Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安曇野・白馬村 取材(3) | トップページ | ミツバチの缶バッジ »

2013年4月 7日 (日)

ツバキによせて

ツバキの花は、ご存知のようにサザンカの花びらが一枚一枚散るのとは違い、花ごと落ちる。 そして、地面に落ちてからも、その姿を崩さない。 それはまるで、「ここで咲いた。」という事実を主張しているかのようだ。 散った後も確実にその存在感を放っている。

Dsc05092



Dsc05142




先日のブログで紹介した絞りののツバキはその後、観察してみると、赤色以外にも白い色の花も咲いている事が分かった。 という事で、この樹は絞りの咲く樹ではあるが、赤色も白色も咲く枝がある。 


Dsc05095


赤色の花ばかりの枝も、

Dsc05096

tama さんという方からのブログへのコメントによると、
この品種は「蝦夷錦」いうものらしく、成木になると花色が変化した枝を生じやすい、絞り模様の花枝に混じって、赤や白の花が咲く枝が多くなるかもしれない。
との事でした。 確かに樹が小さなうちは絞り以外の赤や白の花は咲かなかったように記憶している。 いろいろな色の花が咲いて楽しいのかもしれないが、このままにしておいていいものかどうか・・・。


そうこう思案している間に、夕暮れの中、妖しい美しさでシャガも咲き出していた。
花ことば : 決心、抵抗、反抗  ・・・とは (-_-;)


Syaga



« 安曇野・白馬村 取材(3) | トップページ | ミツバチの缶バッジ »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
 ツバキやシャガの花がきれいですね。
 それから、何色かに咲き分けている「蝦夷錦」も、樹が大きくならないとこ 
 のように咲き分けないので、私はこちらの方が好きですね。なお、このまま
 でも 枯れる心配はないです。
 別の品種で「五色八重散椿」という、5種類の花に咲き分けるツバキもあり ますので、この咲き分けは貴重といえば貴重ですね。

美しさを永遠に・・・
存在感があるだけになんか切なくもありますね・・・
絞りの椿もあるんですね。
赤い椿のかんざし可愛くて数年前購入しましが
こういう美しさのお花だったんですね。


◆ tama さん コメント ありがとう。
咲き分けという事で、これはこれで、またおもしろいという事でしょうか。
全ての枝が絞りの花以外になってしまうわけでは無いようなので、このまま、
赤や白い花の枝を切らずにおきたいと思います。 

◆ ゆらさん コメント ありがとう。
ツバキの花はたいへん種類が多く、奥が深いように思います。
良く見かける一般的なヤブツバキの赤色は、たいへん好きな色です。
地面が赤く染まるような時期には、感動的ですね。

椿は落ちる姿に風情がありますね。
日本の庭には1本は欲しい木です。
シャガも綺麗ですね。この花も当地では咲きません。シャガって初夏の花という感じがしますが、桜ももう葉桜のようですし、気候がこんなにも違うことに驚きます。

たかchanさんへ

 椿の季節も、終わりに近づいて
きたのでは、ないでしょうか。
花ごと落ちるということは、
初めて知りました。happy01
 赤い椿が目立ちますが、たくさんの
種類があるのですね。
 春の嵐が過ぎると、花が一斉に
咲きだすのでしょうね。happy01

椿、好い花ですね~
自分も花びらがバラバラになって散る山茶花より好きです(わがの庭にも両方植えてありますが)
昔の武士は首が落ちると嫌ったとか・・・でも「たかchan」さんが仰る様に、「地面に落ちてからも、その姿を崩さない」その姿が実に美しく風情がありますね。シャガも咲き始めましたか・・・いよいよ春真っ盛りになりましたね。

こんばんは。
椿は、同じ木なのに花の色が違うものがあるんですね。
知りませんでした。
シャガも初めてみました。綺麗な花ですね。happy01
春らしい日に、時間をかけてゆっくり見て回りたいですね。

◆ 木漏れ日さん コメント ありがとう。
以前、春の京都を旅行した時、お寺の脇道の地面に赤いヤブツバキの花が落ちているのを見た時、いい雰囲気を感じました。 サザンカとは違いますね。 やはり日本の庭にはあっているようです。

◆ としちん さん コメント ありがとう。
晩秋のサザンカに始まり、年が明けて立春を過ぎた頃から咲き始めたツバキもそろそろ
終わりごろになりました。  ツバキはたいへん多くの園芸品種があり、ホームセンター
などでも、いろいろな種類のものが売り出されています。

◆ country walkerさん コメント ありがとう。
私も、最近はツバキの花が好きになりました。 落ちても姿を崩さない様子が、あいまいさが無いようで、いいです。 周辺の山に自生しているヤブツバキも素朴な美しさがあり
好きです。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
サツキなどでは、咲き分け という品種のものが多く見受けられますが、ツバキにもあったんですね。 一度は絞り以外の花が咲く枝は切ってしまおうと思いましたが、一本の樹で
いろいろな色の花が咲くのは、これもまた風情があるのかなと思い、切るのを止めました。

福島はようやく桜が咲き始めましたcherryblossom
ツバキの季節はもう少し先ですが、たかchanさんを始め皆様のブログをとおして日本の四季の移ろいを知ることが出来るのって、改めていい時代だなぁと思います。

◆ bill さん コメント ありがとう。
昨日の暴風雨は被害はありませんでしたか。 さいわいこちらはありませんでしたが。
本当にその通りですね。 ブログを通して、全国の方々の地域の情報を得る事が出来るのは、たいへん貴重ですね。 また、昨年夏ごろから Facebook もやり始めて、こちらでも
ブログ以上にリアルタイムでいろいろな方と交流をしています。 やや、PCに向かう時間が増え過ぎていると反省していますが ・・・ (-_-;)

本当にそのままの姿で落ちるのですね・・  
椿の花、美しいと同時に やはり胸騒ぎがしました~
椿だけでも こんなに種類がある たかChanさんのお庭は
どんだけ広いのですか~~! happy01

◆ bellaさん コメント ありがとう。
落ちたツバキ花が、何か語りかけてくるような感じさえしますね。 その存在感には
ハッとするものがあります。 現在咲くツバキの樹はこの写真の3本だけです。
今週末に、示現会展を見に東京へ行きます。

こちらにもコメントをm(_ _)m
シャガ、好きなお花のひとつなのですが、花言葉を見て・・・意外な・・・coldsweats02
鎌倉の妙本寺という境内にたくさん咲いていたんですよ。
この間は千鳥が淵でも、この花を見つけて写真に収めて来たのですが。

◆ Mikiko さん コメント ありがとう。
シャガ の美しさは、何か妖しさを感じますが、そんなところが、花ことばと少しは関連しているのかもしれません。 でも、花ことばって、意外と、花姿のイメージとは全く関連しそうもないものが多いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/57091575

この記事へのトラックバック一覧です: ツバキによせて:

« 安曇野・白馬村 取材(3) | トップページ | ミツバチの缶バッジ »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック