Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

梅雨の庭で 2013-2

気が付いたら、すでに夏至を過ぎていた梅雨の庭で咲いている花々は。


モントブレチア (ヒメヒオウギスイセン ・ 姫檜扇水仙)
別名 クロコスミア  南アフリカ原産
先週末から咲き始めた 庭がオレンジ色でパッと明るくなった。

花ことば : 良い便り 楽しい思い出 陽気 清楚な人 気品 芳香 謙譲の美

Dsc_06608_2



Dsc_06607



アガパンサス 和名 : 紫君子蘭(ムラサキクンシラン)
梅雨の庭に、さわやかな風が吹いてくるような感じがする花です。

花ことば : 誠実な愛 恋の季節 恋の便り 恋の訪れ

Dsc_06616_2



Dsc_06615



ゼフィランサス  和名:玉簾(タマスダレ) 別名:サフランモドキ 
  種がこぼれて庭のあちこちで咲いています。 白色、黄色やベージュ色のものもある。 
花ことば : 純白の愛

カリナタ

Dsc_06582_2

Dsc_06592



























シトリナ

Dsc_06598



アプリコットクイーン

Dsc_06597



ハブランサス・ロブスター 
ゼフィランサスとよく似ているが、花が横向きに咲き、明るいピンク色が美しい。
ゼフィランサスと同じように、雨の後に花茎を伸ばしてくるので、レインリリーと呼ばれるようです。  
 
Dsc_06497



Dsc_06591




ギボウシ(擬宝珠)
やさしい色合いがいい。

花ことば : 沈静 心の落ち着き 

Dsc_06495



クチナシ 
花ことば : 清潔 清浄 優雅 幸福者

八重咲き

Dsc_06399_2



一重咲き

Dsc_06586

2013年6月23日 (日)

新東名高速道路工事(2)

昨年9月に私のブログで、愛知県新城市で工事が進む新東名高速道路の様子についてご紹介したが、その後の様子を再度、ご紹介。


Dsc_06522_2
昨年は繋がっていなかった部分も繋がり、足場も撤去されている(山吉田)。 向う側は浜松引佐JCT方面。



Dsc_06525
こんな巨大な橋桁を造ってまでも、山の間を通すのか?



Dsc_06534



下を流れるのは豊川で三河湾に注ぐ。 ちょうど接続工事をしている様子。

Dsc06530



すぐ上流は宇連川(右)と寒狭川(左)が交わり、豊川(手前)となる場所で、長篠城があったところ。  「長篠城址史跡保存館」にて、長篠の戦いに関する遺品、文献などを保存して、約200点の常時展示が行われている。

Dsc_06531



新城ICの工事が進む。  
ここは織田・徳川連合軍と武田軍が闘った、長篠(設楽原)の戦い(合戦)の行われた場所。 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%AF%A0%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

Dsc_06538



のどかな田園風景の中にも工事は行われている。

Dsc_06539



ここには山が削られて設楽原PAが建設される。

Dsc_06544



来年、2014年(平成26年)には浜松引佐JCT-豊田東JCT間が開通予定。 
完成後にはこのあたりの流通も大きな変貌を遂げ、周辺の環境も大きく変わる事だろう。  しかし、必ずしも良い事ばかりでは無く、環境変化による周辺への影響も少なからず出て来る事と思われる。 便利さと引き換えに弊害も生じる事を忘れてはならないと思う。

2013年6月20日 (木)

示現会名古屋展(巡回展)

来週、26日(水)~30日(日) 名古屋・栄の愛知県美術館ギャラリーにて、示現会名古屋展(巡回展)が開催されます。 私は東京、浜松に続いて3回目の出品となります。


 

Sigenkai_nagoyaten2013


全体では全国巡回用に選抜された作品に、愛知、岐阜、三重、そして静岡県西部地区の出品者を加えた150点あまり(油彩・水彩)の展示となります。 

ご希望の方には、2名まで無料入場できる招待状をお送りしますので、下記、私あてのメールにて、連絡ください。 ⇒ t-sugiura08@nifty.com

2013年6月16日 (日)

lata(ラタ)さんのライブ

今日は隣町の愛知県豊橋市で lata(ラタ)さんのライブがあったので、夕方行って来た。 


会場は豊橋市東部の新興住宅地の一角で、Elu-cafe(いるカフェ) というお店。
一見、普通の住宅のような建物、平屋建て、一部ロフト付きの吹き抜け。

Dsc_06429


庭には、ビオトープが造ってある。

Dsc_06440



こんな遊び場も、これはトンネルだ!。

Dsc_06435


今回は三重県は名張市、松坂市そして愛知県の豊橋市と廻って来たようだ。 ちなみにlataさんは、妻の姉の娘の旦那さんで、長野県飯田市に在住するインド系音楽のミュージシャン(長野県松本市出身、本名は一志 新)、昨年CDもリリースしている。 全国各地をライブで巡っていて、今回はインド舞踊の女性「あみ」ちゃんとのコラボとの事。

Dsc_06454_2
彼の演奏する楽器はギターとインドの民族楽器のひとつエスラジ、そして彼の歌。



Dsc_06462_2


彼の歌と演奏に合わせて、静かに時には激しく踊る「あみ」ちゃん。

Dsc_06468

Dsc_06475_2


あの2年前の3月11日の出来事の後、できた曲「平和な未来へ」でフィナーレ。 この曲は下記 You Tube のリンクにて聞けます。

◆ ライブの様子はご紹介できないが、以前、You TubeにUPされた映像はこちら ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=YyQEsLMTtFc&feature=youtu.be 


◆ ホームページはこちら ⇒ http://waccamuse.wordpress.com/
  CDの購入もできます。

2013年6月11日 (火)

梅雨の庭で 2013-1

梅雨も中休みなのか、まとまった雨が降る気配がない。 そんな中、庭の花たちは季節を感じて咲いている。


アジサイ(紫陽花) 
花ことば : 移り気 高慢 無情 冷淡 辛抱強い愛情   
       ガクアジサイ(額紫陽花)の花ことば : 謙虚

私の家のアジサイは、ガクアジサイが2種類のみ、品種名は不明

Dsc_06334



これは道路際に植えてあるもので、装飾花が白色。

Dsc_06287



Dsc_06288
毎年、花後にかなり剪定しているが、それでも大きくなり歩道にはみ出している。




ヘメロカリス

 
朝開き夕方にはしぼんでしまうところから、デイリリーの別名を持つ。 日本に自生しているニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウと同じ仲間。 

Dsc_06362



2~3色の品種を植えたつもりだが、今のところ、この色しか咲いていない。

Dsc_06298




Dsc_06360_3




2013年6月 8日 (土)

初夏を名残り惜しんで「サツキ」

いつの間にか梅雨入りしているが、今のところあまり雨が降り続く気配は無い。 そこで、初夏を名残り惜しんで咲いている、庭の「サツキ」の花をご紹介。


サツキ(皐) 
花ことば : 節制 節約


裏庭の大株(品種名不明)  直径は1m以上ある。

Dsc_06111_3


以下、同様に品種名不明

剣弁

Dsc_06153




Dsc_06192


千重咲き

Dsc_06185




Dsc_06190



淡い紫色の品種

Dsc_06163



采咲き(深い切れ込みが入る)

Dsc_06164



これは花径が7~8cmくらいもある。 サツキとしては大型の花。

Dsc_06198




Dsc_06196


咲き分けなのか?

Dsc_06199


花が終わると刈込です。 殆どのものは、すでに株と株がつながってしまって、株の区別がつきません。

2013年6月 5日 (水)

蜆塚遺跡を訪ねた

先日の服部譲司先生の個展の会場、ギャラリー「ぐみの舎」のすぐ前には、国指定史跡の「蜆塚(しじみづか)遺跡」がある。 以前から気になっていたが、今回、時間もあったので寄ってみた。


広い原っぱの中に、縄文時代の竪穴式住居が幾棟も復元してある。

Dsc_05941



Dsc_05939



Dsc_05936


これは少し外観が違うタイプ。

Dsc_05943


この家は、中に入れるようになってたので覘いて見た(入らなかったが) 中はこんな感じ、期待したが何も無い土間だけ。

Dsc_05944_2




Dsc_05946_2



すぐ横には、「貝塚」が発掘され、屋根と金網で保存されていた。

Dsc_05957


金網の中には、数千年の時を経てあらわになった、おびただしい数の貝殻の層が。

Dsc_05953




Dsc_05954



Dsc_05948


「貝塚」は、縄文人の「ゴミ捨て場」だったんですね。 (-_-;)

2013年6月 2日 (日)

初夏の庭で 2013-4

初夏の庭で の4回目。


ブーゲンビリア
花ことば : 魅力溢れる あなたしか見えない 情熱 薄情 

Dsc_05835
冬越し用に玄関の中に取り込む必要があるので鉢植えにしている。 4月から戸外に出していたもの。



トキワヤマボウシ(常磐山法師) 
ハナミズキに似ているが、日本、中国等に分布していて、常緑で落葉はしない、葉の幅が少し狭い、開花時期が少し遅いなどの違いがある。 黄色がかった花も時間が経つと白くなってくる。

Dsc_06144



ゼラニューム  和名:アオイ(葵)  テンジクアオイ(天竺葵)
花ことば: 愛情 安楽 追憶 育ちの良さ 真の友情

Dsc_06172



ニシキギ(錦木)  紅葉が美しいこの木の花は、たいへん小さく控えめだ。

Dsc_05676



ブルーサルビア  和名 : ヒゴロモソウ(緋衣草)
花ことば : 青色花は、永遠にあなたのもの 赤色花は、あなたのことばかり思う

Dsc_06104


品種名不明 ←ヒメヒオウギ だそうです、コメント ありがとう。

Dsc_06106_2


タイム
花ことば : 活発 行動力

Dsc_06174



品種名不明

Dsc_06202


もう、梅雨入りしたんですね。 知らなかった。

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック