Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 晩秋の庭で(4) | トップページ | 作品の搬入 »

2012年11月29日 (木)

額選び

私の絵画展もこの週末に迫って来て、カウントダウンが始まった。 今日は乾燥させていた絵もなんとか乾いたので額装することにした。


自分で言うのもおかしいが、絵を額に入れる事で、なんとなく素晴らしい絵に見えてくるから不思議だ。 いい服を着ると立派に見える気がするのと似ているかもしれない。 とはいうものの、やはり絵に合った額というものがあり、入れる額によって絵がより引き立つ場合と、逆に絵の品位を落としてしまう場合もある。 しかし、手持ちの額がそんなにたくさんあるわけではないので、あるものの中から選ぶしかないわけだが。 

今回、下記のF6号の絵を例にすると、

Sample_3


下の写真の6つの額から絵に合ったものを選ぶ事になった。

(1)左側は赤色がかったブラウン色、右側はシルバー色

Gaku_1


(2)左側はブラウン色、右側は黒色艶消し。

Gaku_2


(3)左側はライトオーク(明るい褐色)、右側はゴールド色

Gaku_3



検討の結果、下記の額(2)の左側を使用する事にした。 

Gaku_4


(1)のシルバー色の額では、ややぼやける感じがする。
(2)の黒色の額では、額の色の方が強すぎる。
(3)のゴールド色の額では、なんとなく合わない。

という事で、(1)~(3)の各左側のブラウン系の中から選ぶ事にしたが、無難な選択をして(2)の左側のブラウン色に決定。
ブラウン色系の額は比較的どんな風景画にも合いそうだ。
この、額を選ぶ作業は楽しい、女性が服を選ぶ時の気持ちと似ているのかも。


そして、明日はいよいよ作品の搬入、展示だ、仕事は有給休暇を取った。

« 晩秋の庭で(4) | トップページ | 作品の搬入 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

とても興味深く読みました。だって、絵も好きだけど、額はもっと好き。美術館に行ってもまず額を見るくらいで、一緒に行く友達に呆れられています。

私は2列目の右の黒い額が一番好きです。だけど、この絵にはたかchanが選んだ額が一番合ってるなあ、と思って読んだので、「正解」だったようで、結構私も「見る目」があるなあ、なんて嬉しく思いました(笑)。

画家さんに時々お願いしたいなあって考える時があります。美術館などで、も何時間見ていても飽きないような額に出会うことがあります。そんな時、「この額に合う絵を描いてほしいなあ」なんて・・・。

青森にも懇意にしている額販売のお店があり、今はもう閉店しているのですが、倉庫の額を見せてもらい、いくつか購入したんです。未だにその額に合う絵にであっていないのですが・・・。

こんどその絵のエッジでも、ブログにアップしますね。

長くなって、すみません。

◆ 月の裏側さん コメント ありがとう。
おはようございます。 額にこれだけ興味のある方に出会ったことは初めてです。  私はまだ、安価な額しか買えませんが、額も種類が多くて奥が深いですよね。 額に合った絵を描くという発想も新鮮です、そして、額を購入されてから、絵を探すという事も。 
よほど気に入った額を見つけられたんですね。  楽しくコメント拝見しました。

額に入れると絵が引き立つ、分かりますね~
写真でもフツウにプリントしたままで眺めるのと額に入れるのとは大違い。
プラスチックの小型のものでもL判の写真がよく見えます。
大きな絵にそれに合った立派な額、絵が一層引き立ちますね。

  おはようございま~す
  展示会いよいよなんですね。
  
  額えらぶ って大変ですよね・・額一つで絵の雰囲気が
  がらっと変わりますものね。 6種類額を見たとき
  ライトオークかなって・・・思ってたら それにはいってました。
  とってもいい感じ すみません偉そうなこといっちゃって・
  私たちは今のところ 画材屋さんにおまかせです。
  いつもいいものを選んでくださってると思います。
  展示会の成功を祈ってます。

他にどんな絵画が並ぶのでしょう。観たい気持でいっぱいです。
額選びは大変だけど楽しいとやはり絵を描く友人が言ってました。
やはりそうなのですね。あとの5つの額にもぴったりの絵も今回観られるのでしょうか。
ご成功をお祈りします。

いよいよですね絵画展、その様子のUP楽しみにしています。
額と絵ってとても深い関係にあるのですね。
体に気をつけてがんばってください。

◆ country walker さん コメント ありがとう。
そういえば、写真もそうですね。 写真展で見かける写真は、黒い台紙(マット)で
細い額(フレーム)に入っていますね。 これでぐっと写真が生きて見えます。 
写真用の額はシンプルなものが多いようですが、絵画用はシンプルなものから、
豪華なものまで幅広くあって迷ってしまいます。

こんばんは。
額選びも大変なんですね。
額で絵の感じが変わることなんて全く考えたこともありませんでした。(^^ゞ
絵画展成功されることをお祈りしています。

◆ 京都こまち さん コメント ありがとう。
手持ちの額の中から、どの絵をどの額にするか割り当てるわけですが、
中にはどうしても合う額が無い時もあります。 できれば全部の絵が
引き立つように割り当てたいのですが。   経費も掛かります。

◆ さくちゃんさん コメント ありがとう。
額選びで迷うのは大変だけど楽しい、やはり洋服を選ぶのと似ているようですね。 
最終的にはあるものの中から割り当てて決める事になりますが、私の場合は
風景画ばかりですから、比較的、簡単なのかもしれません。

◆ 哲くん さん コメント ありがとう。
絵と額、お互いに引き立て合う組み合わせがベストですね。  私の場合はどうしても
予算の関係で安価な額を求めていますが、欲を言えば絵にあった額なら予算は構わないと、言えるようになりたいものです。

◆ 桃太郎さん コメント ありがとう。
絵は入れる額によって雰囲気がガラッと変わるんですよ。  いい額に出合えば、
いまいちの絵もそれなりに良く見えてきます。 ”馬子にも衣装” というようなもの
でしょうかね。

  絵を生かすには、額は大切な役割をするのでしょうね。happy01
額とのバランスで、絵が引き立つのでは、ないでしょうか。
 展示は、準備が大変かと思います。happy01
いろいろな、気配りがされて、展示会が行われるの
でしょうね。まだ、紅葉の残る時期で、盛況になるといいですね。happy01


◆ としちん さん コメント ありがとう。
額も絵の内 とでも言いますか、重要なものだと思っています。
今回は小規模な絵画展ですので、一人で搬入・展示を行う予定です。
レストラン(喫茶)という事で、少しギャラリーとは勝手が違いますが、
多くのお客さんが来場されることを願うばかりです。

風景画には、やはりブラウン系の木目が似合うように思います。
確かに額は絵を引き立てますね。

いよいよカウントダウンですね!
福島から応援しています。

額縁選び、確かに 大変ですが 楽しみでもありますよね~
油絵以外の場合は マット選びも 絵の雰囲気を大きく左右しますね
お選びになった額が 絵に やっぱりとてもお似合いです~

それにしても 額や作品の置き場所は 苦心なさいますでしょう・・
たかChanさんの立派なお宅なら ドンと来いでしょうが、 どんどん
増えるので、整理整頓が必要でしょうか・・ 
(私は 積み重なって苦労しています!!  ^&^)

搬入なさるまで あと一息ですね  ガンバ・・!

◆ bill さん コメント ありがとう。
ブラウン系の額は風景画には無難の選択のようです。 
花、人物などでは装飾的な額が合うように思います。
現実には手持ちの額を、それぞれの絵に割り振るしかありません。
うまく合っていればいいのですが。

◆ bella さん コメント ありがとう。
作品の置き場所は本当に、困りものですね。
特に所属する絵画団体展への出品作品は80~100号ですから、なおさらです
(現在10枚以上あります)  物置でも建てなければと思っているこのごろです。

おはようございます。
さわやかな信州(安曇野?)の風景  春風が吹いてきます。

◆ くらんぽんさん コメント ありがとう。
今回は、安曇野風景8点、新城市内風景7点 の合計15点という
小規模な絵画展です。 いよいよ午後から搬入です。
明日から、始まったら会場の様子をUPしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/56205399

この記事へのトラックバック一覧です: 額選び:

« 晩秋の庭で(4) | トップページ | 作品の搬入 »

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック