Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 雛祭り | トップページ | 私の絵画展案内 »

2013年2月26日 (火)

お雛様

先回は娘のお雛様で遊ぶ孫の様子をご紹介したが、今回は孫のお雛様をご紹介。

これは、一般的に 「おぼこ雛」 と呼ばれているもので、文字通り、姿や顔立ちが子供のようであどけない、やさしい表情をしている。

Dsc00002_4

娘は自分の好みで、この 「おぼこ雛」 にしたようだが、孫にとっては人形の数も多く、いろいろな道具で ”ままごと遊び” もできる、母親(娘)の段飾りのお雛様の方が気に入っているようだ。  

最近では大人の女性が、この 「おぼこ雛」 を自分用に購入するケースもあると聞く。 幼い頃を懐かしく思い出すのか、癒しのためか、小型で場所を取らないところがいいのかもしれない。

« 雛祭り | トップページ | 私の絵画展案内 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんはhappy01
わぁ~~かわいいですね~catfaceheart04
見ているうちに、自然と私まで顔がほころんでふにゃ~と
なってきますhappy01いいですね~(* ̄ー ̄*)
ずっと見てても、見飽きないですね~confident

こんばんは。
「おぼこ雛」というんですか。知りませんでした。
大人はこちらのほうが、場所も撮らないので良い気がします。
お孫さんは、豪華な段飾りがお気に入りなんですね。(^^)
段飾りは場所も取りますし、飾り付けや片付けが大変と思いますが、
お孫さんの笑顔が見られると思うと苦になりませんね。

お嬢様のお雛様と お孫さんのお雛様、それぞれ良さがあって
とても素晴らしいですね  ”おぼこ雛”は いろいろ経験した上で
大人が買い揃える、という気持ちが わかるような気がします~

お雛様のように可愛いお孫さんを たかChanさんが 目を細める
様子が 目に浮かびます~!

たかchanさんへ

 昔は、人形というと凛々しい姿が好まれた
ようにも思いますが、最近では、こうした、
おぼこ雛が、人気なのでしょうか。
 世相が大変なので、かえって、人気が出る
のかも知れませんね。
 見ていると、気持が和らぎます。happy01

 「おぼこ雛」、表情が豊かで可愛いですね。 
我家の雛人形はやはりミニですが表情が異なります。
雛人形にも時代の移り変わりがあり、これからも少しずつ変っていくのかも知れませんね。

雛祭り展が近くの町でも開催されていて
昨年見に行ったのですが 何段もあるお飾りにまじって
お内裏様とお雛様 二人だけのもいくつか見かけました(*^-^)

若い二人にも
二人っきりになりたい時もあるのでしょうねbleah

こんばんは。

自分用にかあ・・・。なるほどね。

私は息子3人なので全く縁がなく、

替わりに大きな鯉のぼりを、息子たちのジジババにあたる人に買ってもらったんですが、

ちょうど買った時に鹿児島に住んでいて、鹿児島ってみんな大きな鯉のぼりと子どもの名前を書いたのろしをあげるんですよ。

小さな鯉のぼりなんか売ってなくて、奮発してキラキラでデカイものを買ったら、次に移り住んだマンションのベランダが狭くて・・・。

垂らすと下のお宅に鯉のシッポが・・・。

ずっとしまったままでした・・・。

◆ mik さん コメント ありがとう。
おぼこ という名前の通り、こどものような表情をしているのがいいですね。 
本当にずっと見ていたいです。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
二人だけのお雛様は、飾り付けや片づけを思うと、楽でいいですよね。 しかし、
お隙様で遊ぶ時期もわずかな間だけと思うと、頑張って段飾りのお雛様を出して
あげたくなります。

◆ bella さん コメント ありがとう。
おぼこ雛 のような形のものを大人の人が買う気持ちは、やはり癒されるという事なんで
しょうか。  見ていて安らかな気持ちになれるのかもしれませんね。  

◆ としちんさん コメント ありがとう。
雛人形のスタイルも、現代的なものになってきているのかもしれませんね。 
きらびやかで豪華なスタイルはあまり受けないようです。

◆ country walker さん コメント ありがとう。
人形の顔立ちにも議題と共に変化しているようですね。 りりしい感じから、特に、
このような おぼこ雛 と呼ばれるものは、現代的な柔らかい表情になっているようです。

◆ wani さん コメント ありがとう。
この時期、いろいろなところでお雛様を集めた催しが行われていますね。
確かに、いつも多くの人が控えている段飾りの二人は、少し窮屈なのかもしれませんね。

◆ 月の裏側さん コメント ありがとう。
男の子3人では、確かにお雛様は見られないですね。 
私のところも下の孫は男の子なので、鯉のぼりを買いましたが、やはり
住宅事情に合わせて、小型のベランダ用にしました。
月の裏側さん、自分用に「おぼこ雛」を購入してみてはいかがですか?

なんとまあ、可愛いお二人なんでしょうheart04
ホンワカとした表情にホッとできますね。

ところでお雛様の下にある可愛いお靴はお孫さんのですか?
初めてのお靴かしら?可愛いですねnotes

◆ Mikiko さん コメント ありがとう。
名前の通り、「おぼこ」 な表情がいいですね。
そうです、 孫の「小菊」ちゃんの靴ですよ。
今は年中さんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/56839550

この記事へのトラックバック一覧です: お雛様:

« 雛祭り | トップページ | 私の絵画展案内 »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック