Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 服部譲司先生の個展(2) | トップページ | 内山ヒロ子さん絵画展 »

2013年5月24日 (金)

初夏の庭で 2013-3

初夏の庭での3回目。 

シンビジュームは数年もすると葉が広がりたいへん場所もとるので、10年ほど前から冬越しも戸外のままとしている。 当然、開花は遅くなり、いい花も咲かないようだが、今年咲いている花をご紹介。

花ことば : 高貴な美人 飾らない心 素朴

ワルツ

Dsc_05754


メロディーフェア・マリリンモンロー

Dsc_05793_2


品種名不明

Dsc_05758


下の写真のようにサザンカの樹下に置いて、冬の霜除けおよび、夏の日除けも兼ねている。

Dsc_05801


チェリーセージ 斑入り葉種

Dsc_05710


シラン(紫蘭)の白花種 (斑入り葉種)

Dsc_05820



ガーベラ
花ことば : 神秘 神秘的な美しさ 希望 悲しみ 究極の美

Dsc_05814


 

« 服部譲司先生の個展(2) | トップページ | 内山ヒロ子さん絵画展 »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

シンビジュームは冬季でも屋外OKなのですね。この花はフレーム内でなければ冬越しが出来ないと思っておりました。
屋外でも綺麗に咲いていますね、「たかchan」さん宅の環境も良いのでしょうね。
季節ごとに咲く花に囲まれたお庭、眺める楽しさ、育て管理する楽しさ、潤いのある生活は心身共に癒されます。

おはようございます。
これだけ咲いていると楽しくなりますね。happy01
これから暑くなってきますから、庭仕事も大変になりますね。
体調崩さないように頑張ってください。

◆ country walker さん コメント ありがとう。
シンビジュームは年中、戸外のままですが、西風が当たらない場所で、サザンカの樹下に置いてあります。 やはり温室フレーム内のものよりは花数が少ないように思います

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
これからの季節は草取りが大変です。 私の家ではドクダミとヨモギ、チガヤがたいへん旺盛にはびこってきますので、まさに暑さ含めて格闘です。 

シンビジュームが通年屋外で元気だなんて驚きです!
温室などで、きちんと管理しないとダメなのかと思っていました。
やっぱり暖かいんですね。福島では考えられませんthink
それにしても、庭にあると華やかさが違いますね。

今回は ランのお仲間ですね  ランだけでもこんなに種類があって
お庭を歩かれるのも本当にお楽しいことでしょう
我が家のランは 知らんうちに! 年々先細りです!

◆ bill さん コメント ありがとう。
最初はダメ元のつもりでの戸外での越冬でしたが、何とか枯れずにいましたので、以後室内での越冬は止めてしまいました。 確かに花数は少し少ないようですが。

◆  bella さん コメント ありがとう。
ランは花期が長いのがいいですね。  ブリジット・バルドー と言う品種が何年も咲かないので、今年は植え替えをしようかと思っています。 もう何年も植え替えていないので鉢から株が抜けるかな?

「高貴な美人」・・・。

うんうん。

どうも花言葉に目がいってしまうね。(笑)

飛び石の小路、とっても素敵です。

歩いてみたいな~。

けんけんぱ、で。

◆ 月の裏側さん コメント ありがとう。
すでにFBでご紹介のものばかりです。 ここは前庭の木立に囲まれた散策路の部分で、右側のサザンカの樹下にシンビジュームが冬季も戸外に置いてありますが、さいわい越冬できるようです。 飛び石はホームセンターで購入した御影石の丸形と四角形を組み合わせて敷いてあります。 こういった造作が私の趣味のひとつである「庭いじり」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/57398906

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の庭で 2013-3:

« 服部譲司先生の個展(2) | トップページ | 内山ヒロ子さん絵画展 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック