Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

安曇野・白馬村 取材(2)

3月22日(金)の夜立ちで、23日(土)、24日(日)と、安曇野・白馬村へ取材に出掛けたので、その様子を3回に分けてご紹介。 今回はその(2)。


取材2日目の前半、安曇野の様子から。
車中泊をした穂高町の山麓から朝早くスタート。 まずは「大王わさび農場」近くにある道祖神にお参り 「また訪れる事ができますように・・・。」  その表情にはいつも癒される。

Dsc04794

この道祖神は昔からあるものではなく、HNKのドラマ用に制作されて、この地に置かれたとの事。 左側が特に私のお気に入りで、大きさは高さ30cmくらいか。



朝日に染まる常念岳(2,857m)、やや霞んでいる様子。

Dsc04809



そして、池田町の「北アルプス展望美術館(池田町立美術館)」の前庭より蓮華岳(2,799m)。 朝早くから気球が飛んでいる。

Dsc04828



後立山連峰、左から爺ヶ岳(2,670m)、鹿島槍ケ岳(2,889m)、五竜岳(2,814m)。 手前の道路は美術館への進入路。

Dsc04835



池田町の滝沢神社の下から、左側は常念岳(山頂のみ)、右側は有明山(2,268m)。

Dsc04859



池田町の相道寺から、餓鬼岳(2,647m)。

Dsc04881



大町市の南端、宮本にて。 
高瀬川に架る宮本橋の上から後立山連峰。 右側には白馬連峰も見える。

Dsc04910



大町市から蓮華岳。

Dsc04920



大町市の山岳博物館前から、北アルプスのパノラマ写真。
ここからは、南は常念岳から北は白馬連峰まで見渡せる、まさに地球が丸いという事を実感できる場所。

Dsc04914
↑クリック拡大。


次回の3回目は、天候が回復したので再び訪れた白馬村の様子から。

2013年3月28日 (木)

安曇野・白馬村 取材(1)

3月22日(金)の夜立ちで、23日(土)、24日(日)と、安曇野・白馬村へ取材に出掛けたので、その様子を3回位に分けてご紹介予定。 今回はその(1)。

初日23日(土)の様子から。
深夜0:30に長野道の梓川SAに到着して車中にて仮眠、その後5:00起床し、すぐに安曇野IC(旧豊科IC)を出て、一路、白馬村へ向かう。 6:30に白馬村に到着。 

スタートは白馬駅の北東に位置する大出公園から。
当日は午前中は曇りがちの空の下、肝心の白馬三山は完全に雲の中。  すでに到着していた滋賀県のカメラマンGPも30分ほどいて、諦めて帰って行った。  思ったよりは川原の雪が少ない、日の当たる側はほとんど融けていた。


Dsc04654


吊り橋の反対側から見た様子。


Dsc04674


川岸の石の周りの雪だけは、石の熱で融けるのか。

Dsc04939


その後、北部の山間にある「青鬼(あおに)」集落に移動したが、ここでもまだ曇り空。
晴れていれば南方に「白馬五竜」がくっきりと見えるのだが。  ここの雪も思ったよりは残っていない。

Dsc04695_2


青鬼の集落。 全ての家屋が茅葺きの上にトタンを被せている。 やはり茅では管理できない為と思われる。

Dsc04700


白馬駅の西側にある、長野オリンピックで活躍したジャンプ競技場。 その高さと傾斜角度に驚く。

Dsc04712


白馬八方尾根スキー場。 
左端に上の写真のジャンプ台が見える。 山頂付近を双眼鏡で見ると、多くのスキーヤー達が、まるでアリのように見えて、動いて(滑って)いるのが見えた。 きっと山頂からのすばらしい眺めを楽しんでいることだろう。

Dsc04718


白馬村から、青木湖畔へ移動。
向う岸にある、サンアルピナ青木湖スキー場は、2009年以降休業中との事で、ひっそりとしている。

Dsc04734


青木湖畔にあるお店?(休業中) の前にあるオブジェ。
タイトルは 「月から舞い降りた兎」 少し怖い表情のウサギ (-_-;) 。

Dsc04729


池田町の相道寺(あいどうじ)にある道祖神には屋根がある。  
毎年1月上旬に相道寺地区の43戸約40人が集まり、家内安全・無病息災を願い 「やす(わらの屋根)の葺き替え行事」 を行う。 右隣の二十三夜塔に刻まれた日付は「文化八年(1810年)」とあるので、すでに200年以上にわたり行われている行事。 興味のある方は、葺き替えの様子が見られる。 ⇒ 
http://www.digibook.net/d/b1d5899fb15faed821be95e0098f9eff/?viewerMode=fullWindow


Dsc04781


◆次回は2日目の様子をご紹介。


 

2013年3月26日 (火)

春の庭で 2013-3

ここ一週間の間に、庭では多くの花が咲き出していた。 まとまりも無いままご紹介。


ニワウメ  株立ちで「ひこばえ」が多く出て良く増える。 小さな花姿が愛らしい。

Niwaume_20132



Niwaume_20131



レンギョウ  鮮やかな黄色がまぶしいほど。


Rengyou


ブルーベリー


Blueberry


アケビ


Dsc05111


ビオラ


Viora



スノーフレーク(スズランスイセン)


Snowdrop


ムスカリ と 名前?


Dsc05070


シクラメン と 名前?


Dsc05079


リナリア  種がこぼれてあちこちと増えるので、毎年何もしないで済み重宝している。


Dsc05122

2013年3月21日 (木)

私の作品 「安曇野冬の朝」

3月も下旬になり北国ではまだ雪はあるものの、冬の話題もふさわしくなくなってきたので、私の作品で雪景色作品の中から最後に1点をご紹介。


「安曇野冬の朝」  F80号   2008年示現会展出品作品


Azumino_fuyunoasa_f80

この絵の場所は北安曇郡池田町・堀之内。 
2008年の私の第2回絵画展の案内状にも掲載した作品で、私のお気に入りの一枚でもある。

 
この絵の中央にある大きな木は、現在は伐採されてしまって無くなっている。 それぞれの事情はあるのだろうが、描く側にとっては残念と言わざるを得ない。 安曇野へは13年あまり通っているが、変わらないのは北アルプスの山々だけか、人々の営みがある以上、変化していく事は仕方の無い事だとも思う。


明日、22日の夜立ちで安曇野、白馬村に行く予定で、帰りは24日の夜です。

2013年3月18日 (月)

春の庭で 2013-2

今年は咲くのが遅いと思っていたツバキが、ようやく先々週あたりから咲き始めた。 そんな中で気になっていた品種が咲き始めた。


それは、ヤブツバキ系の「玉の浦」という品種。  残念ながら、昨年2本咲いたうちの1本が秋になって枯れてしまった。 今年、残る1本は咲いたが花数は少ない。 どの花も控えめに下を向いて咲いていた。 もともとあまり花弁が開かない、つぼみがちな品種のようだ。

Tubaki_tamanoura_2


Tubaki_tamanoura_3


先回、ご紹介した絞り咲きのものは、ところどころに絞りではない真紅の花が咲いている。 交配前の品種が出るのだろうか。 この枝を残しておくとやがて絞りの花は無くなってしまうとか聞いているが、どうなのだろうか。

Tubaki_sibori



ユキヤナギ(雪柳)    この花が咲くと春が来たって感じがする。

Yukiyanagi



Yukiyanagi_2jpg


◆ BGM を変更しました。 しっとりと語りかけてくるような、やさしいピアノのメロディーが好きです、そして時おり入る鐘の音も・・・。
 

2013年3月16日 (土)

絵画展からの帰り道で

先日の私の絵画展の準備をして自宅に帰る途中で見た風景をご紹介。(撮影3月2日)


◆新城市・庭野  何故か道の真ん中に木が。 木を切らずに道の方を分けたようだ。 

Niwano



◆愛知県と静岡県の境となっている宇利峠から三ヶ日方面を望む。

 
中央の道路は東名高速道路で、宇利トンネルを出た直後のところ(向う正面方向が浜松、東京方面) この先で昨年春に開通した新東名へ接続するジャンクションがあり、この宇利トンネルあたりはよく渋滞するポイント。 右側上部が浜名湖、遠州灘、太平洋となる。 このあたりは山の斜面まで「ミカン」が栽培されていて、「三ヶ日ミカン」というブランドで流通している。

Tougenouekara
↑クリックで画像拡大




◆ウマギのトイレ
私の住んでいる街にあるJR新所原駅を起点として、浜名湖の北部を迂回しJR掛川駅に接続する「天竜浜名湖鉄道」の尾奈駅にあるトイレはなんと、ウナギのデザイン。 愛嬌あるウナギが2匹、もうじき咲く桜の樹の下で篭から首を出している。 遊び心あふれるデザインはすばらしい。


Unagi



Unagi_2_2



◆浜名湖(猪鼻湖)
浜名湖の北部は浜松市北区三ヶ日町に接していて、浜名湖の中でも「猪鼻湖」と呼ばれている。 浜名湖の大部分を占める部分とは「瀬戸」というところで幅100mあまりの狭い水路でつながっている。 下の写真が「瀬戸」で、2つの橋が架かっている。 (橋の向こう側が浜名湖、手前が猪鼻湖) 浜名湖は平均水深が4.8mと非常に浅いが、このあたりは深い場所となっている。

Seto_2



今回は、パノラマ写真で、猪鼻湖の様子を撮影。

Hamanako
↑クリックで画像拡大

春が近い浜名湖でした。


◆ BGM を変更しました。 しっとりと語りかけてくるような、やさしいピアノのメロディーが好きです、そして時おり入る鐘の音も・・・。
 

2013年3月12日 (火)

春の庭で 2013

北国では、まだ雪の降る日もあるようだが、地域によっては春を迎えているところもある。 「三寒四温」の言葉のように、寒さと暖かさを繰り返しながら、確実に春になりつつある。 そんな春の庭で咲く花は。


ジンチョウゲ(沈丁花) 
一月につぼみを付けて以来、2ヶ月を経過してようやく先週、開花した。 ロウバイと共に懐かしいような香りがただよう。

Zintyouge_3


フキノトウ
いつの間にか開花していた。 つぼみの状態ものを天プラにすると聞くが、いまだ食べた事は無い、というより、いつも気が付くとすでに花が開いている。

Fukinotou


ツバキ
絞り咲きのもの。 今年はなぜか花数が少ないようだ。

Tubaki_1


こちらは、小型の品種。

Tubaki_2


ツバキは花首から、そのまま、散るというより、落ちる。 サザンカのように花びら一枚一枚では散らない。  好みの分かれるところか。

Tubaki_3


スイセン
先週末の暖かい日差しの中で、一斉に咲き出した。

Suisen_3

2013年3月 9日 (土)

私の絵画展・作品(2)

現在開催中の私の絵画展 「信州安曇野・白馬村~雪のある風景~」から、個々の作品をご紹介、今回はその(2)


◆「安曇野待春」  F10号 

北安曇郡池田町の滝沢神社下から見る後立山連峰。


Amatuharu_f10



◆「白馬村冬の朝」   F4号

白馬村・大出公園の吊り橋と茅葺き民家、そして姫川。


Hakuba_oide_f4



◆「白馬雪景」   F10号

白馬駅の東側を流れる姫川、白馬三山。


Hakubasekkei_f10



◆「白馬村ジャンプ台への道」  SM

白馬村にある、長野オリンピックで知られるジャンプ競技のジャンプ台へ続く道から。


Hakubajump_sm



◆「春待つ里(白馬村・大出)」  F20号

白馬村の大出公園から吊り橋、茅葺き民家、姫川、そして白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)  2月でしたが雪の少ない年でした。(今年は河原は雪で真っ白と思われます)


Harumatusato_oide_f20


以上、2回に分けて、私の作品をご紹介しました。



 
 

2013年3月 6日 (水)

私の絵画展・作品(1)

現在開催中の私の絵画展 「信州安曇野・白馬村~雪のある風景~」から、個々の作品をご紹介、今回はその(1)


◆「安曇野春黎」  P8号 
 
 

北安曇郡池田町の北アルプス展望美術館前から、夜明けの後立山連峰を望む。


Asyunrei_p8



◆「蓮華岳遠望」  F4号

池田町の東側山麓から蓮華岳を望む。


Rengedake_f4_2



◆「早春の南アルプス」  P10号

中央道下り線、小黒川SAより南アルプスの仙丈ヶ岳を望む、左端は甲斐駒kヶ岳。


Minami_alps_p10



◆「早春の木崎湖」  F6号

大町市の北部、仁科三湖のひとつで早春の木崎湖。


Kizakiko_sousyun_f6



◆「安曇野新春」  F30号

池田町の北アルプス展望美術館の少し南側の山麓から、北アルプスを望む。 中央の山頂のみ見えるのは常念岳。  2月上旬の朝の風景。


A_sinsyun_f30


次回は、残りの5作品をご紹介。

2013年3月 3日 (日)

私の絵画展スタート

土曜日から、新城文化会館内にある キッチン「いこい」にて私の絵画展がスタートした。
タイトルは、「信州安曇野・白馬村~雪のある風景~」展。 今回は2008年の私の絵画展での展示作品を中心に、雪景色の作品のみを集めて10点を展示する。


天候はいいが、たいへん風が強い新城文化会館前、葉を落とした木々の影が落ちる。

Dsc04511


「いこい」 入口前

Dsc04510_2



東側壁の展示の様子

Sakuhin_8




Sakuhin_1




Sakuhin_2



そして、西側壁の展示。

Sakuhin_6




Sakuhin_5




Sakuhin_9



芳名帳等は

Houmei_2



店内には早春の日差しが明るい。

Tennai


以上、店内展示の様子でした。 次回は個々の作品をご紹介予定。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック