Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« オクラは元気一杯 | トップページ | 夏の庭で(2) »

2012年7月31日 (火)

夏の庭で(1)

野菜の記事が続いたので、今回は ”夏の庭で” と題して、庭の草花をご紹介。 どこにでもある普通の花たちだが、暑い夏の庭でがんばって咲いている。



ムクゲ(木槿)   別名はハチス(波知須)
          花ことば : 繊細な美、デリケートな美

種が落ちて周りに子苗がたくさん発芽する。 また、挿し木も簡単にできる。 生育が旺盛なために花期が終わると、太い枝を残してほとんどを剪定しているが、春にはまた一斉に新しい枝が芽吹く。
下の写真の一般的な紫色のものは、品種名は無いようだ。 私の好きな花の一つ。

Mukuge_1




Mukuge_2




こちらは、 白地に底赤の ソウタン(宗旦)、茶花として利用される。

Soutan_mukege

ムクゲは、朝、開花して夕方には閉じてしまう、一日花。





モミジアオイ(紅葉葵)  別名は コウショッキ(紅蜀葵)
               花ことば : 温和

これも、花後に種ができ落ちて、発芽し良く増える。

Momiziaoi_3




Momiziaoi 

これも、ムクゲと同じく、朝、開花して夕方には閉じてしまう、一日花。

ちなみに、アオイ科ヒビスカス属になり、次の2種類に分けられるとの事。 木と草の違い。

   ・木の仲間(木本類) : ムクゲ、フヨウ、ブッソウゲ(ハイビスカス)、ハマボウ など
   ・草の仲間(草本類) : モミジアオイ、アメリカフヨウ、トロロアオイ など




◆その後の野菜の収穫 

(7月28日)

      キュウリ、シシトウ、ピーマン、オクラ。  

Syuukaku



(7月30日)

      キュウリ、ゴーヤ (これでゴーヤチャンプルーができる)

Syuukaku_2


 

◆ もう気が付きましたか? BGMを変更しました。

少し早いですが、過ぎ去った ”夏の思い出” のような "Siesta Eterna"  ちょっぴりセンチメンタルなピアノのメロディーが気に入っています。  目を閉じると、たとえば チュンサンとユジン が出てきそうなイメージです。 (ヘッドフォンで聞いていただくと、いい音質だと思われます)
   
みなさん、まだまだ続く、この暑い夏を乗り切ってくださいね。

« オクラは元気一杯 | トップページ | 夏の庭で(2) »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

BGM入りでしたか、申し訳ありませんが今まで全く気がつきませんでした。自分は通常音量はミュートにして動画等の音を聞きたい時だけONにしていました。
でもこのBGMメロディーが実に好いですね!
これからこちらを訪れる時にはONに致します。

たかchanさん、こんにちは。
綺麗に咲いてますね。
お手入れ、尊敬いたします。

我が家の近くは
真夏真っ盛り、36度を超え、猛暑日が続きます。
ジャングルになりかけてます。
蚊も好きなくらい、私のいたるところ刺し
満腹な様子です。多少アルコール分が
強いかもしれませんが・・・・

暑さが続きますが、お体を大切に、乗り切りましょう!!

こんにちは。

たかchanさんの庭の元気なお花を見ていると元気が出てきます。
ゆっくりと花を見れる日が いつか訪れるかなと願いつつ・・

音楽いいですね・・
仕事帰りで暑くて即シャワー浴びて 聞いていますconfident

◆ country walkerさん コメント ありがとう。
音楽があると気が散るという方もいますので、自動的に音楽が流れるのが
いいのかどうかわかりませんが、見てくださる方が少しでも安らぎを感じてもらえたらと思っています。  ヘッドフォンで聞くと、よりいい音質で聞けれると思いますよ、試してみてください。

◆ DONちゃん さん コメント ありがとう。
日本全体が亜熱帯に入っているのではないかと思う、このごろですよね。 さいわいこの浜名湖周辺は名古屋、岐阜、多治見等と比べると3~4度くらいは気温が低い様子で31、2度というところです。  緑が多い事はやはり蚊の多さに比例するようで、悩まされますね。 いつも頭からネットを被って作業をしています。 (より暑くなりますがガマンです)

◆ 青空 さん コメント ありがとう。
日本海側の地域もたいへん暑い日が続いているようですね。 朝から青空に入道雲が立ち昇っています。 今夜は台風の影響か、少し風がありますので、少しは寝苦しさも減るかもしれません。
ムケゲの花は一日でしぼんでしまいますが、次々に咲いて秋までの長い期間楽しめます。  この爽やかな赤紫色や宗旦ムクゲは好きな花の一つです。

 ムクゲは、「木」なので、大きくなるのでしょうか。happy01真夏にも花が、たくさん咲いて元気がいいですね。ソウタンは、何か由来があるのでしょうね。名は体を表すという言葉がありますから、姿と名前は、関係が深いのだと思います。毎日の野菜の収穫は、とても健康的そうです。happy01

◆ のずちん さん コメント ありがとう。
ムクゲは、放置すれば10m以上になると記されていますが、庭木としている場合は剪定して数mにしている例が多いようです。 ムクゲは茶花として用いられることから、白の一重花に中心が赤い底紅種は、千利休の孫である千宗旦(せんそうたん)が好んだことから、宗旦ムクゲ と、呼ばれるようです。 ムクゲは15cmくらいの枝で簡単に挿し木ができますので、咲いているお宅から枝を分けてもらえば栽培できます。

こんばんは。

ムクゲって、そんなに丈夫な花だったんですね~。
実家にあるので、我が家でも投入を検討してみようかと思います。
モミジアオイはあまり見かけないですね。
南国チックなムードが漂っています。

◆ bill さん コメント ありがとう。
耐寒性もあり挿し木で容易に増やすこともできて、夏の暑さにも強く、爽やかさを届けてくれるようなきれいな色あいの花、すばらしい花木と思っています。  一重、八重、そして赤色の品種もあるようですね。
モミジアオイは冬季は上部が枯れますので、根元から切り取りますが、太い根は残り、翌年初夏になると芽が出てきます。 そして毎年、株が少しづつ大きくなってきます。 高さは2m以上になりますよ。 

ムクゲ咲いて夏真盛り
ざるの揺り篭で♪ゴーヤよい子だネンネしな~♪/

暑さで頭に来たみたいですhappy02
ご自愛下さい。

◆ 森カフェ さん コメント ありがとう。
今週も真夏日が続いています。  庭のハナミズキやモミジの大きくなった木の陰では涼しいのですが、他の場所では日中はとても長い時間いられません。 しばらくは日中の庭での作業はお休みです。  元気なのは朝早くから大合唱の始まるセミくらいでしょうか。

 こんにちは  毎日暑い日が続きますね。
 私 少々夏バテぎみです。 

 夏は 花は少ないかと思っておりましが、
 沢山あるものですね。
 見かけた花もありますが、 綺麗だな としか
思わず  名前も気にしたことありませんでした。
  どんなふうにしていろいろ詳しく調べていらっしゃる
  のでしょうか。 すごいですね~

こんにちは。

南国の雰囲気のする珍しい花ばかりで驚きです。

ハイビスカスのようなオクラの花のような、大輪ばかりで、また、夏の活気を感じさせる色ですね。雪国ではあまり見られない種類です。

ホームページも拝見させていただきました。  「安曇野五月」は池田町からの景色なんですね。池田町には親戚がたくさん住んでいますが、あまりにもリアルでどこかに知り合いが歩いていないかと食入るように見てしまいました。

色合いもまさに「安曇野」。私の大好きな安曇野をこんなに素敵に額の中に収めてくださる絵描きさんに出会えたことに感謝します。

そろそろ父の墓参りに行こうと思っていたところですので、私も、絵画は無理ですが、写真をたくさん撮って記念にしたいと思いました。だけど、何ていうかなあ、うまく説明できないのですが、安曇野は、写真よりも絵画が似合う場所なんですよ。ずっとそのことを思っていました。

これからも、素敵な絵画を期待しています。静岡も縁のある土地なので、来静した時には本物の絵画にお目にかかれたらなあと思います。

◆ 京都こまち さん コメント ありがとう。
夏バテなんですね。 無理もありません、京都の夏の暑さは噂に聞いています。 こちらで言えば、岐阜や多治見といった内陸部の暑さでしょうね。  詳細は園芸百科事典(全12巻)と、インターネットで調べています。 あまり正確でない情報を掲載することは、見て頂いた方に本当とは違う情報を提供してしまう事になりますからね。
涼しくなるまで、無理をしないでゆっくりとしてください。

◆ アイプロガーデン さん コメント ありがとう。
ブログ、HPを見て頂きありがとうございます。 安曇野は第2の郷里と言われていましたね。 思い入れはさぞかし多い事だろうと思います。 以前、個展の時にみえた方が長野出身の方で、「安曇野はこんなにきれいじゃないよ。」と言われましたが、きっと身近にありすぎて、素晴らしさに慣れてしまっているのではないかなと思いました。  絵画の場合は写真と違って、省略と強調という事が作者によって行われます。 私の場合も実際の風景の構図を借りて、こうあってほしいという、理想の風景にしてしまう部分があります。 そんな事からおそらく、ありのままを写す写真と、絵では違いが出るのではないかと思います。  もちろん描く人による差も大きな違いになりますが。  HPは1回/月 くらいの更新ですが、時々見てくださいね。

数々の作品(お野菜の!) 見事ですね  これだけ採れるなんて本格的!
食べる時も 一層思い入れが感じられるのでは・・
むくげは うちの近くで街路樹になっています、強い植物なのでしょう
そう言えば 我が家でも 庭で知らぬうちに増えていましたよ・・

たかChan家の植物を拝見させていただいて、私は食い気より?
描きたくてうずうずしました!happy01

◆  bella さん コメント ありがとう。
7月後半から、いろいろと野菜も収穫ができるようになってきて、毎晩、食卓に上がってきます。 サラダや炒めもののメニューが中心になりますが、結構、おいしくできていますよ。  毎年手がけるようになって、なんとなく栽培の要領とかがわかってきました。 実感するのは、やはり事前の土つくりが大事なようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/55294303

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の庭で(1):

« オクラは元気一杯 | トップページ | 夏の庭で(2) »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック