Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

私の絵画展案内

昨年12月初旬の絵画展に続き、今年最初の絵画展を開催します。

2008年の晩秋、新城文化会館展示室にて、第2回目の私の絵画展を開催しましたが、その展示作品の中から雪景色の作品を選抜して再度開催するものです。 タイトルは、「信州安曇野・白馬村 ~雪のある風景~」。 今回の展示作品は SM~F30号までの9点あまりを予定している。 会場は前回と同じく新城文化会館内のキッチン「いこい」 にて。



 

Yukinoarufuukei_ten


この時期に、”雪のある風景” とは、日本海側や東北地方の雪に悩まされている地域の方々にとっては、迷惑だろうと複雑な思いですが、ご勘弁を。

2013年2月26日 (火)

お雛様

先回は娘のお雛様で遊ぶ孫の様子をご紹介したが、今回は孫のお雛様をご紹介。

これは、一般的に 「おぼこ雛」 と呼ばれているもので、文字通り、姿や顔立ちが子供のようであどけない、やさしい表情をしている。

Dsc00002_4

娘は自分の好みで、この 「おぼこ雛」 にしたようだが、孫にとっては人形の数も多く、いろいろな道具で ”ままごと遊び” もできる、母親(娘)の段飾りのお雛様の方が気に入っているようだ。  

最近では大人の女性が、この 「おぼこ雛」 を自分用に購入するケースもあると聞く。 幼い頃を懐かしく思い出すのか、癒しのためか、小型で場所を取らないところがいいのかもしれない。

2013年2月24日 (日)

雛祭り

昨日は、孫が来たので天井裏からお雛様を出して一緒に飾る事になった。 

このお雛様は娘のもので、もう、30年以上も前のものだ。 孫は自分のお雛様は卓上型のお内裏様とお姫様二人だけのものがあるが、やはり段飾りが気に入っているようだ。 飾り終わると、早速、ままごと遊びを始めた。

Dsc04463


30年以上経っているが、まだ、以外ときれいだ。

Dsc04470



Hina_dougu



こちらは、京都の通販会社のミニ雛様。 昨年もブログで紹介したが、初めて見る方もいると思われるので再度、ご紹介。

これが
Minihina_1


開くと、このようになる。 2段の引き出しには干菓子が入っていた。 玄関の下駄箱の上に置いた。

Minihina_2


来週は、もう雛祭り、今年も2ヶ月過ぎますね。

2013年2月21日 (木)

早春の庭で

早いもので2月も後半に入った、先日、節分だと思っていたのに雛祭りもすぐ先だ。 そんな早春の庭で元気に咲いている花は・・・。


オキザリス・バーシカラー   すでに1月から咲いている、寒さも平気なようだ。 花が閉じている時と開いた時の印象が全く違う。

Basikara_2


こちらは、キルタンサス。

Dsc04409


ジンチョウゲ(沈丁花)  1月のころから、少しだけつぼみが膨らんだ様子。

Dsc04406


これは、品種名不明、 年中、咲いている元気な小花。

Dsc044110


リナリア も、どんどん成長している。 毎年、種がこぼれて増えている、花はもう少し先か。

Dsc04411

2013年2月17日 (日)

写真撮るよ!ジャム

先日、下の娘からVチョコのプレゼントをもらった。 添付されていたカードが下の写真、家族ならではの心使いがうれしいね。

Greeting


という事で、今回は愛犬のロングコート・チワワ のジャム(♀13歳)をテーマに。
寝ている時が多いので、起きている時(起こして)のジャムを撮ってみた。


え~今から写真撮るのかワン。

Dsc04164_jam


まあ、いいワン、好きにして!

Dsc04139_jam


左目、半開きで怖~。

Dsc04131_jam


まだ、撮るのかワン。

Dsc04133_jam


もう~、ポーズ取れってかワン。

Dsc04154_jam


つきあうの、もう、疲れたワン。

Dsc04148_jam


やってられないワン。

Dsc04155_jam


と、いう事で、眠っていたいのに起こされて、不機嫌そうな感じ。 写真を撮られるのが嫌いな様子のジャムでした。(起こされたのだから無理もない (-_-;)  )

2013年2月13日 (水)

想い出のスケッチ旅行

今日は、私の「想い出のスケッチ旅行」から。
2000年2月上旬、ちょうど今頃の時期、私が安曇野と初めて出会った記念すべきスケッチ旅行。

私が浜松在住の画家、服部譲司先生(絵画団体の創元会運営委員・審査員)の教室に入って間もない時期に、教室メンバーで安曇野・白馬村へ2泊3日のスケッチ旅行に出かけた。 初日はあいにくの曇り空だったが、2日目は天候も回復して、宿泊先の大町から少し足を伸ばして、白馬村へ行った。 

下の写真はその白馬村でのスケッチ風景。 後方は白馬五竜のスキー場、白馬連峰は雲に隠れて見えないようだ。

Hakubamura_3


Hakubamura_2
雪原の中にイーゼルを立て、みんな寒さも忘れて真剣に描いている。 冷たい空気の中でも、幸い風も無く穏やかな日だった。



その時、私が描いた作品 「白馬雪景」  F6号

Hakubasekkei_f6


宿泊先の大町市にある「大町信濃山荘」前での記念写真。

Oomati_sansou

後列左から3番目が服部譲司先生。 
私は、どこでしょう?
前列左端が私で、13年前、まだ40代後半だった。


このスケッチ旅行で安曇野の魅力にはまり、以後通い続ける事になった。 服部譲司先生は、先週も札幌の三越で個展を開催中、まだまだ元気で活躍されている。

2013年2月10日 (日)

早春の桜渕公園にて

先週、新城美術協会春季展の会場当番が終了後、搬出まで時間があったので、近くの桜渕公園まで、日ごろの運動不足解消も兼ねて散歩する事にした。

早春の桜渕公園は4月の桜の咲く時期とは違い、いろいろな物音も無く、ひっそりと静かで落ち着いた雰囲気だ。 幸い、風も無く穏やかで春を感じさせるような午後のひとときを過ごした。 

桜の木々の間に水仙の花が咲いていた。

Dsc04330


川辺では、どこかの子供がお菓子をまいたら、カモさんたちが集まってきた。 お腹がすいているのかな、越冬しているのか、永住しているのか、聞いてみたいものだ。

Kamo_san


静かですれ違う人も無く、時間の経つのを忘れてしまう。 

Fuyunohi


ここから川岸まではかなりの高低差があり、たいへん起伏に富んだ公園だ。 
ここから私の実家までは歩いて15分くらい、子供の頃の遊び場だった。 

Dsc04356



Dsc04362


両岸を結ぶつり橋、オートバイは通行禁止。 この橋ができ、向こう岸に大きな駐車ができてから、便利になり観光客も増えたようだ。 後2ヶ月もすれば両岸の桜も満開になり多くの観光客で賑う事だろう。

Sakurabuchi



Dsc04354


冬の間は乗る人もなく、片づけられているボート。 

Dsc04366


◆私のHPに今回の2013新城美術協会春季展の様子を、まとめてUPしてあります。 下記URLより見てください。 ブログに未掲載の作品もあります。 ⇒ http://kosai.art.coocan.jp/gyara-4.html

2013年2月 6日 (水)

2013新城美術協会春季展(2)

2013新城美術協会春季展の展示作品のご紹介。  今回はその2回目。


案内状に掲載された作品から、

Sakuhin_10
         「人物 」   F20水彩   山本智恵



Sakuhin_9
 「京の春」  F30油彩   城田里子     「雪の安曇野」  F100油彩  杉浦孝始



Sakuhin_6
 「未完成」  F80染め  谷口茂春       「作品」  S100油彩  樋口慶子



Sakuhin_14
           「秋の声」  F8水彩   城所博雄



Sakuhin_8
「Herbstnacht」  F50油彩  伊藤香織   「木霊No.24」  S100油彩  浅井栄子



Sakuhin_17
  
           「アトリエのひまわり 1」  F20油彩   梅澤 弘



Sakuhin_15
         「古鎮周庄」  B3水彩   夏目喜一



Sakuhin_16
 「寒狭川の流れ」  F8水彩  伊藤俊男    「願」    F20水彩   伊藤「節子



Sakuhin_11
         「御岳初冬」  F80油彩   山本理治



以上、2回に分けて展示作品の一部をご紹介しました。

◆私のHPに今回の絵画展の様子を、まとめてUPしてあります。 下記URLより見てください。 ブログに未掲載の作品もあります。 ⇒ http://kosai.art.coocan.jp/gyara-4.html



2013年2月 3日 (日)

2013新城美術協会春季展(1)

金曜の午後から開催された新城美術協会の春季展は本日にて終了。 
会場、展示の様子を2回に分けて、ご紹介。 今回はその1回目。


立春も近づき、葉を落とした裸の木々が冬日を感じさせる、会場の新城文化会館前の様子。

Dsc04318


会場入り口の看板。

Kanban_2



会場、正面の展示。

Kaizyou_1



会場、北側壁面の展示。

Kaizyou_2



案内状に掲載の作品

Sakuhin_1
        「卓上」  F80水彩  吉倉章雄



Sakuhin_7
    「梅花」 F80水彩   菅野金利        「仁王」 F30油彩  菅沼一郎



Sakuhin_2
        「潜在概念(変様)」 F30   磯部和久



Sakuhin_13 

    「少女座像」 F10油彩  湯浅昭二        「花」 F8油彩  湯浅千春
     



デッサン作品。

Dessan     

    「無題」 F10    「裸婦」 F6       山本牧美




次回は展示作品の2回目をUP予定。



 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック