の竪穴式住居が幾棟も復元してある。

Dsc_05941



Dsc_05939



Dsc_05936


これは少し外観が違うタイプ。

Dsc_05943


この家は、中に入れるようになってたので覘いて見た(入らなかったが) 中はこんな感じ、期待したが何も無い土間だけ。

Dsc_05944_2




Dsc_05946_2



すぐ横には、「貝塚」が発掘され、屋根と金網で保存されていた。

Dsc_05957


金網の中には、数千年の時を経てあらわになった、おびただしい数の貝殻の層が。

Dsc_05953




Dsc_05954



Dsc_05948


「貝塚」は、縄文人の「ゴミ捨て場」だったんですね。 (-_-;)

« 初夏の庭で 2013-4 | トップページ | 初夏を名残り惜しんで「サツキ」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
蜆塚遺跡初めて知りました。
竪穴式住居が復元されていて、実際の貝塚も見られるんですね。
実際に見てみたいです。happy01

ゴミ捨て場ですら、今となっては遺跡な訳ですから、
縄文文化へのロマンは奥が深いですね。
ボクも実は何気に遺跡が好きで、三内丸山(青森)へ
行った時の感動は、鮮明に覚えています。
ここも行ってみたいですね。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
こうした遺跡は全国各地にあるようですね。 貝塚が掘り出された形のままで見れるようになっているとは思いませんでした。 しかし、屋根はあるものの、風雨にはさらされている
ようですので、いつまで保存できるのか疑問です。

◆ bill さん コメント ありがとう。
数千年前にここに住んでいた人達がいて、どんな生活をしていたのかと思いを巡らすのは楽しいですね。 そして、改めて時の流れと大自然の脅威、宇宙の生態系など、ロマンを
感じずにはいられません。

本当に しじみが出てきましたね! なにか 昨日食べた貝殻のようで
驚きました   貝塚は いくつか見たような気がしますが  こんなに
まとまって出土しているのには びっくりです

こんにちは。

静岡には登呂遺跡があって、母が住んでいたところがすぐ隣りでした。

小さい時はそこでよく遊んでいたな~。

青森には三内丸山遺跡があります。

◆  bella さん コメント ありがとう。
貝塚は約1m ほどの層になったものが、そのまま見れるようになっています。 屋根はあるものの、雨風は当たるのでだんだん劣化してしまうのではと思いました。 

◆ 月の裏側さん コメント ありがとう。
静岡の登呂遺跡は有名ですよね。 私も子供の頃に遠足か何かで行った記憶があります。 その時買った竪穴式住居のお土産が今でも実家にあります。 縄文時代から時の流れが続いていると思うと、ロマンを感じますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/57497545

この記事へのトラックバック一覧です: 蜆塚遺跡を訪ねた:

« 初夏の庭で 2013-4 | トップページ | 初夏を名残り惜しんで「サツキ」 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック