Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 100号下描き終了 | トップページ | 想い出の作品(2) »

2013年1月19日 (土)

想い出の作品(1)

今日は、私の作品の中から、想い出の作品(1)


私が、25年ほど前に、初めて描いた油彩作品。  「潮騒」 F6号
市が主催する「市民文化講座・絵画」の6か月コースに参加して、最初に描いた記念すべき作品だ。

 

Siosai

会場は文化会館の会議室で、講師の先生が持って来た貝をモチーフに描いた。 
何もわからずあっという間に講座の2時間が過ぎていたことを想い出す。 考えてみれば、中学校の部活以来、20年間のブランクがあった。 心のどこかに眠っていた、描きたいと思う気持ちがよみがえったのかもしれない。 気がついてみたら、この作品を描いてから、もう25年の月日が流れている ・ ・ ・ 。

« 100号下描き終了 | トップページ | 想い出の作品(2) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
たかchanさんの思い出の絵ですか。
記念すべき作品を拝見できてうれしです。(^^)
これから100号の完成に向けて大変になると思いますが、
体調に気をつけて頑張ってください。

懐かしい作品ですね~ 原点となる作品を眺める度に
当時のことが 甦るでしょう。  さすがに この頃から
たかChanさんの 魂は バッチリ現れていますね!

100号の作品も もう仕上がっているのではと 思えるほどの 
出来栄えで 素晴らしいです!  搬入には間に合いそうですね
頑張ってください! 

安曇野の作品を多く拝見しているので
とても新鮮に感じます。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
何故か、久しぶりに物置に積み上げてある過去の作品を想い出して、
引っ張り出してきました。 当時の事が思いだされ、懐かしと同時に、
25年の時間の流れを感じました。  (-_-;)

◆ bella さん コメント ありがとう。
初めて描いた油絵ですから、私にとって原点となる作品ですね。
ここから全てが始まった、と思うと感慨深いものがあります。 あの時の
感動を忘れないようにしないといけない と思いました。

◆ 森カフェさん コメント ありがとう。
最近では安曇野をはじめとする風景画ばかり描いていますが、以前は、静物や人物も
描いたりしていました。 たまには風景以外の作品も描いてみようかな と思いました。
新鮮な気持ちになれるかもしれませんね。

 想い出の 潮騒 懐かしい作品なんですね。
とっても素敵です。scissors
風景画に憧れますが 静物画も良いですね。

100号の作品 お体にお気をつけて仕上げてくださいね。

これからも素敵な絵見せてください。happy01

◆ 初心者水彩画さん コメント ありがとう。
静物画は一番身近なテーマですから、親しみやすいですね。 それに屋外に
出られなくても描けますから。 
静物を題材にした作品では、この ”貝” 以外にはバラやユリなどの ”花” を
何枚か描いています。

若き日の感動が・・・

今だから。。。

原点???!(^^)!

◆ DONちゃん さん コメント ありがとう。
25年も前の作品を改めて見ると、本当にその当時の事がよみがえってきます。 先生のいう事をもらさまいと集中して、あっという間に講座の数時間が過ぎてしまった事。 思うように描けなくて悲観してしまったりした事。 今となっては懐かしい想い出ですが、 この作品から私の絵画制作が始まった、まさに原点。

「潮騒。というと、三島由紀夫の小説の舞台
となった、伊良湖沖の神島が思い起こされます。happy01
 何事でも、初期の作品には、よいものが
多いようですね。 一所懸命さや、純粋さがあるのでは、
ないでしょうか。happy01
 続けている道の、原点は、大事かと思います。happy01

◆ としちん さん コメント ありがとう。
そうですね。 最初の頃の一所懸命さや、純粋さは大事ですよね。 
初心、忘るべからず という事でもあると思います。 今、一度振り返ってみようと
思いました。

そうですね。
「きっかけ」どこで巡りあうか happy01
でも好きな打ち込める事があるって素敵ですよね。
私は、最近写真教室に通うのが楽しいです♪
ピアノも長く通ってましたがそれ程でもなく・・・
泣きたい練習もありました・・・

画とか作品作り好きデス♪
でも好きなのに凄く下手・・・ down
甥っ子に猫を描いてあげたら一生懸命考えてた ( ´艸`)
でも作品て癒されて素敵ですね。
貝。。。 耳に当てて波の音聞いて見たくなっちゃいます wave 

◆ ゆらさん コメント ありがとう。
自分が気に入ったものができれば、それで良かったと思います。 人の評価を気にして
いると、どう見えるかという事ばかりが気になりだします。好きで続けられるものがあると
いう事はいいですね。   ゆりちゃん、らんちゃんと楽しくすごしてくださいね。

初めて描いた作品、そして思いのいっぱい詰った作品ですね。
この作品のお陰で絵心が甦った特別に思い入れの深い作品、絵の分からない自分ですが素晴しいと思いました。

◆ country walker さん コメント ありがとう。
中学校の時は美術部で絵を描いていました。(水彩画で、一年間だけでしたが) 高校へ
進んでからは美術からは遠ざかり、その後、就職してからも30代半ばまでは、全く描くことはありませんでした。 ふとしたことで市民講座の募集を見て、急にやってみたくなり、
参加したという感じです。

こんにちは

素敵な作品ですね。
こんな素晴らしい思い出の作品があるなんて、羨ましいです。

お見舞いコメントありがとうございました。
しばらくは静かにしています。

◆ rw さん コメント ありがとう。
久しぶりに想い出して、物置に積んである中から出してきました。 
多くの時間が過ぎた事を改めて感じました。

こちらこそ、手首を痛めてしまって、PCを使うのもたいへんな時に
わざわざコメントを入れて頂き、恐縮しています。
無理をなさらずに、養生してくださいね。

おはようございます。
  ごぶさたしてます。初めての作品ですか?
  すごいです・・学生時代から好きだったんですね 書くことが
  学生時代に少しでも 習っていれば不思議と覚えている物ですね
  
  100Fの安曇野の出来上がりまでの過程楽しみにしています。
  すごく勉強になります。

◆ 京都こまち さん コメント ありがとう。
中学生の時は、もちろん油絵ではなくて水彩画でした。 それも一年間だけでしたので、あまり記憶にはありませんが、絵に対する興味はずっと眠っていたのかもしれませんね。  100号はこの後、本描き(仕上げ)になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/56393947

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出の作品(1):

« 100号下描き終了 | トップページ | 想い出の作品(2) »

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック