Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 夏の庭で(2) | トップページ | インド系音楽への誘い »

2012年8月 8日 (水)

夏の庭で(3)

真夏日を元気に咲いている庭の花たちなので、もっと紹介してあげたくなり、”夏の庭で” に3回目を追加することにした。


ランタナ  別名は シチヘンゲ(七変化)
       花ことば : 厳格、厳しさ

春からずっと咲いている、たいへん丈夫な低木。  咲いているうちに花色が変化していくために、シチヘンゲとも呼ばれるようだ。 これも、大変生育旺盛であちこちに芽吹き増えるので、せっせと抜いている。  葉には固い毛があり、茎にはとげがある。 

Rantana



Rantana_2



ブーゲンビリア   別名は イカダカズラ
            花ことば : 情熱、あなたしか見えない

これは、東海地方ではさすがに露地植えのままにはできない ので、鉢植えにして冬季は玄関内に取り込んでいる。 花のように見えるのは ”苞(ホウ)”で、本当の花は苞の内側に3個ある小花。   

Bugennbiria



Bugennbiria_2_jpg
この花の色はショッキングピンクだが、ほかにもピンク、白、黄色、白花で縁がピンクのものなど、花色も豊富。 挿し木で増やす事が出来る。 幹にはするどいトゲが出ているので取扱いは要注意だ。  樹形は玄関にとりこんだ時に場所をとらないように、ループ状に仕立てている。




キンレンカ (金蓮花) 園芸的には ”ナスタチウム” の名で通用しているが、この学名                      をもつものは、まったく別のアブラナ科の植物との事。
              花ことば : 愛国心

夏の暑さには、やや弱いという事なので、最近は元気がなくなっている。 

Nasutatyumu

勤め先までの道沿いには(とはいっても、徒歩5分足らずの距離だが)には、ヒマワリ、ルドベキア、ノウゼンカズラ、サルスベリ(百日紅)、ネムノキ 等々、夏の花が元気な姿を見せてくれる。  入道雲が時折出て、まだまだ真夏日は続くようだ。 

« 夏の庭で(2) | トップページ | インド系音楽への誘い »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
立秋は過ぎたというのに、暑い日が続きます。
ランタナ、まさに七変化の花ですね。
淡い色が綺麗です。
初めて見ました!!

おはようございます。

そちらではランタナは地植えできるんですね。大きく成長したランタナが虹色に咲く姿はとても綺麗なことでしょう。

静岡に住んでいた時はブーゲンベリアを育てていました。たかchanさんのブーゲンベリアの色は赤が強くて、とても素敵ですね。葉焼けもしていなくて、大切に育てられているんですね。

ナスタチウムはこちらでもとてもよく増えます。この花は東北の真夏が大好きらしいです。

ランタナ、以前は見たことが無かったのですが最近時々見かけるようになりました。とにかく花期が長い花ですね。見るたび花の色が変わりまさに七変化です。
生育旺盛なのが増えてきた最大の原因でしょうか。。。

七変化欲張りな花ですね花の中に花を沢山つけてhappy02
木に咲く花で色が変化するというとアジサイに似ているのでしょうか。

◆  ソングバード さん コメント ありがとう。
いつの間にか、暦の上では立秋でしたね。 こちらでは、暑さの方は相変わらずの真夏日が続いています。 ランタナは淡い色から、紫紅色に変化していきます。 個々の花は小さいのですが、花笠状に集まって咲くのが少し変わっ花ですね。

◆ アイプロガーデン さん コメント ありがとう。
ブーゲンビリアは冬季、玄関内に取り込む前に、かなり剪定をしますが
春になって、外に出すと新芽がたくさん出てきます。 植えてから15年以上にはなっていると思いますよ。 
ナスタチウムは、やはりこのところの暑さには参っているようです。 (-_-;)

◆  country walker さん コメント ありがとう。
実は、このランタナは植えた記憶が無いんですが、隣の家に色違いのものがありますので、種が飛んだのか、鳥が運んだのかわかりませんが、わが家であちこちと芽が出て増えています。 最近では見つけ次第、抜いています。 とにかく丈夫です。

◆ 森カフェ さん コメント ありがとう。
ランタナは森カフェ さんのまわりにある、山野草とは趣の違う花木ですね。
植えた記憶は無いのですが、花が咲くのでそのままにしているような感じです。 ただ、増えすぎて困るので剪定と、小さいものは抜いています。

 ランタナは、小さな花ですね。happy01初めて見るように感じます。ブーゲンビリアは、もっと暖かい地域の花でしょうか。それぞれ、花によって特性があって、それに合ったお世話が必要なのでしょうね。暑さに弱いのは、人間だけとは限りませんね。happy01

◆  のずちん さん コメント ありがとう。
ランタナの花は小さな花が集まって一つの花のように見えます。 
ブーゲンビリアはハイビスカスと同じように暖かい地方の花ですので、沖縄などでは露地植えで大きな樹になっているようです。 いろいろな季節に咲く、多くの花に接することができる事は、たいへんすばらしい事だと思います。また、四季がある日本にいる事を幸せな事だと感じています。 花にも感謝です。

こんにちは~  たかChanさんのお庭の花、 まさにパレットの絵の具を
見ているようで、とっても楽しいです  これこそ 夏の花ですね!

我が家のゴーヤ、どのぐらいで 収穫したらよいか迷いましたが、
たかChanさんのお写真を参考にさせていただき、先ほど切り取りました
あとは ゴーヤ嫌いの主人の口に、どうやって送り込むかが、問題ですsweat01

◆ bella さん コメント ありがとう。
このところ、朝晩は少し過ごし易いような感じです。 
ゴーヤは採らずにいるとだんだん黄色になってきますから、その前までには収穫が
必要ですね。 実を言うと、個人的にはあんまりゴーヤは好きではありません。 
ただ、なんとなく、あの苦さが体にいいような気がして、少し苦いのをガマンして
食べています。 (-_-;)   苦みの少ない種類もあるようですよ。 

おはようございます。sun
キンレンカ 久しぶりに見ました。挿し木でつきますよね。sign03
若いころはよく育てていました。懐かしいです。
絵素敵です。風景画好きです。happy01

◆ 初心者水彩画 さん コメント ありがとう。
こちらは、ここ数日は真夏日は中断して雨が降っています。 今朝も時折、雷が聞こえます。キンレンカは真夏日はやはり元気がありませんが、鉢植えにしてありますので、モミジの木陰に移動して少し休息しているところです。 
涼しくなれば、またいろいろな花が咲きだしますね。  コスモスに期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/55338637

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の庭で(3):

« 夏の庭で(2) | トップページ | インド系音楽への誘い »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック