Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

夏の庭で(1)

野菜の記事が続いたので、今回は ”夏の庭で” と題して、庭の草花をご紹介。 どこにでもある普通の花たちだが、暑い夏の庭でがんばって咲いている。



ムクゲ(木槿)   別名はハチス(波知須)
          花ことば : 繊細な美、デリケートな美

種が落ちて周りに子苗がたくさん発芽する。 また、挿し木も簡単にできる。 生育が旺盛なために花期が終わると、太い枝を残してほとんどを剪定しているが、春にはまた一斉に新しい枝が芽吹く。
下の写真の一般的な紫色のものは、品種名は無いようだ。 私の好きな花の一つ。

Mukuge_1




Mukuge_2




こちらは、 白地に底赤の ソウタン(宗旦)、茶花として利用される。

Soutan_mukege

ムクゲは、朝、開花して夕方には閉じてしまう、一日花。





モミジアオイ(紅葉葵)  別名は コウショッキ(紅蜀葵)
               花ことば : 温和

これも、花後に種ができ落ちて、発芽し良く増える。

Momiziaoi_3




Momiziaoi 

これも、ムクゲと同じく、朝、開花して夕方には閉じてしまう、一日花。

ちなみに、アオイ科ヒビスカス属になり、次の2種類に分けられるとの事。 木と草の違い。

   ・木の仲間(木本類) : ムクゲ、フヨウ、ブッソウゲ(ハイビスカス)、ハマボウ など
   ・草の仲間(草本類) : モミジアオイ、アメリカフヨウ、トロロアオイ など




◆その後の野菜の収穫 

(7月28日)

      キュウリ、シシトウ、ピーマン、オクラ。  

Syuukaku



(7月30日)

      キュウリ、ゴーヤ (これでゴーヤチャンプルーができる)

Syuukaku_2


 

◆ もう気が付きましたか? BGMを変更しました。

少し早いですが、過ぎ去った ”夏の思い出” のような "Siesta Eterna"  ちょっぴりセンチメンタルなピアノのメロディーが気に入っています。  目を閉じると、たとえば チュンサンとユジン が出てきそうなイメージです。 (ヘッドフォンで聞いていただくと、いい音質だと思われます)
   
みなさん、まだまだ続く、この暑い夏を乗り切ってくださいね。

2012年7月28日 (土)

オクラは元気一杯

先月の台風通過の時は、まだ15cmくらいだった ”オクラ” は、台風の影響もなく順調に成長して、最近は毎日収穫できるほど元気になってきた。

Okura_2




野菜らしくない、色合いもやわらかな美しい花を見せてくれる。

Okura_hana




今朝はこんな ”おじゃま虫君” がいた。

Okura_tomo




今年は、9本が順調に育っている。  現在、高さは60cmくらいか、まだまだ高く伸びる。  手前側の黄緑の葉は ”青ジソ”

Okura_une




ほぼ、毎日、食卓に上がる。 (たいていは生のまま ”サラダ” の具として)
2日収穫が遅れると、大きくなりすぎて皮が固くなり、生食には向かない。 毎朝のチェックが必要だ。 (右側は青ジソの葉)

Okura_2_2

昨年の例では8月末でも十文収穫できたので、これからも楽しみだ。

2012年7月24日 (火)

ゴーヤの復活

先月の6月19日に東海地方を足速く通過した台風4号により、家の庭の樹木、野菜が被害を受けた。 その中でも、ゴーヤは一番の影響があり、葉が黒済んだりちぎれて、一時はもうダメかなと諦めたが、その後に復活して、このごろになり実をつけ始めた。


前のテラスに張ったネットに広がるゴーヤ。  ここには6本植えてある。

Goya_1




こんなふうに実が付き始めた。 左側のものは長さ10cmくらい。 もう少しすれば ”ゴーヤチャンプルー” になり、食卓に出てくる見込み。 

Goya_2




部屋の中から見た様子。  立ち上がり部分は台風の影響でほとんどの葉が落ちてしまっている。  茎も例年と比べるとたいへん細く、心細い感じだが、8月の収穫を期待するところだ。

Goya_3




昨年の種が落ちていたのか、地面に一本発芽したものが出ていた。


Goya_4 




ゴーヤの下の葉があまりに減ってしまって、さびいしいので、追加で植えたのが下のもの。
 ” スイートピー” 

Sweetpee




一般に花として出回っている ”スイートピ- ” とは花姿が違う。 あの薄くてやわらかな花の品種のイメージとはかなり違う。  花ビラは厚くて、やはり野菜らしい。

Sweetpee_2 





Sweetpee_1_2
こんなふうに ”スイートピ- ” の葉が出て、ゴーヤの葉が無くなってしまった部分を穴埋めしてくれている。  ただし、豆はならないみたいだ。

2012年7月18日 (水)

新城美術協会夏季展 終了

4日間にわたり開催された ”新城美術協会の夏季展” が終了した。 ちなみに2月の春季展は出品作品の大きさ制限は無いが、この夏季展は20号以下(3点以内合計36号まで)となっているために、小品展となっている。 
※全体では45名の出品者にて89点の出品あり。



会場は恒例の新城文化会館2F展示室。  4年前に私も2回目の個展を開催した想い出の会場だ。 歩いて10分ほどの豊川沿いは、4月の私のブログで紹介した ”桜渕公園” があり、静かな立地にある。  前の通りは私の小学生時代の通学路であり、50年近い時の流れに大きく変わってしまった風景の中にも、懐かしい記憶がよみがえる。

Bunkakaikan
         新城文化会館(ふれあい会館)正面入口





会場入口に掲示されたポスター(誰が描いたのか?)

Kakiten_poster_2




会場内の展示の様子(入口側から見る)

Kaizyou_1




◆展示作品の一部をご紹介(作品によって額の装着ガラスに映り込みあり)

 

2012_128
    左側 「眠り」  油彩10号   滝川順子      
    右側 「清流(新城市・乗本)  油彩10号   杉浦孝始
        

    私の作品、上の写真右側と、下の写真左側、詳細は先回のブログを参照)



2012_126
    左側 「早春(白馬村・青鬼)   油彩10号   杉浦孝始   
    右側 「高原の夏」    油彩10号   菅沼一郎





今回の案内状に掲載の作品  ”なんと、描こうとすると、イーゼルが逃げる!”


2012_103_2
           「拒否する画架」     水彩20号   谷口茂春





 ”逃げる人?”

2012_117
           「作品12-A」     水彩20号    中村昌弘 
 





2012_136
           「卓上」     水彩6号     吉倉章雄





2012_138
         「裸婦」     油彩20号     梅澤  弘





2012_137
           「カッターシャツの少女」    油彩10号    湯浅昭二




以上、新城美術協会夏季展の出品作品の一部を、ご紹介しました。

◆ 私のホームページ ~季節の風を感じて~  にて、上記作品を含む約30作品を掲載していますので、 左側のリンク ~季節の風を感じて~ 内の ギャラリー4.を、ぜひ、ご覧ください。  (下記URLからでもOK) 

 http://kosai.art.coocan.jp/gyara-4.html#label 403

2012年7月14日 (土)

2012新城美術協会夏季展から私の出品作品

現在、愛知県の新城美術協会による夏季展が開催されているが、私の出品展示作品の2点をご紹介。 



◆ 早春・白馬村(青鬼)  P10号

3月下旬に訪れた長野県白馬村の青鬼集落の様子。  眼前に広がる白馬の山々は、まだまだ雪山の装いで、手前の棚田も多くの残雪に覆われている。 この棚田に水が入るのは5月も中旬から下旬になってからだ。  正面は五竜岳(2,814m)、右側は唐松岳(2,696m) 。

Sousyun_hakuba_aoni_p10





◆ 清流・新城市(乗本)  F10号

ここは、私の郷里でもある愛知県の三河地方・新城市で、私の4月のブログ ”桜空間で”  にて紹介した ”桜渕公園” のやや上流にあたる場所。 近くには ”長篠の戦い” で知られる ”設楽原” がある。 流れる清流は ”豊川” で、このあたりは両側に渓谷美を見せている。  また、現在、第2東名高速道路の新城ICを始めとする道路工事が行われており、山間部の景観が大きく変わりつつある場所だ。

Seiryu_sinsiro_norimoto_f10

ちなみに、豊川とは、
(とよがわ と濁音にて読み、とよかわ という清音読みは豊川市の名前になる) 
愛知県北設楽郡設楽町の鷹ノ巣山(段戸山・標高1,152m)に源を発し南流。 愛知県東部の山間部を流れ、長篠城址付近で宇連川を合わせ豊橋平野に流れる。  そして豊橋市の西部にて三河湾(渥美湾)に注ぐ。  この長篠城址での宇連川との合流地点以北では ”寒狭川(かんさがわ)” という名前で、この時期、鮎(アユ)の釣り場、ヤナ場として人気の川になっている。

この夏季展の展示会場の様子はまだ写真には撮って無いので、搬出の後にご紹介予定。

2012年7月12日 (木)

オアシス21 水の宇宙船

先日、名古屋・栄で私の所属する絵画団体の絵画展があり、搬入の時に地下鉄を降りて  ”オアシス21” という、半地下構造の商業施設を通って行った。 その時に気になったのが上部に設けられた、透明の大屋根だった。  それから数日後の搬出の日はあいにくの雨模様だったが、もう一度行ってみた。 (下の写真は搬入の日に撮影)


Dsc02371_ris




搬入の日には準備中だった催し会場は出来上がり、多くの人で賑っていた。 愛知県安城市の ”七夕まつり協賛” のようだった。 テントがたくさん出て何かを販売している様子。 

Oasisu_21_hiroba




そして、どうしてもこの大屋根(後で調べたら、”水の宇宙船” という名前だった)に登ってみたくなった。 屋根を見上げると、すで登っている人の靴の底がいくつも見えるではないか!(半透明なので密着している靴の底は見えるが、それ以上は見えないので、女性のスカートの方もご安心を) エレベーターに乗り屋根の上に到着すると、もの好きにも(失礼)何人も傘をさしながら、屋根の上を歩いているではないか。 確かに中央には深さ10cm以上?の水が張られて池のようになっていた(下の写真の左側)周囲が遊歩道になっている。 これが ”水の宇宙船” か。 どんな人がこの企画、設計をしたのか? 後方は ”テレビ塔” 。


Mizuno_utyusen
この屋根の上の、もっと鮮明な写真は、下記よりどうぞ。(ウィキペディアのページ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Oasis_21_-_Spaceship_Aqua_-_02.JPG



下に降りてみると、屋根があるとはいうものの、横は解放のために雨水が結構、降ってくる。 テラスのテーブルには多くの人が何も気にしない顔でくつろいだり、飲食をしている。 みんな雨が降ってくることなど慣れているのか、傘をさして歩いている人などいない。 もう一度見上げると雨の落ちる模様が下からガラス越しに見えた。 ふ~ん、たいしたものを造ったものだ!。  夜はライトアップされるとかで、昼間とはまた違う雰囲気なんだろうと思って搬出に向かった。

Amemoyou

もの好きにも、雨の日に屋根に登った様子でした。



◆ 明日から愛知県新城市の美術協会夏季展が始まります。

  会期 : 7月13日(金)午後~16日(月)夕方

  会場 : 新城文化会館2F展示室

  後日、ブログ、ホームページにUPします。

2012年7月 9日 (月)

梅雨の庭で(3)

雨が続く中でいろいろ咲いているので、 ”梅雨の庭で” シリーズ に、3回目を追加する事にした。 (一年に一度の開花を紹介してあげたい)



ハブランサス

品種は ”ロブスター”  ピンクの色合いが上品で美しい。  雨の後、花茎を伸ばしてくるので ”レインリリー” と呼ばれる。  種がこぼれて良く増える。

Haburansasu





Haburansasu_2




         花が終わった ”スズラン” の間に咲いている。   種がこぼれて増えたようだ。

Haburansasu_3





ゼフィランサス

品種は ”アプリコット・クィーン”   上記の ”ハブランサス” と近縁で、同じく   ”レインリリー” と呼ばれる。  白色の品種は ”玉すだれ” の名前で親しまれている。  これも種がこぼれて良く増える。 

Zefiransasu



           黄色の品種、名前は?

Zefiransasu_yellow



           ピンクの品種、名前は?

Zefiransasu_pink






ブライダルベール    花ことば : 願い続ける、幸福、他
 

     吊鉢で仕立てられている事が多い。 小さな花がたいへん愛らしい。

Bridalbel




当初は鉢植えだったが、露地に降ろしたらどんどん増えてきた。  耐寒性があり、冬季に枯れたように見えても 春には咲いてくれる。  たいへん丈夫な事がわかった。  後方の葉は ”アマドコロ” 

Niwa_6






カラー   花ことば : 清純 (その他多数あり)

         うっすらとピンクが入っている品種、これはプランター植え。

Pink_color_2





鮮やかな青紫色の花で春からずっと咲き続けているが、品種名はわからない。

Hana_20


初雪かずら

これは花ではないが、たいへんきれいな色の葉が出るので、ご紹介。  下草として用いるが生育旺盛でどんどん増えるので、取扱いは注意が必要かも。

Hatuyukikazura


以上 ”梅雨の庭で” 3回シリーズでした。  この後は、夏の庭に代わっていくのかな。



◆HP更新 7/2

私のHP(ホームページ)に、先日終了した示現会展(名古屋巡回展)の写真を掲載しました。  すでにブログにも掲載済みですが、HPでは画像サイズも大きく、掲載写真数も多くなっています。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ より、ギャラリー5. を見てくださいね。

2012年7月 6日 (金)

梅雨の庭で(2)

” 梅雨の庭で ” シリーズの2回目。
アジサイの花もそろそろ終わりかけてきて、代わりに元気よく咲きだした庭の花たち。


アガパンサス(紫君子蘭)   花ことば : 恋の訪れ

さわやかな色あいは見ていても気持ちがいい。 白花もあるようだ。 たいへん生育が旺盛で増えすぎたので、この春に半分くらいに整理した。 

Agapansasu





Agapansasu_2





Agappansasu_3




モントブレチア 

別名を  "ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)" 、または  "クロコスミア" 。 これも丈夫でよく増え、庭のあちこちで咲いている。

Montoburetia





Montoburetia_2





ギボウシ (疑宝珠、葱法師)   花ことば : 沈静

庭の植え込みに良く使われ、露や雨に濡れた時の葉の緑がたいへん美しい。 葉に斑のあるものもあり品種が多い。    後方の葉は ”ホトトギス” と ”アマドコロ” 。

Gibosi





トキワヤマボウシ(常葉山法師)

黄色の花が咲く ”ヤマボウシ”  、通常のヤマボウシは冬季に落葉するが、この品種は常緑で年中葉を付けている。  また、葉の形状も違う。  花に見えるのは苞(ほう)で、実際の花は中央に小さな緑色の花がたくさん集まって咲く。   ”ハナミズキ” は類似種。 

Tokiwayamabousi


以上、” 梅雨の庭で ” の2回目でした。



◆HP更新 7/2

私のHP(ホームページ)に、先日終了した示現会展(名古屋巡回展)の写真を掲載しました。  すでにブログにも掲載済みですが、HPでは画像サイズも大きく、掲載写真数も多くなっています。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ より、ギャラリー5. を見てください。

2012年7月 3日 (火)

梅雨の庭で(1)

しばらく、庭の草花をUPしていなかったので、梅雨の庭で咲いている花をご紹介。 今回は1回目。

ヘメロカリス  

キスゲやカンゾウの園芸種で、別名を ”デイリリー” と言う。 一日でしぼんでしまうが次々と咲く。 5色ほどあった品種もいつのまにか減って、今は他に黄色の品種くらいになってしまった。

Hemerokaris




Hemerokaris_2_4




クチナシ

花より先にただよっている香りから花が咲いた事がわかる、”クチナシ” の八重種。
前庭の方には一重種があるが、いつのまにか咲き終わっていた。

Kutinasi





ムラサキシキブ 

秋に紫色の小さな実をつけるが、花も小ぶりで見落としてしまいそう。

Murasakisikibu




おまけ : 

孫が遊びに来ていて帰った後の砂場を見たら、こんな物が造ってあった。  
これは ”鉢花 ” か、あるいはブームの ”スイーツ” か?  
ちなみに左のピンクの花は ”ハブランサス、中央の黄色は ”ゼフィランサス” 、右のピンクは ”ゼラニューム”。  ”ままごと” ではしかたがないか。  ネットは ”猫除け” のもの。

Sunaba



次回も梅雨時の庭の花から。



◆HP更新 7/2

私のHP(ホームページ)に、先日終了した示現会展(名古屋巡回展)の写真を掲載しました。  すでにブログにも掲載済みですが、HPでは画像サイズも大きく、掲載写真数も多くなっています。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ より、ギャラリー5. を見てください。

2012年7月 1日 (日)

私の作品から 「6月の部屋・赤」

私の作品の中から、ご紹介。

今回は、先回の静物画の別バージョンで、6月も終わってしまったが、遊びのつもりで描いた作品。


タイトル : 「6月の部屋・赤」  F15号  油彩 

Rokugatu_no_heya_f15


                  マチスのポスターを額に入れて、
                  アトリエの壁にかけてみた

                  色の遊びがしたいって?
                  紫陽花のような淡い色が好みだったんでは?

                  たまには外れてみるのもいいよ
                  窓の外は今日も雨だから ・ ・ ・




この、作品も先回の作品同様に10年以上前に描いたものだ。  確か、セザンヌ等が静物画で用いる、いろいろな方向から見た対象物を組み合わせて描く技法で、、”多視点” 技法という描き方。  正面から見た物、真上から見た物、斜めから見た物等を組み合わせ、実際には絶対に一か所から見る事のできない構図となっている。 
ちなみに、壁の赤色は ”クリムソンレーキ” という絵の具で、白地のキャンバスに使うとご覧のように鮮やかな赤色を出す。

現在は、上の娘が ”新築祝い” に、と持っていき、玄関の壁を飾っている。
                           

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック