Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 初秋の庭で(2) | トップページ | 秋の庭で »

2012年10月 7日 (日)

秋祭り

土曜、日曜と地元の秋祭りだった。 生まれ故郷の愛知県東部の新城では幼い頃から、秋祭りでは山車や手筒花火、打ち上げ花火等があったが、30数年前にこの浜名湖西岸の湖西に移り、子供が生まれた時にちょうど始まった地元の秋祭り。 それまでは新興住宅地という事で祭りなど無かったようだ。


写真は4台ある山車のひとつで、私の町内のもの、各地にあるような伝統的な山車ではなく、現代的で実用的な造りになっている。 山車に何人かの笛を担当する子供たちと前部に掛け声担当の子供が2人乗り込み、屋根部分には、先導する大人の担当者が乗っている。 

ちょうど、交差点を曲がるところ。

Dasi_3  



山車の後部には大きな太鼓が載っている。 以前はこの太鼓を叩く子供は歩きながら叩いたが、最近、足場を付けたので、その上に乗って叩くことができるようになった。

Dasi_2


夜の山車の様子。 上部に並ぶ ”ちょうちん” には、寄付を頂いたお店や事業所の名前が入っている。

640


夜のフィナーレは、隣町である愛知県の豊橋市が発祥の地と言われる ”手筒花火” が近くの集会所広場で行われる。  

Tezutu_2



Tezutu_1


まさに火の粉に包まれる。 
ここの手筒花火の特徴は、花火を抱え踊りながら出す事、そしてなんと女性も数人混じっているという事。 女性で手筒花火を出すとは尋常では無い? 何度見ても感動する。

Tezutu_6_2


片手をあげて観客に挨拶をする。

Tezutu_4


最後は全員が登場して、一緒に踊る。

Tezutu_5


おまけの写真。 
仕掛け花火、 ”ドラえもん” ?

2012sikakehanabi


娘が生まれた時に始まった地元の秋祭り、その娘も今は2人の子供の母親になっている。 そして先ほど妻は孫と山車を引っ張りに出て行った。 改めて時の流れを感じた秋祭りだった。

« 初秋の庭で(2) | トップページ | 秋の庭で »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

  手筒花火は、まだ3回しか見ていませんが、南上の原では、女性も参加するなど、比較的自由なスタイルのように感じました。happy01若い人たちが多く、祭りへの取り組みも意欲的な感じがしました。これから、少しずつ、伝統がつくられていくのでしょうね。happy01

◆ としちん さん コメント ありがとう。
おっしゃるように、南上の原の秋祭りは、30年ほどの歴史しかありませんので、伝統に縛られる事無く、いろいろな事を比較的自由に決めて来られたんだと思います。  これからも続いていく事を願うばかりです。

各地で秋祭りが開催されていますね。ところ変れば・・・でそちらの様子は当地とはやはり違った雰囲気ですね。それが地方色が出て好いのかもしれません。
やはり手筒花火がフィナーレになるのですね、でもこの勇壮な花火は身近で見たことがありません。一度近いところから見てみたいものです。

お久しぶりです。

盛大な夏祭りですね。 
特にフィナーレの手筒花火は、心打たれます。


我が地元でもありますが、係りだけがキリキリ奮闘する夏祭りでした。(今年はかかりでした。)30年前に始まったと書かれておりますが、熱き人の多い地かと思われます。

手筒花火素朴で美しいです。
伝統の技なんでしょうね。

◆ country walker さん コメント ありがとう。
秋祭りの出し物で最も人気なのは、やはりこの ”手筒花火” でしょう。 愛知県東三河でも、発祥の地と言われる豊橋始め、各地で行われているようです。 

◆ くらんぽん さん コメント ありがとう。
秋祭りをするほどの人口がなかった地域のようですが、30年ほど前ごろには新興住宅地として人口が急増しましたが、引っ越して来る前の地域で秋祭りを体験していた方たちが多かったのかもしれませんね。

◆ 森カフェ さん コメント ありがとう。
湖西手筒花火保存会 というものがあり、伝統技術としての ”手筒花火” の技術を伝承しているようです。 他の地域ではここのように踊りながら出す事はしていなくて、一か所で静止して手筒を抱えて出しているようです。 それはしっかりとした伝統に基づいているんだと思います。

  勇壮なお祭りですね。手筒花火は私見たことないんです。
  すごく大変そうですね。火の粉中で耐えつずけるのって・・・
  一度みてみたいです。感動するでしょうね。
  今はいたるところでお祭りの話題が多いですね                         昔から受け継がれてきたお祭りでにぎわっています。
  テレビのニュースでもよく見かけます。
  それぞれに特徴あって楽しいものですね。
  わが町ももうすぐです。小規模ではありますがそれなりに・・・
  本宮の松尾大社は勇壮です。船渡業といって川を西から東へ
  神輿をかついで渡ります。雨あがりの水量の多いときは中止になりますが
  たのもしいかぎりです。

◆ 京都こまち さん コメント ありがとう。
見ているだけならいいのですが、花火を出す方がどんな具合なのか気になるところです。 幼い頃は、大人になったら手筒花火を出すのかなあ、と子供心に心配もしましたが、出すこと無く終わりそうです。
京都は伝統的な祭りが多いですよね。 川を渡る神輿なんて、たいへんそうですね。 足場は悪いし、濡れるし、想像しただけでも難しそうです。 一度見てみたいものです。

こんばんは。
(ご無沙汰しておりました)

手筒花火はすごい迫力ですね。
女性がこの筒を抱えているのかと思うと、尊敬の念さえ沸いてきます。
地域の伝統はいつまでも残って欲しいものですね。

こんばんわ。

家の近所でも毎晩太鼓の音がするようになって祭の練習が始まりました。
湖の東では手筒花火を見ることはありませんが、湖西は三河と遠州の融合する所なんですね。

◆ bill さん コメント ありがとう。
30数年前に始まった祭りで、伝統も無く、ある程度自由な考えで行われているようです。  伝統ある地域では、手筒花火は ”女人禁制” で、女性は出せないようです。

◆ がるうぃん さん コメント ありがとう。
隣町の豊橋から新居へ伝わり、ここ湖西の南上の原でも、30数年前の祭りのスタートと共に始まったというわけです。 だんだん伝統ができていくものと思われます。  今週末は新城の東新町の八幡神社でも手筒花火が行われます(私の郷里で、子供の頃から見ています)

それ程大昔の発祥ではないのに よくこれだけ立派なお祭りに
成長しましたね・・ やる気に満ちた人々のお蔭でしょうか・・
火筒のドキュメントをTVで見ましたが、女性も出たのですか~~
髪の毛やまつ毛まで よく濡らして準備したのでしょうね

11月に 安曇野のホテル予約しました~ 念願がやっと叶いそうですhappy01

◆ bella さん コメント ありがとう。
中老” と呼ばれる、祭りが大好きな人達のグループが中心となって、いろいろな事を進めています。
安曇野行きが決定しましたね。 11月と言えば北アルプスに初冠雪の望める頃でしょう。 すばらしい景色が見れるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/55831742

この記事へのトラックバック一覧です: 秋祭り:

« 初秋の庭で(2) | トップページ | 秋の庭で »

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック