Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 初夏の庭で 2013-2 | トップページ | 服部譲司先生の個展(1) »

2013年5月15日 (水)

服部譲司先生の個展案内

服部譲司先生の個展案内です。

服部譲司先生は私が10年間ほど、ご指導頂いた先生で、絵画団体の創元会運営委員、審査員、日展会友、浜松市在住。 安曇野市穂高の有明山のふもとに、アトリエまで構えるほど安曇野に惚れ込み、ライフワークとして安曇野風景を描いている。 他に花の絵はたいへん美しく繊細でやさしい。
現在、私が安曇野風景を描いているのも、先生に出会えた事による、私にとってまさに原点。

会期 : 5月18日(土)~26日(日)  22日(水)はお休み
      10:00AM~6:00PM

会場 : ギャラリー ぐみの舎(いえ)
      浜松市中区蜆塚3丁目2-17
      Tel:053-452-5843

Hattori_koten_omote


Hattori_koten_ura



会場の「ぐみの舎」の前庭のバラ(品種名は連弾)の昨年、5月の様子。
3年ほど前にアーチ上部を覆い尽くしていたバラが枯れてしまって、一昨年はかろうじて根元部分ら伸びた新芽がさびしかったが、昨年は成長して写真のようにたくさんの花を付けていた。  おそらく今年は再びアーチ上部にまで伸びて、見事な姿を見せてくれるものと思われる。


Dsc01830_ris



Rendan

« 初夏の庭で 2013-2 | トップページ | 服部譲司先生の個展(1) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
恩師の個展ですね。
紹介していただいた絵は緑が目に鮮やかで印象的です。
個展の成功をお祈りしています。
バラのアーチは綺麗なんでしょうね。
見てみたいものです。

こんにちは。入江と申します。

今回の個展では機関車の絵の展示もございますでしょうか?。

また、購入も可能でしょうか?。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
毎年、5月のこの時期に地元のギャラリーで個展を開催されています。 私は、10数年前にこのギャラリーで先生の個展を見てから、先生の教室に入り10年間程、指導を受けました。 まだまだとても先生の様には描けません。

◆ 入江一徳さん コメント ありがとう。
機関車の絵の展示については、何とも言えませんが、先生のお宅にはおそらく保管されていると思いますので、一度「ぐみの舎」に電話で確認されるといいでしょう。 
個展で展示される作品は、全て価格表示がされていて購入可能です。 
先生の機関車の絵を教材にした本が出版されています。 昨年の個展の様子は ⇒ http://kosai-art.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-6b1a.html

◆ 入江一徳さん 再度になります。

本日18日(土)、服部譲司先生の個展初日に見に行ってきました。
入江さんのご質問の機関車の作品は3点、展示がありました。
お時間がありましたら、ぜひお出かけください。
たいへん丁寧な細かい描写の作品に感心しました。

もちろん販売していますので、購入可能です。

服部さんと言う方も 素晴らしい安曇野を描かれるのですね
影響を受けられたことが よくわかりますが たかChanさんと それぞれ
違った個性を持っておられて  羨ましい師弟関係です!

ばらのアーチくぐってみたいです!

◆ bella さん コメント ありがとう。
本日、個展初日に伺ってきました。 先生の作品を見て改めてレベルの違いに愕然としました。 10年習っていてもまだまだ遠い存在です。 この後、風景と花の2回に分けてブログにUPしますので、ぜひ、見てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/57340889

この記事へのトラックバック一覧です: 服部譲司先生の個展案内:

« 初夏の庭で 2013-2 | トップページ | 服部譲司先生の個展(1) »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック