Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 雪の朝に | トップページ | 私の絵画展が終了 »

2012年12月12日 (水)

私の絵画展、展示作品(2)

私の絵画展から展示作品をご紹介。 今回は2回目として、私の第一のテーマとしている信州・安曇野の風景作品から8点。


まずは今回展示の最小作品から、

◆春の白馬村 SM(サムホール)    白馬村から白馬三山

Harunohakubamura_sm



◆安曇野代掻きの頃 F4号    池田町・堀之内から後立山連峰

Azuminosirokakinokoro_f4



◆安曇野初夏 F4号    安曇野市穂高町・御宝田から常念岳

Azuminosyoka_f4



◆秋の安曇野 F10号    大町市・宮本から餓鬼岳

Akiazumi_f10



◆安曇野田植え P10号    池田町から有明山

A_taue_p10



◆早春の白馬村 P10号    白馬村・青鬼から五竜岳

Sousyun_hakuba_aoni_p10



◆安曇野早春の朝 P10号    池田町・北アルプス展望美術館前から常念岳

Azuminosousyunnoasa_p10


そして、今回展示作品の中で、一番大きな、

◆安曇野代掻きの頃 F20号    池田町東側山麓から有明山

Azuminotauenokoro_f20



◆ 以上、今回の私の絵画展、展示作品を2回に分け、全15点を紹介しました。

※ 昨日(12/11)は、文化会館の隣の図書館の電気工事で、お店が臨時休業となった                                                                  中、絵画展を見にお店に来てくださった方がいらして、ご迷惑をおかけしました。 
   どうも申し訳ありませんでした。



 

« 雪の朝に | トップページ | 私の絵画展が終了 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

みんな すんだ空気が伝わってきますね。。
空の色と田園の水の色が好きです。。
個人的には後立山の絵と凛とした空気の早朝の絵が好きです。。
構図も素晴らしく さすがですsign03

◆ 青空さんですね。 コメント ありがとう。
安曇野の魅力は北アルプスの残雪と青い空、そして田園の緑、これらの
見せるコントラストの素晴らしさにあります。 さらに付け加えるとすると、
真冬の雪景色でしょうか。 何度、行っても魅力的な場所です。

  たかchanさんの絵を拝見すると、
昔、松本などから見た、飛騨山脈の
きり立った山々が思い浮かびます。happy01
 「安曇野代掻きの頃」は、とてもいい感じで
した。地元新城と安曇野の2テーマに
されたことは、バランス的にも良かったのでは
ないでしょうか。happy01

◆ としちん さん コメント ありがとう。
そうですね。 同級生のマスターに 「故郷の絵も描いてくれよ!」 と言われて、
描いたものですが、やはり開催する地元の風景を半分入れた事は、結果的に
バランスが良くなったように、私も思います。 

こんばんは。
綺麗な風景ですね。
田園の絵はなぜか私の故郷を思い出します。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
田園風景というのは、やはり一番身近にあって日本の原風景ですね。
私の絵を見た方が心安らぐような絵が描けるようにと、努力しているつもりです。

すみません。 
名なしのゴンベでしたね。。

「青空」特徴あるかな?

こんばんは。
どれも素晴らしい作品で、
我が地元の空気の匂いを感じます。
そして水の表現に惹かれました。
餓鬼岳の秋の色も素敵ですね。
本物を一度見てみたいです。

◆ ずくなしはなこさん コメント ありがとう。
安曇野の地元の方に、そう言っていただくと嬉しいです。 私が特に意識しているのは、
やはり水にかかわる表現ですね。 水が画面の中にある事で、周りの光景が映り込み、
絵に変化が生まれます。  

こんばんは

ブログにおいでいただき、ありがとうございました。

素晴らしい絵と写真、いいですねえ~happy01
安曇野の風景、素晴らしいです。
私の俳句結社の前主宰も安曇野がお気に入りで、生前は何度も訪れ、大町に句碑がたっています。

海辺に住む私には美しく雄大な山々を望める暮らし、うらやましいですね

おはようございます。なかなかコメント書けませんが、毎日のように見ていますよ。

次の個展はいつでしょうか。遠くても何でも、ぜひ行って実物を見たいと思います。

画集出したらいかがですか?

安曇野の四季を描いた力作を拝見いたしました。
絵は全く分からないのですが、美しい風景と共に清清しさや澄んだ空気感を感じました。
四季折々の作品をこれだけ揃えるには随分と通われことでしょうね。

50代の頃夏山登山した山々が描かれていて懐かしいです。
季節ごとの違った山の表情を見せてもらいました。
安曇野の風景に、ここに住みたいとも思いました。
たかchanさんの描かれたこの風景、本当に癒されます。
また見せてくださいね。

どれを見ても感動です。
書く言葉ありません。

安曇野の四季どの絵も見るとほっとします。
山並み、田園風景優しいタッチで癒されます。
どれも素晴しい作品です。

代掻きの頃は
桜の頃なのでしょうか?

そんな季節にも訪れてみたい安曇野です(*^-^)

◆ silent-holly さん コメント ありがとう。
安曇野は多くの方に愛される場所ですね。 私も10数年ほど前から通って
四季の風景を描いています。 やはりさわやかな気候の春から初夏の頃がいいですね。

◆ 月の裏側さん コメント ありがとう。
いつも見て頂いてありがとうございます。 現在開催中ですので、まだ次の個展の開催までは考えていませんが、やはり、目標を決めて取り組むことが大事ですね。 開催できる
だけの作品を制作するのに、少なくとも一年は必要かと思います。 

◆ country walker さん コメント ありがとう。
描く場所は、最初は安曇野市、池田町くらいでしたが、その後、大町市、白馬村と、どんどん北上していきました。 北アルプスの山々はどれも素晴らしく、私の絵心をくすぐります。 これからも四季の風景を求めて、通う事になりそうです。

◆ さくちゃんさん コメント ありがとう。
安曇野を訪れて魅せられて、とうとう移住してしまうという人が多くいますね。 
浜松に在住の私の師事した先生も、移住まではしませんでしたが、有明山の麓に
アトリエを持って活動されています。 そうできれば一番いいですね。

◆ 哲クン さん コメント ありがとう。
書く言葉が無いとまで、言って頂き、本当にうれしいです。 
私の絵を見て、~季節の風を感じて~ 頂けたら幸いです。 励ましの言葉に、
また、次の作品の制作に向かって取り組めます。 

◆ 森カフェ さん コメント ありがとう。
森カフェさんの所と、安曇野とは同じ長野県ですよね。 きっと同じような風景が
あるのではと思われます。 できれば、そちらにも足を伸ばしてみたいです。

◆ wani さん コメント ありがとう。
旅心をくすぐられましたか。 安曇野(安曇野市、池田町)あたりの代掻きは、五月連休の頃ですよ。 「輝く水田」という、ベストショットを撮っている方もみえますよ。 ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/yasujirou/diary/201205110000/

どの作品もその場にいるかのように情景が浮かびますね。
(ボクの好みの景色ばかりですconfident
それは、山&自然好きにとって、まさに憧れの聖地。
雪解けと共に訪れてみたいと思います。
(ご紹介、ありがとうございました)

◆ bill さん コメント ありがとう。
bill さんは、実際に山に登られますが、私は平地から見るだけです。
登ってみないので、本当の山の素晴らしさを知らないで、描いているのかもしれません。 北アルプスは私にとってあこがれなんでしょうね。

こんばんは  素晴らしい絵を拝見させていただきました
4号でも こんなに広々した風景が描けるのですね!
地名が書かれているので、 次に行くとき、
地図とにらめっこしてみたいと思います~
たかChanさんは 地塗りは何回ぐらいなさってから 
本番に入るのですか? お教えください

山と田んぼの水面が四季の移り替わりごとに
見事に表現されていて、それぞれの感動された
気持ちの入った作品ですね。!(^^)!

◆ bella さん コメント ありがとう。
安曇野は、五月連休前後の残雪と代掻きの頃に、ぜひ一度訪れてみてください。
 秋とはまた違う、すばらしい風景に出会えますよ。

キャンバスの地塗りは小さなものは1回です。 15号以上は2回以上です。 
回数は好みでしょうね。  ホワイトのジェッソ(クサカべ軟練り)を使います。

◆ DONちゃん さん コメント ありがとう。
安曇野はいつ訪れても、違う感動を与えてくれます。 それをなんとか表現しようと、
毎回、試行錯誤の連続です。  見てくださった方の励ましの言葉が、次の作品制作
への意欲となります。 ありがとう。

こんばんは
どれも素敵な作品で うっとりとしました。

ここ数日はとっても寒くて この町から逃げ出したいって思いましたが、春先の素敵な景色を楽しみに 頑張ってみようと思いました。

ありがとう!

◆ rw さん コメント ありがとう。
今年は例年よりもなぜか寒いような気がしますが、松本も雪は多いんでしょうか。 先日は松本出身(飯田在住)の友人(姪の旦那さん)が、会場に来てくれました。 子供の頃の松本の話をしてくれました。  彼はミュージシャンです。  活動の様子は ⇒ 
http://www.youtube.com/watch?v=YyQEsLMTtFc&feature=youtu.be  
中央の男性です。

今日はお話し中失礼しました。
やはり絵画は生で見てこそ伝わるものがありますね。
「安曇野代掻きの頃」は水面の映りこみと空の間の空間の雄大さが
あって、山へ向かって走って行きたくなる感覚をおぼえました。
行き帰り豊川流域の山里をドライブしましたがこちらも絵になる風景が
多くありますね。
私も描いてみたくなりました。

◆ がるうぃん さん コメント ありがとう。
本日は、遠方より来場いただき本当にありがとうございます。
こうして、ブログで知り合った方々に絵画展を見て頂けることは
うれしいことです。 奥三河もいいところがたくさんありますよ。

やっとこのブログにたどり着きました・・・・
絵画展お疲れ様でした。ブログコメントもたくさんで
おめでとうございます。
目が覚めるような田園と山々ですね・・・・
久しぶりにこんな美しい風景画に出会いました。
ありがとうございました。
ごたごたした町の風景ばかりに囲まれていますので。
またお邪魔させていただきます。

◆ がんばるさん コメント ありがとう。
はじめまして。  どれも、空と山と田園の風景ですが、楽しんで頂けてうれしいです。 
ホームページでも公開していますので、ぜひ、見てください。 ⇒ http://kosai.art.coocan.jp/index.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/56238620

この記事へのトラックバック一覧です: 私の絵画展、展示作品(2):

« 雪の朝に | トップページ | 私の絵画展が終了 »

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック