Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 新年の庭で | トップページ | お昼寝ジャム »

2013年1月 7日 (月)

100号制作スタート

昨年暮れから、ようやく春の示現会展出品作品の100号制作に入った。 正月のお休みも時間のある限り筆を握っていた。

制作手順をご紹介(私なりの手順)

まずは ”ジェッソ” で下塗りの終わったキャンバスに大まかな輪郭線を描く。 絵の具は ”コバルトブルー”

Rinkakusen_kinyu_2


キャンバスの上の部分は手が届かないので、この脚立に乗って描く事になる。 脚立を登ったり、降りたりの繰り返し。  ハンドルでキャンバスを上下に動かす事ができるイーゼルもあるが、私はプロではないので、そこまでは手が出せない (-_-;)   スチール棚を利用した、いわば手製のイーゼルを使用している。


Kyatatu


下描きだけで、一か月は掛かる見込みだが、1月20日には ”下見会” という支部の役員クラスの方の講評を受ける会があるので、それまでにはある程度の形には仕上げておく必要がある。 
やはり、取り掛かりが遅れたことを反省すること然り。 搬入まで残された時間は、2か月半、やや、焦る気持ちをを隠せない (-_-;)    


Sitagaki


気を取り直してもう少し進めるとする。 大まかに絵の具を載せるが、溶き油をたっぷりと使って、とにかく白いキャンバスの地が隠れるまで塗る。

(絵の具の溶き油で反射するので少し上方から撮影)  

Sitagaki_2

もう、お気づきのように、この絵は先日の私の絵画展で一番大きな作品だった{安曇野代掻きの頃」 F20号と同じ。  つまりF20号は、このF100号を描くにあたっての ”下絵” として描いたものだった。  基本的にはほぼ同じ内容になる見込み。  先は長いが時間は短い (-_-;)



◆先日の私の絵画展の様子は、私のホームページでも公開しています。 ブログでは3回    にわたりUPしたものをまとめて掲載しています。 下記 URL よりご覧ください。 
 新城市・四谷の千枚田、昨年の長野取材の記事も、同時に掲載しています。
 http://kosai.art.coocan.jp/gyara-3.html

« 新年の庭で | トップページ | お昼寝ジャム »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

下絵の色はコバルトブルーなんですね。
そう言われてみればって 絵をあらたに見させていただきました。
明るい色ですね(^^♪

2ヶ月半 ただ応援することしかできませんが
頑張ってくださいね。。
100号ともなると下絵を描くのも
大変だったろうと思います。
少しくらい ココログもお休みされてもよいのでは・・
着実に目標に向かって邁進されている
たかchanさんをみているだけでも
気持ちがいいくらいです。
前へ進むのみですね。。
心より応援していますhappy01

素敵な絵 たくさん描かれていますね。
写真撮って 絵を描かれているのでしょうか?camera

棚田や田舎の風景 綺麗です。
写真もこちらでは あまり見られない 良い景色!。scissors

今年もよろしくお願いします。happy01

◆ 青空さん コメント ありがとう。
コバルトブルーは私なりの色です、 他に木炭や鉛筆で描く場合もありますが、その場合は上に絵の具を塗っていくと黒く溶けて汚れてしまうので、絵の具を載せる前に、溶けない
ようにフィクサチーフをスプレーする必要があります。 
応援してくださる方がいると、頑張らなくちゃって思います。
応援ありがとうございます。

いよいよ。。。本格発進ですね。2013年GO GO!!

体力もかなり使われると思います。お体を大切に・・・

大作まってます。。。(*^^)v

◆ 初心者水彩画さん コメント ありがとう。
現場では、時間と共に太陽が動き光の具合も変わってきますので、なかなか長時間
描いている事もできないので、簡単に構図をスケッチしたり、写真を撮って来て、
後は自宅で仕上げるようにしています。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

◆ DONちゃん さん コメント ありがとう。
昨年の暮れから、ようやく下描きがスタートできました。
もう、後はやるしかない! という感じです。
下描きのうちは、本当に DON、DON 白い部分を埋めていく事に集中していきます。
腕は疲れてくるし、体力(部分的にですが)がいるのも確かですね。

こんばんは。
100号の大きさに驚いています。
脚立が必要なくらいに大きんですね。(@_@)
これから時間に追われると思いますが、身体に気を付けて
頑張ってください。

おぉーッ!素人にはとても貴重な内容です。
このような手順を踏まれるのですねconfident
(輪郭線がブルーというのは何か理由があるのでしょうか?)
勉強になりました。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
そうですね、確かに大きいですね。 なんでこんな大きな作品を描くのかと自分でも
思う事がありますが、公募展への出品作品としては標準サイズです。 本格的な額に
入れた場合は一人では到底動かせません。
3月中旬の搬入まで、とにかくやり始めた以上、やるしかない という感じです。 (-_-;)

◆ bill さん コメント ありがとう。
ブルーというのは、別に決まっているわけではなく、私の経験から、後で絵の具を載せて
いくときに、残らずいいかなという理由です。 あくまでも私の好んで使う色彩から見ての
場合です。 他にはブラウン系の色とか紫色、木炭、鉛筆等、人によって多種多様だと
思います。

たかchan、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 100号というと、相当大きなキャンパスですね。それだけに、制作の苦労 も増大するのではないかと思いますが、画展に向けてのご健闘を祈ってい ます。
 なお、少し前から、たかchanのブログを開くとウイルスソフトが起動します。 私の方の原因かもしれませんが、トロイの木馬です。念のため。

素敵な絵ですね。
田んぼに水に映ってる景色も本当に素敵ですね。
頑張ってください。

◆ tama さん コメント ありがとう。
あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願い致します。
一応、トレンドマイクロ・ウィルスバスタークラウドの最新版をインストールしてあります。
念のためスキャンしてみましたが、脅威となるものは無く、クッキーを5件削除という
結果でした。 連絡ありがとうございました。

◆ ミニワールド さん コメント ありがとう。
安曇野風景が好きで、一番のテーマとして取り組んでいます。 特に田植えの頃と
雪景色を主に描いています。 ホームページもありますので、時間がありましたら、
ご覧になってください。   
~季節の風を感じて~ ⇒ http://kosai.art.coocan.jp/index.html

 短期間で、大きな絵を描くのは、
とても大変と思います。happy01
絵画は、よく分からない面も多いですが、
 F20号のものと
内容は同じでも、新しい観点が
入るのではないでしょうか。happy01
 期間の限定があると、時間がとても、
貴重になってきますね。happy01

おはようございます。

先は長くても時間が短いんですね。

それだけ充実した生活が送れるということでしょう。

たかchanさんのブログを見て、私も書いてみたい、な~、

なんて、ちょっとだけ思いました。

続編楽しみにしています。

いよいよ製作の開始ですね。
100号と言ってもピンときませんが、写っている脚立と比較してその大きさが分かります。
手が届かないので脚立に乗って描く、自分には到底考えられないキングサイズです。
会心の大作となることを期待しております。

こんにちは~  ありがとう! メルシーボクー!
描き方をアップしていただいて 勉強させていただきます~
ホームページも 訪問させていただきます 

脚立も出動ですか!
やはり100号は大きいのですねeye

先の長い短い時間?を楽しんでくださいヽ(´▽`)/

◆ としちんさん コメント ありがとう。
本来ならば半年くらい掛けて、描いた後じっくりと見直して、修正するという手順がいい
のだと思います。 なかなか、そうは思っても、できたためしがありません。 いつも反省
ばかりです。

◆ 月の裏側さん コメント ありがとう。
裏を返せば、確かに密度の濃い充実した期間になるのかもしれません。
ただ、完成度という点では、少なからず影響が出るでしょう。
最近では水彩画を描く人口が増えているようですね。

◆ country walkerさん コメント ありがとう。
役員クラスの方たちは、さらに大きな130号という大きさを描いています。
大きければいいというわけでもないのですが、絵画としての表現力というものが
分かるようです。 それにしても使う絵の具の量も多くなり、たいへんです。

◆ bella さん コメント ありがとう。
bella さん のリクエストに答えて手順の紹介です。 ただ、私なりの経験の中から、
行っている手順ですので、きっと人それぞれ違うと思います。
少しでも参考になれば幸いです。

◆ wani さん コメント ありがとう。
そうですね。大変なことも多いですが、小品を描くのとは違って、思い切って大きく筆を
動かすことができますし、チャレンジ的なこともできますから、ある意味、結構忙しさの
中でも楽しめれるのかもしれません。

すごいですね~!(*^_^*)
こうやって少しずつ絵を仕上げていくのですね。。
そして素敵な絵…!!!
たかchanさんが書きすすめていくところを、
側で見ていたくなります…!!(-^▽^-)
出来上がりがとっても楽しみです!!!!!(o^∇^o)♪

お身体には気を付けて、書き進めて下さい!
応援していますっ☆(*^ー^*)

◆ はぴママさん コメント ありがとう。
みなさんから、こうしてブログで応援して頂くと、たいへん励みになり、
頑張ってやらなきゃって、思います。 3月中旬まであまり時間もありませんが、
できるところまでやるつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/56433627

この記事へのトラックバック一覧です: 100号制作スタート:

« 新年の庭で | トップページ | お昼寝ジャム »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック