Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 私の絵画展・作品(2) | トップページ | 絵画展からの帰り道で »

2013年3月12日 (火)

春の庭で 2013

北国では、まだ雪の降る日もあるようだが、地域によっては春を迎えているところもある。 「三寒四温」の言葉のように、寒さと暖かさを繰り返しながら、確実に春になりつつある。 そんな春の庭で咲く花は。


ジンチョウゲ(沈丁花) 
一月につぼみを付けて以来、2ヶ月を経過してようやく先週、開花した。 ロウバイと共に懐かしいような香りがただよう。

Zintyouge_3


フキノトウ
いつの間にか開花していた。 つぼみの状態ものを天プラにすると聞くが、いまだ食べた事は無い、というより、いつも気が付くとすでに花が開いている。

Fukinotou


ツバキ
絞り咲きのもの。 今年はなぜか花数が少ないようだ。

Tubaki_1


こちらは、小型の品種。

Tubaki_2


ツバキは花首から、そのまま、散るというより、落ちる。 サザンカのように花びら一枚一枚では散らない。  好みの分かれるところか。

Tubaki_3


スイセン
先週末の暖かい日差しの中で、一斉に咲き出した。

Suisen_3

« 私の絵画展・作品(2) | トップページ | 絵画展からの帰り道で »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

たかchanさんへ

  早春の花が一斉に開花していますね。happy01
つばきは、道沿いでは、赤のものが目立ちますが、
多くの種類があるのでしょうね。
 入れ替わりで、これから、お庭がに
ぎやかになりますね。happy01

こんばんは。
花が咲いてくると春の訪れを実感しますね。
そちらはふきのとうが、もう開いてしまっているんですね。
暖かいのが羨ましいです。
こちらもやっと春が感じられるようになりました。happy01

んー、春ですねconfident
そにしても、沈丁花の葉がとてもしっかりしているように見えます。
温暖な気候の方があうということなんでしょうか。
我が家のも丈夫に育ってくれてはいるのですが…

こんばんは
寒暖の差が激しいですね。

沈丁花、こちらでも咲き始めていて、良い香りが漂っています。
小さい頃に住んでいたお庭に沈丁花があり、この香りを嗅ぐと、フラッシュバックしますhappy01
ふきのとう!!天ぷら美味しいですよnotesといっても、お店で買ってくるフキノトウですが・・・weep

私の住む処よりは一足も二足も早い春の風景。
沈丁花の香りが漂ってくるような素敵な写真。沈丁花、こちらでは露地ではなかなか育たないのです。暖かいんですね。羨ましいです。
桜の便りももうすぐでしょうか。

たかchan、今晩は。
 いろんな花が次々と咲き、日増しに春の気配が強くなってきましたね。
 とても弾むような気持ちになります。
 花粉症なので、対策にマスクをして外出していますが、それでもやっぱり
 春はいい季節です。

沈丁花の香り、この香りが何処からとも無く漂ってきた時に自分は春を感じます。
お散歩途中にこの木を植えてあるご家庭があり、塀の向こうで花は見えませんが何時も良い香りがしてきます。

関東はもの凄い風に
梅の花びらが耐え切れず散り
それ以上に土煙で目をあけて歩けないほど・・・

三寒四温の温の日は強風のこの頃です(゚ー゚)

◆ としちん さん コメント ありがとう。
これから、どんどんと春の花が咲いてきますね。 それと共に雑草も伸びてきて、
忙しくなります。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
フキノトウ は花が咲く前の写真を撮りたかったのですが、気が付いた時には、
もう花が咲いていました。 少し遅かったようです。 (-_-;)

◆ bill さん コメント ありがとう。
東北南部まで栽培できるようですが、やはり暖かい方が生育はいいと思われます。 多少の大きさの違いが出るのかもしれませんね。

◆ Mikiko さん コメント ありがとう。
ロウバイ と並んで、昔懐かしい香りがいいですよね。 フキノトウはお店でも売ってるんですか、もう、遅いかなあ (-_-;)

◆ 木漏れ日さん コメント ありがとう。
沈丁花は暖地向きの樹のようですから、寒さの厳しい地域では生育があまり良くない
ようです。 桜は今月下旬ごろでしょうか。

◆ tama さん コメント ありがとう。
春が近づくと、いろいろな花が咲き出して楽しくなりますね。 ただ花粉症の方は、
あまり歓迎できないのかもしれませんが。  マスクが手放せませんね。

◆ country walker さん コメント ありがとう。
目には見えなくても、香りで存在がわかるなんて、実に日本的な
情緒あふれるものですね。 懐かしいような、この香りはいいものです。

◆ wani さん コメント ありがとう。
このところ、各地で 黄砂、PM2.5、煙霧 と、大変な様子です。 以前はあまり
聞かなかった事ですが、ここ数年、被害が大きくなっているようですね。
 困ったものです。

たかchanさん、こんばんは。

こんな綺麗な絞りのツバキもあるんですね。初めて見ました。

それにしてもたくさんツバキの花が落ちていますね。

昨年の春、京都の銀閣寺に行った時、ツバキの回廊が山道に作られてあって珍しいなあと思いました。

フキノトウね。もう静岡はこんな状態なんですね。
私はフキミソが大好きで、よく作り・・・、いえ、作ったものをいただきます・・・。

春はフキノトウ、つくしとと、食べられるものいっぱ~い。

◆ 月の裏側 さん コメント ありがとう。
お忙しい中をいつもコメント 恐縮します。 
こちらでは、風は毎日強いですが、三寒四温を繰り返しながら、春になっています。 
アイプロガーデンの雪が融けて、草花が見られるようになるのが待ち遠しいですね。

本当、三寒四温ですね   ふきのとうは美味しいです~~
苦くて大人の味!
千葉の水仙は終わりかけていますが 種類が違うのでしょうね
白梅を メジロやヒヨドリが 食い散らすので 見張りが大変です・・

雪の季節ではなくなりますが 今度は春から夏にかけて
また素晴らしい絵を描いて お見せ下さいね!

こんばんわ。
母の実家の裏は昔、蕗の藪で夏には蛍が舞っていました。
庭に蕗なんていいですね。
ふきのとうの天ぷらには遅くてもきゃらぶきなんて酒のつまみに最高です。

母が一輪挿しにツバキをよく生けてくれますが、ぽたっと花が落ちるのを毎回とても嫌います。

私はツバキがポタポタ落ちる景色、嫌いじゃないです。いっせいに茶色に朽ち果てていくのもなんだか感心してしまう。。。

草花はあまり詳しくないけれど年々気になってきました(^^)
これも年齢のせい?(笑)

◆ bella さん コメント ありがとう。

フキノトウ まだ食べた事はありません。 一度食べてみたいと思っているのですが、見つけた時には花が咲いていました。  
今日、示現会展の作品を東京に発送しました。 4/3~15 まで、国立新美術館です。

◆ がるうぃん さん コメント ありがとう。

がるうぃん さん にとって、フキは想い出のものなんですね。 きゃらぶき はフキの茎の部分ですか、よく長野等のお土産物で見かけます。 フキは庭(畑)に植えたままで、食べた事はありません。

◆ フローレン さん コメント ありがとう。

ツバキの首から落ちる事、サザンカの一枚一枚落ちる事、好みの分かれるところでしょうね。 京都のお寺で道端に紅いツバキが落ちている光景は風情がありますね。
草花を愛おしく思うのは、年齢では無く、心にゆとりが生まれてきたのではありませんか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/56936585

この記事へのトラックバック一覧です: 春の庭で 2013:

« 私の絵画展・作品(2) | トップページ | 絵画展からの帰り道で »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック