Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 夏の庭で(3) | トップページ | 晩夏の庭で(1) »

2012年8月11日 (土)

インド系音楽への誘い

今回は少し趣きの変わった、インド系音楽のご紹介。

私の妻の姉の娘さん(つまり姪)の旦那さんがインド系音楽のミュージシャンで、今回、CDをリリースしたので、早速、入手して聞いてみた。 そこには ・ ・ ・ 。


Hare_hare_hikari_omote                                 ( CDジャケット表面をコピー)

信州・松本出身の彼の名前は、「一志 新」 (イッシ アラタ)。 年齢は30歳少し過ぎか?
芸名は 「lata」という。 インド、オーストラリア他、海外各地に長年、滞在して勉強し実績を積んだとの事。
今回のCDでは、インドで出逢ったという、下記の3名でユニットを組んでいる。
ユニット名は、「Hare Hare」 (ハレハレ) 。 


     CDタイトルは、光(Hikari) 

     「lata」   一志 新 :  ボーカル、ギター、エスラジ(インドの弓楽器) 担当、
     「yohey」  岩下洋平  : シタール(インドの弦楽器) 担当、 
     「minami」 南 沙織 :  バンスリ(インドの横笛) 担当  
                  注 : あの懐かしい歌手の方と同性同名だが別人

   
                                    Cd_label_2

                                                                            ( CDラベル面をコピー)


Naka_left_2           

Naka_right                                                              ( CDジャケット中面をコピー)
     


現在は、全国各地での演奏活動をしているが、ソロまたはユニットであったり、インド舞踊やヨガ などと組み合わせたりして、演奏スタイルはその時々によって変わるようだ。 7月は信州の、松本市、駒ヶ根市、伊那市で上記3名のユニットで演奏を行い、8月の後半は、彼と「あみ」というインド舞踊の方とのコラボで、三重県の下記地域での演奏が予定されているとの事。 
 
     8月17日 伊勢
     8月18日 松坂
     8月19日 亀山

Jポップ、Kポップ等が全盛の今、こうした民族音楽に近い音楽は貴重な存在なのかもしれない。  あわただしく忙しい毎日を送る現代人にとって、リラックスできる ”癒しと祈りの音楽の世界“ へと誘ってくれる。  アロマを漂わせ目を閉じて聞けば、瞑想の世界へ入り込んでしまいそうな、未体験の音楽かも。



◆ 興味のある方は、下記を参照。 

少し、試聴してみたい方は、
  http://www.myspace.com/wacca.muse.lata

上記、8月後半の三重県での演奏会の詳細、他は、
  http://waccamuse.wordpress.com/


◆ facebook にも登録、投稿記事あり、 「一志 新」 で、検索可。 

◆ 記事中のCDおよび、ジャケット画像のコピー、使用はご遠慮ください。

« 夏の庭で(3) | トップページ | 晩夏の庭で(1) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

インドの調べ、未だ聞いたことがありません。
早速試聴ボタンをクリックしたのですが聞くことができません。
自分のクリック後の方法が間違っているのかもしれませんが・・・

◆ country walker さん コメント ありがとう。

少し、試聴してみたい方は、 の下のURL をクリックすると、my space  という画面が開き、そこに5曲のリストがあり、三角のしるしをクリックすれば試聴ができるようになっています。 

この、my sspace という画面は開くが聞けないならば、何か、音楽再生の設定がパソコンに必要なのかもしれません。

 豊橋出身のミュージシャンで、喜多郎という人がいて、先輩のいとこだと聞いたことがあります。happy01音楽をする人たちが、自分の関心や能力一杯に生きている様子は、うらやましくもあります。広く、認められるといいですね。happy01

◆ のずちん さん コメント ありがとう。
喜多郎という方は、妻の実家の近くの方で、就職試験の面接会場を抜け出して、自分の好きな音楽の道に進んだ、とか聞いています。 自分の好きな事をやれる事はたいへん理想ですが、生計をたてていくとなると、やはり大変だろうと思います。  しかし、自分の夢に向かって取り組む彼の姿に、これからもがんばって続けて欲しいと、エールを贈りたいと思います。

こんにちは。

誘われて誘われて、試聴させていただきました。幻想的というかアジアンチックというか・・・。インド音楽はヨガの世界を連想させ、とても心が落ち着きますね。

インド映画も好きですよ。あっさりしているようで余韻が重く残る、そんな印象の映画ばかりだったような気がします。

それにしても、lataさん、本当に日本人? ネイティブなインド人に見えます。プロフィールの写真で持っている楽器が最初コブラに見えてビックリしました(笑)。

◆ アイプロガーデン さん コメント ありがとう。
私も、今回初めてインド系の曲を聴きましたが、瞑想の世界に入ってしまいそうな感じでした。  彼はれっきとした信州人ですよ。 姪が愛知県の豊橋出身で、よく2人でこちらに来ますので会ったことが何度かありますが、確かに、その風貌と背中まで垂らした長い髪は日本人離れしていますね。 楽器のシタールはたぶんなじみがあると思いますが、彼の楽器はエスラジというもののようです。  

URL をクリックし、my space 画面から、そこに5曲のリストがあり、三角のしるしをクリックしましたがBGM以外何も聞くことが出来ませんでした。自分のPC、「DEL」ですが必要な最小限のソフト以外入っていないのでその関係かもしれません。

◆ country walker さん コメント ありがとう。
手順は間違いないようですから、やはり、PC内のソフトでしょうね。 再生ソフトはWindows Media Player 等かもしれません、申し訳ありませんがわかりかねます。 いろいろ試していただいて、どうもありがとうございました。

こんにちは。

リンクから視聴させて頂きました。
穏やかな情景を連想されられますね。
のんびりと過ごす夏の夕暮れ時辺りが似合いそうconfident
とても癒されます。

◆  bill さん コメント ありがとう。
聞いて頂いてありがとうございます。 TVで流れている***48等とは、かけ離れた違う世界の音楽ですね。 まさに ”癒しと祈りの音楽” だと思います。  支持してくれる人がたとえ少なくても、自分の信じる音楽の道を進む彼を応援したいと思います。

お名前とか タイトルとか 付いて行くのに必死です・・
インド音楽も グループ自体も 聞き慣れない分野は戸惑います
でも 多分嫌いな分野ではない気がします~~

ゴーヤ、おっしゃるように 少し遅くなったものは、黄色くなって 種が真っ赤でした
でも ルビーのように美しく、感動しました!  お料理は ひじきとか
チャンプルーとかで 工夫しましたら 主人、美味しいと 食べてくれました! 

◆ bella さん コメント ありがとう。
たぶん初めての分野の音楽だと思います。 時間があったら試聴してみてください。
ゴーヤ料理はご主人に食べてもらえて良かったですね。
前庭のテラスのゴーヤは一休憩のようですが、後ろの庭(畑)は、成長が遅かった分だけ、今になってガンガン大きくなってきました。 昨日数えたら2本で13個ほど実が付いていました。 まだ、当分、食卓にチャンプルーが上がり続ける感じです。  本当は苦いのは苦手なんですが  (-_-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/55381202

この記事へのトラックバック一覧です: インド系音楽への誘い:

« 夏の庭で(3) | トップページ | 晩夏の庭で(1) »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック