Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 春の庭で 2013-2 | トップページ | 春の庭で 2013-3 »

2013年3月21日 (木)

私の作品 「安曇野冬の朝」

3月も下旬になり北国ではまだ雪はあるものの、冬の話題もふさわしくなくなってきたので、私の作品で雪景色作品の中から最後に1点をご紹介。


「安曇野冬の朝」  F80号   2008年示現会展出品作品


Azumino_fuyunoasa_f80

この絵の場所は北安曇郡池田町・堀之内。 
2008年の私の第2回絵画展の案内状にも掲載した作品で、私のお気に入りの一枚でもある。

 
この絵の中央にある大きな木は、現在は伐採されてしまって無くなっている。 それぞれの事情はあるのだろうが、描く側にとっては残念と言わざるを得ない。 安曇野へは13年あまり通っているが、変わらないのは北アルプスの山々だけか、人々の営みがある以上、変化していく事は仕方の無い事だとも思う。


明日、22日の夜立ちで安曇野、白馬村に行く予定で、帰りは24日の夜です。

« 春の庭で 2013-2 | トップページ | 春の庭で 2013-3 »

文化・芸術」カテゴリの記事

自作品」カテゴリの記事

コメント

たかchanさんへ

 北信州は、もう雪が融けている頃では、
ないでしょうか。happy01
 6年ほど前に、近くを通りましたが、
簡単に行ける距離では、ありませんね。
 まだ、寒さが残っているかと思います。
 お気をつけて、お出かけください。happy01

◆ としちんさんコメント ありがとう。
20:00頃に湖西を出て、鳳来寺を抜け、津具、根羽村、治部坂峠から阿智に下り、
飯田山本ICから中央道に入り、長野道の梓川SAに12:00過ぎに到着して、朝まで仮眠。 夜明け前に豊科ICを降りて取材開始・・・ という、いつものスケジュールです。 
防寒着、毛布を持って車中泊です。
白馬村にはまだ、雪が残っている予想です。

こんばんは。
朝の清々しさが伝わってくる絵ですね。happy01
お出かけですか、今朝こちらは雪が降りました。
お気をつけてお出かけ下さい。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
本当は、スタッドレスタイヤを装着して、タイヤチェーンを持って、
2月頃に行きたかったのですが、何分、東京への出品作品を制作していて、
時間が取れず、この時期になってしまいました。 平野部の雪はたぶん、
もう無いでしょう (-_-;)

おばんでがんす。

木々が、冬の寒さに耐え、凛としているところが、

必ず春は来るから・・頑張るべし・・と描かれているような。

日差しも味方して。(#^.^#)

夜立ち、・・道路の変化もあります。お気をつけて。

◆ DONちゃん さん コメント ありがとう。
ご無沙汰しています。  やっと、春が来るのかと思ったら、また、
雪の降った地域もあるようですね。 少し出かけるのが遅れましたが、
安曇野へ出かけてきます。 中でも北アルプスの光景が楽しみです。

たかchan、今晩は。
 信州はまだ寒いと思いますが、いい風景に出会えるといいですね。
 お気をつけて行ってきて下さい。
 なお、私は東京の桜見に行こうと思っています。

お出でになるのですね。雪は大分融けていると思います。道路にはもう無いでしょうし酷い凍結ももう無いと思いますが、寒いです。
何年か前、同じ道を通って静岡から帰ってきた事があります。雰囲気のある集落をいくつか抜けて、それはそれでとても楽しかったのですが、とても遠かった印象があります。そこを夜中に抜けるのですね。
くれぐれもお気をつけて゜

◆ tama さん コメント ありがとう。
雪は心配していませんが、なにぶん車中泊の予定なので、寒さは覚悟しています。 
東京はニュースを見るとすでに桜が咲き始めていますね。 こちらよりも早いようですね。
私は4月中旬頃、出品している絵画展を見に東京へ行く予定です。

◆ 木漏れ日さん コメント ありがとう。
そうですね。 今回はたぶん時期的に大丈夫そうなので、スタッドレスタイヤではなくノーマルタイヤで行きます。 途中の景色は夜なので、ほとんどわかりませんが、浜名湖西岸からでは4時間半くらいかかります。

おぉーッ!奥行きと広がりが素晴らしい!
こういう景色、大好きなんですbearing

ポイントとなる木が無くなってしまったのは残念ですが、
そこには人々の営みがある訳ですから、
それもまた止むを得ないですネthink

でも、安曇野の風景はいつまでもボクたちを癒してくれることでしょう。

◆ bill さん コメント ありがとう。
この北アルプスの山の高さと平野の広がりは、安曇野ならではですね。
北アルプスの景観は、いつまでも変わらず、本当に行くたびに癒してくれます。 天候はどうかなあ?

中央に存在する木、絵心の無い自分でも「たかchan」さんがポイントとして描いていることが分かります。
一面の雪景色の中で浮かび上がる立体的にさえ見えるこの樹木が印象的です。

そうですか~ 大自然の中の田舎と言えど、 人々の営みがあり
生活や農業があるのですね、、 そのために 伐採ということも
あるのでしょう・・・
美しい安曇野で、また芸術のインスピレーションを感じて来られるのでしょう
白馬の代馬の模様はまだ出ないでしょうね
またこんな素晴らしい作品を描いて来て下さい~!

◆ country walkerさん コメント ありがとう。
この木の存在が、この絵のポイントになっていますが、残念ながらもう見る事は
できません。 しかし絵画は写真と違って、無いものを描き加える事ができます。
自分にとっての理想の姿をキャンバスの上に求める事ができます。

◆ bella さん コメント ありがとう。
平野部はいろいろと行くたびに変わっていますが、13年たっても変わらないのは北アルプスの山々です。 おそらく、これからも代わる事のない風景を見せてくれるものと思います。 後1時間ほどで出発ですが、少し天候が崩れてきました。 (-_-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/56936545

この記事へのトラックバック一覧です: 私の作品 「安曇野冬の朝」:

« 春の庭で 2013-2 | トップページ | 春の庭で 2013-3 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック